日銀失墜、円暴落の危機

  • 56人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 藤巻健史
  • 幻冬舎 (2015年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344027046

日銀失墜、円暴落の危機の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【分類】338.3/F61
    社会科学のコーナーに並んでいます。

  • ハイパーインフレの懸念について述べている。

  • 長期国債を買い続けて赤字を積み上げ続ける政府を支援する日銀。行き着く先は必然的に財政破綻とハイパーインフレだという主張。

    誰かに否定して欲しいけれど、自分には論理展開に無理があるように思えない。円を持っているのが恐ろしくなる。

  • 経済には明るくないが、思っていた以上に読みやすく書かれていて、ありがたかった。やっぱり、知っておいたほうがいい分野。きっかけにしたい。

  • 経済のことが全然分からない自分にもとても分かりやすく書かれていた。
    日本はハイパーインフレになるんでしょうか…

  • 月刊インフレ率ランキング
     ハンガリー、ジンバブエ、ユーゴスラビア、ドイツ、ギリシャ中国

    日本は昭和2年と21年にハイパーインフレ
    預金封鎖

    ドル資産を持つ、固定金利にする

  • 大変わかりやすく、説得力がある。
    それだけに現在のマーケットの怖さを実感できるのだが、
    行動に移す勇気がないのが実情だ。

  • ハイパーインフレに備えないといけません。

全8件中 1 - 8件を表示

藤巻健史の作品

日銀失墜、円暴落の危機を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日銀失墜、円暴落の危機を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日銀失墜、円暴落の危機を本棚に「積読」で登録しているひと

日銀失墜、円暴落の危機の作品紹介

なぜ日銀は、出口のない金融緩和を続けるのか?国民はハイパーインフレに備えよ!

日銀失墜、円暴落の危機はこんな本です

日銀失墜、円暴落の危機のKindle版

ツイートする