持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

  • 638人登録
  • 3.63評価
    • (35)
    • (49)
    • (41)
    • (13)
    • (7)
  • 52レビュー
著者 : pha
  • 幻冬舎 (2015年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344027688

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書いた

  • ふつうの人生を歩んでいる人が読めば、かなり視野を広げられると思われる1冊。

  • 2015年5月26日発売

    前回の著書『ニートの歩き方』より3年経って発売された本。『ニートの歩き方』はそれこそニート向けに書かれていたが、今回著者はもっと対象を幅広く意識して書かれたとのことだ。その対象というのは「真っ当な生き方をしているが苦しんでいる人」もしくは「真っ当な生き方しないといけないと苦しんでいる人」という感じだろう。まさに自分自身に向けて書かれた本のようだった。「変化の激しい時代でそれにあった生き方ができないでいる」そんな人が日本には沢山いる(私もその一人)から、著者の生き方に惹かれていくのだと感じた。そしてこの本にはその苦しみから解放されるための具体的な方法が丁寧に書かれている。

    著者は本著の中で本を読むことを勧めている。本によって得られた知識が今の時代がどういう時代なのか知ることができたのだろう。著者の感じる違和感を本が肯定してくれたように、私が本著を読んで自信を持てた。きっとミームが起きたのだろう。

    本著のような考え方をみんなが持てたらきっと楽しいし、成熟してしまった日本がさらに発展する方法だと思う。しかし本著で述べているように変化はすぐには起きない。でも確実にミームしながらゆっくりと変わって行くのだろう。だから自信を持って生きていいんだと思える1冊。

  • 自分の居場所(コミュニティ)を自ら作る、という発想が新しい発見だった。私の居場所は会社と家庭でしかなく、不満をたらたら言いながらも、何となく居心地がよくて、それ以外の居場所の必要性を感じなかった。それに、会社も家庭もとても効率的で受身でいられて楽だったのだ。コミュニティーを主体的に作っていくなんて発想もなかったし、ただでさえ疲れていて精神的にハードルが高かったかもしれない。あえて言えば、出産後のママ友づくりがコミュニティを作る新しい挑戦だったかもしれない。
    今の居場所にある程度満足はしているものの、会社での人間関係には悩みまくり、不満もある。居場所はあるが、自分の気持ちが尊重される場所ではないかもしれない。かといってすぐに会社を辞める決断はできない。経済的困窮に陥るかもしれないという危うい立場を受け入れられそうにない。とりあえず家庭以外の居場所がある、そのコミュニティを維持するためという目的で会社に行ってもいいかもしれない。

  • 図書館・古本・散歩が趣味で、働きたくない所が共通しているし、内容的には共感できる。(ゲームには興味がないので、その代わり映画とかTVになるが)自分の生き方を文書化で整理してくれたという印象もある。が、決定的に違う所は「人との繋がり」で、それを持たない幸福論というのは著者的にはありえないようだ。
    「人との繋がり」は面倒なのに、著者はよくこんな面倒な活動をしているなと思う。実際、寄って来る人の中にはオカシナ人もいて拒絶する事もあるらしい。そりゃそうだろう。人をマネジメントするというのはスゴイ面倒だと思うのだが、それでも「人との繋がり」をキープしていかないと幸福なれないというのは、ジレンマかなと思う。
    京大での寮生活が著者の原点でありベースにあるから、集団生活への抵抗がないのだろうけど、自分には耐えられないな。

  • 読み手によって評価が二分する本だと思う。
    あと最初に言っておきたいのがこの本は決してノマド的な生き方の指南をしているわけではないということ(レビューにそこを期待している人がいた)。

    私も著者のような生き方を体現している一人で、そのような生き方をしようと思ってしたのではないことは確かなのだが、ゆえに共感できる部分が多かった。
    営利企業に努めて働けるだけ働き、稼げるだけ稼ぐことをよしとする思想で育てられ、育ってきた人には理解不能でしょうし、ただの負け犬の遠吠えにしか聞こえないようなこともあると思います。

    この本を一言で良い表すならば、「京大出身で読書好きな語彙力と知的バックグラウンドの豊富な人間が資本主義社会からはみ出た人生の送り方を個別具体的な例を上げて紹介する本」でしょうか。
    よってこのような人生を送っている人は古今東西いたとは思いますが、わかりやすい表現で書籍化した例はそこまで多くはないと思います。

