ナオミとカナコ

  • 2088人登録
  • 4.00評価
    • (263)
    • (424)
    • (180)
    • (33)
    • (5)
  • 373レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 幻冬舎 (2014年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026728

ナオミとカナコの感想・レビュー・書評

  • 自分も共犯者になった気分で二人の無事を祈りながら読んだ、息を止めながら。
    ドラマは配役すら知らなかったので
    イメージが特定されずに読めたし良かったかも。

  • 評価は4。(図書館)

    内容(BOOKデーターベース)
    ナオミとカナコの祈りにも似た決断に、やがて読者も二人の“共犯者”になる。望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美。夫の酷い暴力に耐える専業主婦の加奈子。三十歳を目前にして、受け入れがたい現実に追いつめられた二人が下した究極の選択…。「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」復讐か、サバイバルか、自己実現か―。前代未聞の殺人劇が、今、動き始める。比類なき“奥田ワールド”全開!

    旦那のDVから逃れるのは簡単じゃないだろう。
    特に離婚後の自分の身の安全や家族の安全を考えて踏み切れないのも非常に理解出来る。実際に事件も報道されてるし。
    ただ、旦那を実際に殺めるまでやるのは行き過ぎだろうが、気持ちが分かるだけに全て否定できなかった。
    大勢の人の心に共感部分があるから沢山の人に読まれるんだと思った。

  • 4.0 ドラマを観た嫁さんの薦めで読みました。一気に引きずり込まれました。今のところ今年一番。

  • ドラマを見ていたので展開は知っているけれどドキドキする。犯罪者なのに直美と加奈子に助かってほしいなんて思えてしまう。小説とドラマのラストは同じなのね。

  • ざーっと。
    内容が重くて、
    逃げて欲しいのか、わからなくなる。
    本としては面白いんだけど。
    心臓に悪い。

  • 読者はただの傍観者だったはずなのに、物語にのめりこんでしまう。ナオミとカナコを邪魔をする者はすべて悪で、救ってくれる人は全て正義のように思ってしまう。読み終えると、もう一人の共犯者になった気分だった。

  • 小田直美 服部加奈子
    李朱美 林竜輝
    服部陽子(加奈子の夫の妹)

    スカスカな殺人計画がボロが出るハラハラサスペンス
    スカスカ計画、警察の動き鈍いところにリアル感
    現実は行方不明で処理されてる事件が多いんだろうな

    ドラマ版を動画で少し観たら
    李朱美役の高畑淳子さん、上手い
    笑っちゃうカタコト日本語

  • 4に近い3
    まぁ、現実はこう上手くいかないだろうけど、完全に2人に感情移入!で、朱美がいいキャラ。
    スカッとした(笑)実写版のキャラに興味津々!

  • ドラマを見てたので原作も気になって読んでみたけど、ドラマはかなり原作に忠実に作られてたんだなーと実感。どんどん追い込まれていく感じにかなりハラハラ。分厚い本だったけど一気に読めた。

  • 計画が穴だらけじゃないか~ドキドキした。
    実際、普通に人の計画殺人なんてこんなもんなんだろうな。
    朱美は最初ほんとに嫌な客だと思ったけど、だんだんその図太さが嫌に感じなかったな。ナオミと一緒だね。本当にいたら友達にはなりたくないけど(^_^;)

  • 【あらすじ(Amazonより)】

    二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした。
    「わたしたちは親友で、共犯者」

    復讐か、サバイバルか、自己実現か——。
    前代未聞の殺人劇が、今、動き始める。

    望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美。
    夫の酷い暴力に耐える専業主婦の加奈子。
    三十歳を目前にして、受け入れがたい現実に
    追いつめられた二人が下した究極の選択……。
    「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」

    すべては、泥沼の日常を抜け出して、人生を取り戻すため。
    わたしたちは、絶対に捕まらない——。

    ナオミとカナコの祈りにも似た決断に、やがて読者も二人の〈共犯者〉になる。

  • 他の方のレビューを見ると、ネタバレ設定の有無に関わらず、結果2人がどうなったかを書いちゃっている人が多いのが少し笑ってしまいました。そのくらい、ラストが予想を裏切る展開だったんだな、と。読みやすく、テンポもよく、中だるみすることなく最後まで読みきれました。

