淡々黙々。

  • 92人登録
  • 3.75評価
    • (6)
    • (8)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 幻冬舎 (2014年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026902

淡々黙々。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内田篤人のひととなり がとても好感
    何を感じ 発言してるかを 知れる本だった

  • 試合のインタビュー載せるなら本文はそれを使わずに書くことはできなかったのかなぁ、二度手間感が少々面倒。
    途中から面倒になりすぎて読み進まないのでインタビュー全文は飛ばすことにしてしまった(^◇^;)

    W杯直前の4-3で勝ったザンビア戦のインタビューがなかなか興味深かった。
    今日は悪かったけど前の2試合が良かったから問題ないとか、勝ったから問題ないとかそういった言葉が飛び交っている。代理人の秋山がパスが引っかかるかどうかを調子を見るバロメーターにしていると言っていたが、そこも今日はそういう日だったかなで済ませてしまっている。本の中だけで矛盾。
    勝って兜の緒を締めよではなく勝ったからオッケー!になってしまっていたんだね。納得。
    まぁ内田は話してる通りいつも通りのプレーをしていたけどね、そうじゃない人多かったよなぁ。

    ライターとの共著だからかなんか読みにくかったんだけど、あとがきで内田篤人を感じることができた。インタビュー?会見?は飛ばしたけど、最後まで読んで良かった。
    やっぱり内田篤人のキャラが好きなんだなぁ。
    個人的には地味に高いところにのぼりつめてると思うんだよね、内田や岡崎の方が。視点が違うというか。もちろん香川や圭佑もすごいんだけどさ。

    私も愚痴ってないで淡々黙々とがんばろっと。

  • サッカー好きの旦那さんに影響されて読みたかった本。内田選手とは不思議なことに「え~!同じじゃん!!!」って事が多いので(笑)カッコよさというよりは、何か気になる存在でした。(個人的には長谷部選手が好きです(^^♪)

    本のタイトル通り、淡々黙々と努力をする姿の裏側や彼を支える人々の心情も書いてあって、海外組の日本代表=超人気者のキラキラした存在ってイメージがありました。しかし読み進めていく内に、何よりも努力の賜物なんだ!だから、あの大舞台で輝いてプレーができるのか!と思いました。そういった大舞台に立って活躍するという事は、それ以上の努力をしているって事なんだと改めて思いました。

    努力って泥臭って暑苦しいって言われちゃうかもしれないけど、努力って絶対実るものだと思えた本でした。

  • 柔和な外見からは想像できないくらい、内面が「漢前」。
    そして、恐ろしいくらい前向き。

    若いから迷うこともあるだろうし、発言がぶれることもあるけれど、「勝ちにこだわりたい」というストイックさは現役日本人サッカー選手の中では一番ではないでしょうか。

    近年、欧州に移籍する日本人選手は多いけれど、チームの主軸として戦えている選手は多くありません。
    経験と結果によって自信を得ている選手は、やはり強いなという印象です。

    内容は、W杯前の2月・けがをしてから~W杯を終えるまで。
    当時のインタビューも網羅されています。

  • 正直言って、ガッカリな内容だった。内田選手の部分のほとんどが会見で言ったことを文字にしたってだけの感じ。
    これだったら、買わなくてもいいなぁと思ってしまった。

  • ミムラさんが書く、内田選手の記事は好きだけど、内田選手本人の言葉がそれ以上に好きなので、星1つ減らしてみた。でも内田選手は他の選手より少し先が見えたのかな、という感じは伝わった。それから怪我との向き合い方の部分が丁寧に書かれていたことに感謝。今後の内田選手の活躍、サッカー選手としての凄味を期待したくなる本。

  • シャルケ04在籍・サッカー日本代表の内田篤人選手が、2014年の2月に負傷してからリハビリを経てW杯に出場し、そしてW杯を終えて現在までの道のりがあらわされた本。
    内田選手本人の文章とインタビューがあり、ライター三村さんの視点での記述があり、他選手や代理人のコメントがあり、いろいろな方面からこの時期の内田選手を見ることができます。

    いちファンとして、怪我をしたときのことを思い出し、「あの頃のことをこんなふうに振り返ることができるようになって良かったなあ」としみじみ感じました。
    それと、きっとこれから今まで以上にみんなを引っ張っていく存在になるのではないかと期待させてくれました。
    また数年後にこの本を読み返す時が、いまから楽しみです。

  • ウッチーファンでもサッカーファンでもない方にも、読んでもらいたいなぁと思った一冊。

    さぁ、わたしも頑張ろう!!

全8件中 1 - 8件を表示

内田篤人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
宮部 みゆき
池井戸 潤
長友佑都
三浦 しをん
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

淡々黙々。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

淡々黙々。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

淡々黙々。の作品紹介

2月9日のアクシデントを乗り越えて、自身初となるW杯で奮闘した内田篤人。日本を代表するサイドバックはいかにして苦境と向き合い、どんな思いでブラジルでの日々を過ごしたのか。内田篤人、ワールドカップ完全戦記。

淡々黙々。はこんな本です

ツイートする