    この本の良い点は著者の主観で進めていても、引用はしていなくてもその考え方には今まで存分に論点となってきた事象が含まれている点です。
    例えば著者の考えにはマルクス主義も含まれていますが、実際マルクスの話はでてきません。でも資本論(その他資本論解説書など)を読むと、著者の考えに共通するものがあります。
    おそらく資本論の類を読んだことがあるとは思うのですが、それを作品の中では引用していないのです。
    このような部分は多少ありまして、「この話他の本で読んだことあるな」がそこそこありました。

    よって「具体的に何をどう主張したいの?」という疑問にストレートに回答していく作りになっておらず、ダラダラと話が続くため最初に述べたとおり読み手を選びます。
    が興味があれば読んでみても損はないと思います。

    京大出身か、頭脳明晰か、といったものは多少は話題にはなると思いますが、この本が注目されるのは実際に年収100万くらいでも十分に自活しようと思えばできることを体現していることが最大の要因でしょう。
    サークル、インターネットなどといった著者のいうお金以外の「ツール」を活用することで「協力」しながら生きていっているという事実がこの本に作品としての価値を与えているのだと思います。

    個人的な意見として、著者の言うように現代も歴史の流れの一つであり、今後も十分に変わっていく、その転換期の最中なのだから、生き方、働き方も多様化してもいいのではないかな、と思います。