  • ドラマを見て読みました。ドラマとは、違う部分もあって、あっ、これドラマではこうなってたなーと違いを見つけるのも密かに楽しかった。最後の〆は一緒でしたね。他のレビューや感想を見ていると、ナオミとカナコは逃げ切ったと書いてあり、良かったとホッとした自分がいました。しかしDVの旦那さんを殺して、少しも後悔してない二人には、DVの怖さ>殺す怖さになるのだろうか?と考えされられました。わずかでも結婚生活の楽しかったこととか思い出さないのだろうか……。いや、しかし水も苦いと感じるくらいですもんね。それ程心が蝕まれていたのでしょう。
    余談になりますが、百貨店のお得意様?のシステム!こんな世界もあるんだと凡人の私には到底、片足すら踏み入れれない世界を知れて良かったです♪

  • ドラマを先に見てから読みました。
    原作のほうが、「逃げ切った」解釈が強く感じられます。
    内容はほぼドラマと一緒でしたが、夢中になって読めました。
    加奈子と林の恋愛話がなかったり、陽子が姉でなく妹だったりと、多少設定の変化はありましたが、気になるものではなかったです。
    面白い作品でした。

  • デパートの外商部の女とその親友で夫からDV受けてる女がその夫殺して逃亡する話。
    おもろい。途中からの疾走感半端なくて、一気読み必至

  • DV夫を親友と2人で排除する。
    排除してからの後半がスリリングで面白かった。
    「テルマ&ルイーズ」ってこんな感じだったのかな?
    ドラマにもなったらしいのそれも気になります。
    李朱美や義妹の陽子がどんな感じか気になります。

  • 犯行がどんどんバレていく最中は楽しく読めた。
    最後は…普通に考えたら飛行機が出発する前に捕まるんだろな。

  • 日本版テルマ&ルイーズみたいな、犯罪者なのにそっち側に感情移入してしまう作品。2人が隙だらけで、ドキドキハラハラします。最後の逃走シーンは実際にかなり心拍数が上がってしまった。陽子怖かったなあ。これは映画で観てみたい。

  • 夫のDVに苦しむ加奈子を大学時代からの友人・直美は常に心配し、その解決方法を模索していた。ある時、直美が所属する百貨店外商部門で知り合った中国人女社長の李社長の下で働いていた不法入国の中国人・林竜輝が加奈子の夫・達郎と瓜二つである事に対し、ある悪いアイデアが閃いた!そのアイデアとは達郎を殺害し、瓜二つである林竜輝を達郎のパスポートで中国に向かわせるという事であった。直美のこのアイデア、果たして上手くいくのか!?

  • やっぱりなぜと思うほど女性心理の描き方がとってもリアルに感じる。
    ずっと飽きないハラハラ感。

  • ドラマを観て、どうしても結末を知りたかったので購入しました。

    ドラマから入ったおかげか、終始頭の中で映像化されていて、すっと入り込めました。
    後半のスピード感には圧倒されました。
    ページをめくる手が止まらない。
    なぜだか逃げる2人を応援してしまい、すっかり私も共犯者になってしまいました。

    ラスト、両手を広げる直美の元に飛び込む加奈子という描写が頭の中でそれはリアルに微笑む広末涼子さんで再現されました。
    そして泣いてしまいました。
    はっきりとは書かれてませんが、原作の中の2人はきっと逃げ切ったのだろうと解釈しました。

    ドラマ版とは所々違いはありますが、私は原作の方が好きですね。

全373件中 1 - 25件を表示

ナオミとカナコに関連するまとめ

ナオミとカナコを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ナオミとカナコを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナオミとカナコの作品紹介

ナオミとカナコは奥田英朗さんが2014年に発売した小説です。望まない職場で憂鬱な日々を過ごしているOLの直美。夫の暴力に耐えている専業主婦の加奈子。受け入れがたい現実に追い詰められた二人が下した究極の決断は、加奈子の夫を殺すことだった。二人の女性が泥沼の日常から抜け出す、長編犯罪サスペンス小説です。

ツイートする