  • 「変化の速い現代では二十年ごとくらいに社会状況や人間の生き方がかなり変わってしまうから、みんな親の世代とはずいぶん違う社会を生きることになる。だから新しい社会状況に合わせるために価値観やライフスタイルを次々と更新していかないといけないんだけど、今の日本ではその入れ替わりがうまくいっていないのだと思う」(P9−)
    「本というのは「自分がぼんやりと気づきかけていることをはっきりと言葉にして教えてくれるもの」だ」(P18)
    「多少変な人だと周りから見られるのさえ気にしなければ(そもそも違う価値観の人の目なんて気にしなくていい)、今は今までで一番なんでもいろいろ自由にやりやすい時代だと思う」(P21)
    「限られた時間の中にたくさん仕事を詰め込んだほうがいい」という人は、「仕事をこなすこと」が「手段」で、「仕事をこなすことで達成される何か」が「目的」だと考えている。しかし本当は「仕事をこなすこと」自体が「目的」なんじゃないだろうか」(P27)
    「押しても押さなくてもドアが閉まるまでの時間は変わらないんだけど、「閉」ボタンを押すことで人は「何か操作した」という気分になって、ただ何もせずじっと待つよりもストレスが減る、という仕組みらしい。結構人間が人生でやってることは、どこにも繋がっていない「閉」ボタンを押しているのと同じような、やってもやらなくてもそんなに変わらないことが多い気がする」(P28)
    「なんか適当に「水に漬ける」的な、体力を消耗させてちょっと何かをやったような気にさせてやれば、みんな余計なことをしなくなって、世界はもうちょっと平和になるんじゃないだろうか」(P30)
    「仕事のために人生があるわけじゃなくて、人生の彩りの一つとして仕事があるだけだ」(P32)
    「なぜ「だるさ」を重視するかというと、自分にとってあまり良くないことをやっていると大体体調が悪くなるからだ。「だるい」という感覚は自分の体が自分自身に「お前ちょっとなんか変だぞ」「ちょっと休んだほうがいいぞ」って教えてくれているんだと思っている」(P33)
    「いろんな物を得ては壊す、得ては捨てる、を何十回か何百回か繰り返しているうちに、そのうち寿命が来て人間は死ぬし、得た物はお墓の中には持っていけないから、所有にこだわるのにはあまり意味がない。人生って所詮そういうものなんだと思う」(P39)
    「自分ではどうにもならないことは人生にはたくさんあるよなあ」というくらいなスタンスで、みんながもう少しだけ自分や他人に寛容になったほうが生きやすい社会になるんじゃないかと思っている」(P45)
    「人間は自分に自由意志がないということに耐えられない」(P46)
    「人間はみんな限られた時間と小さな空間の中で、他の人から見たら取るに足らないつまらないものを大事にしながら生きていくしかないのだ」(P50)
    「結局「家族」というのも血縁関係や性的関係を含むシェアハウスの一種に過ぎない」(P71)
    「結婚とか家族とかはなんだかんだでお金かかるしあれはお金に余裕のある人向けの贅沢品だな、という感じがしている。あと、若干今の時代に合っていないというか、少し効力が切れてきているんじゃないかということも思う」(P74)
    「「歴史的に一時的なものを昔からずっとあった当然のものと思い込んでしまう」というのは人間が陥りやすい思考の罠なので気をつけないといけないんだけど、歴史をちゃんと知ることでそうした思い込みは避けやすくなる」(P77)
    「金銭的には今より余裕があったけど、「自分にとって一番大事な生活のペースやリズムを奪われている」という感じがして、あまり毎日を幸せだと感じられなかった」(P110)
    「普通に生活をしているだけでいろいろやることがあって忙しいし、それだけで飽きない」「身の回りの生活の範囲をいつもとちょっと違う目線でゆっくりと見回すだけで、面白いものや新しい気づきとかはたくさんあるものだ」(P111)
    「どっちかというとお金よりも時間のほうがやりたいことを全部やるには足りない、だから仕事とかしている暇はない」(P118)
    「鳥は飛べるけど俺は飛べないから負けてる」とか「自分より屋久杉のほうが長生きだから屋久杉のほうが偉い」とかいうことで悩むのはバカバカしい。それと同じように自分の生き方や価値基準と他の人間の生き方や価値基準は全く違うものだし、他人と自分を比べても仕方ないものだと思う」(P120)
    「「ああ、別の宗教の人だな」と思ってほっとけばいい」(P121)
    「世の中は多種多様な価値観で溢れているのでいちいち全部の人の意見を聞いていたらキリがないし、自分が信頼する人間の意見以外は聞かなくていいと思っている」(P122)
    「ちゃんと自分にとって大事なものをはっきりさせた上で働いたり稼いだりしないといけない。なんとなく働いてなんとなく稼いだお金は結局なんとなく散財してしまうものだ」(P122−)
    「たとえ儲かってもお金の使い道がないのにさらにお金を増やしても仕方がない気がするし、ゲーム性という娯楽を求めて株やFXをやるんだったら、テレビゲームでもしてたほうが安くて完成度が高くて楽しいんじゃないだろうか」(P123)
    「この現代社会には物も情報も無数にあってあまりに選択肢が多すぎるので、うっかりするとそんなに好きでもない物や実感の持てない物に延々とお金や時間を使い続けるということになりかねない」(P124)
    「都会という空間も同じように、常にいろんな音声や広告や新商品に溢れている情報の洪水だ。その洪水の中に浸っているとついペースや感覚を乱されて、そんなに欲しくない物を買ってしまったりよく分からない流行を追いかけてしまったりするという罠がある」(P138)
    「山奥の家にやってきて静かな環境で過ごしていると」「本来は自分がものを考えたり感じたりとか食べたり眠ったりして生きていくのって、これくらいのおだやかでゆっくりとしたペースで良かったんだ、ということを思う」(P138)
    「都会の持っている毒を田舎は解毒してくれて、田舎の持っている毒を都会は解毒してくれる」「だから一カ所にずっと住むということにこだわらず、都会と田舎を行ったり来たりしていろんな場所に少しずつ顔を出し続けるような、そんな暮らし方を広めていったほうがいいんじゃないかと思う」(P139)
    「ツールでしかなかったはずのお金というものが、いつの間にか人間をコントロールするものになってしまっている」(P141)
    「お金という誰にでも通用する交換ツールがあれば、遠く離れたところに住んでいて何を考えているか分からなくて言葉も通じない人とも交換をすることができる。そのことによって人類は、狭い範囲で自給自足や近所同士の交換だけをしているよりも、とてもたくさんの多様な物を手に入れられるようになった」(P142)
    「交易する村が多くて交易の範囲が広いほど、よりいろんな物を手に入れられるようになってそれが豊かさや発展をもたらす。物だけでなく、知識や技術が交換されることも重要だ」「そんな風に優れた知識や技術が交換されて広がっていくことで、どんどん文明が発展していくのだ」(P144)
    「経済やお金は規模が大きくなるとそれ自体が生き物のように動いてコントロール不能になって、人間を追い回したり追い詰めたりしてしまったりする。その理由の一つは、大量のお金というものは固有のスピードを持っていて(例えば「時間が経つと貯金や借金に金利が付く」とかがその表れだ)、そのスピードは大抵の人間が生活を自然に送るペースよりも速いからだ。だから、お金がたくさん動くことに関わると人間はいつも急かされるような気分になってしまう」「充実感を持って生きるためにはハイスピードで動いていく社会に自分を全て適応させるのではなくて、お金以外の論理で動く部分も忘れないようにして、自分のペースを保つことが大切だ」(P147)
    「合わない人同士が近くにいてもお互いにイライラするだけで不毛だから、無理に近くにいる必要はない。最近はインターネットの世界でも、「いかに人と繋がるか」よりも「いかに苦手な人と繋がらないか」という機能が重視されつつある」(P156)
    「僕は何かのイベントとかで十数人くらいが集まったときに、全員が一つの話題を囲んで話すみたいなのが苦手だ。十数人もいると大体声が大きい人とか話の面白い何人かが話して、他の人はそれを聴いているだけという感じになるからだ。一人ひとりとゆっくり会話がしやすいのは三〜五人くらいまでだろうから、大きなグループの中に三〜五人の小グループがいくつかあって、その小グループ間を移動したりしやすいという状態がいい」(P160)
    「人によって好き嫌いの感性は違うから、僕がどうも気に入らないあいつも別の人にとってはそんなに嫌じゃなかったりするし、ここでは居心地が悪そうだった人が向こうのほうではうまくやっていけたりする」(P161)
    「人や場が自分に合うかどうかなんて相性やタイミングの問題なので、たくさんの人や場に出会える機会が増えれば、どんな人でもどこかの場に引っかかる可能性が高まる。だから、いろんな人が小さな場をたくさん作りやすい社会になれば、みんなどこかしらの場に引っかかりやすくなって居場所がどこにもないという人が減るんじゃないかと思っている」(P162)
    「別にそこまでしなくても「毎週木曜の夜七時からどこどこのファミレスにいつも集まっている」とかそんな感じでもいい。「とりあえずぶらっとそこに行ったら知ってる誰かがいそうだ」という感じがあれば、人は集まって来るものだ」(P165)
    「コミュニティの人間関係が何かでこじれてしまっても、空間がキープされているとなんとなく惰性で続いていって滅びにくいという効果もある」「決まった場所がないと、問題が起きた時にすぐバラバラになりやすい」(P165)
    「何かを悪く言うときは「どっちもどっち」だということを意識しておくのが大事だと思う」(P170)
    「他人に苛立ったときは「あの人もあの人でいろいろ大変なんだろう……」ということを想像するとちょっとだけ寛容になれるような気がする」(P171)
    「一番良くないタイプの悪口は「自分のプライドを保ったり仲間との団結を強めるために外部の敵を攻撃する」みたいな感じのものだと思う」(P171)

  • タイトルどおり、著者の持たない生き方と幸福の関係について語られている。
    「今は今までの歴史の中で一番なんでもできる自由な時代だ」
    生きづらいならば、なんとなく持っている義務感を捨てさろう。

    ◯所有と義務

    著者が「お金を得るためには働かなければいけないという厳然たる宇宙の法則」と表現するように、
    生活コストの増加は働く義務の増加を意味する。

    「何か物を持つということはその管理コストを抱えるということでもある。」
    物の所有はコストを増加させる。

    ロバート・キヨサキ「金持ち父さん 貧乏父さん」の一節「資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるもの」「負債とは、あなたのポケットからお金を奪っていくもの」を思い出した。
    タイトルの「持たない幸福論」は、負債を持ってはいけないということだと理解した。

    ◯能力の限界

    著者は自分の体力、気力の限界を知っている。
    長期間、重労働を続けられるというのは過信。
    副題の「働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない」は、過大なコミットをして負担を負うなと理解した。

    まともな人間はやっている、とされることをすべて満たすハードルは非常に高い。あきらめてよい。

    ◯人生の意味

    人生に意味などない。しかし人間は意味がないことには耐えられない。だから、本能や論理、直観、社会の慣習、何でも使えるものは使って意味を見いだしていけばよい。

    価値は客観的にあるものではなく、自分で適当に決めてよい。

    ◯幸福のコア

    著者は、生きるのに本当に大事なことは以下の2つだという。
    「一人で孤立せずに社会や他人との繋がりを持ち続けること」
    「自分が何を好きか、何をしているときに一番充実や幸せを感じられるかをちゃんと把握すること」

    最低限満たされていないと不幸になるものがあるので、きちんと押さえる。
    トム・ラスとジム・ハーターの「幸福の習慣」を思い出した。

    ◯家族(家庭)の機能

    恋愛、セックス、共同生活、モチベーション、財産のシェア、育児や介護。
    さまざまな機能があって強力、実績もある。
    しかし、これらの機能を家族だけで達成する必要はない。家族が最適とも限らない。
    シェアハウスなど、他のシステムの力も借りてよい。

    ◯ゆるやかなコミュニティ

    複数のコミュニティに所属する。
    場所をつくる。
    中心になる必要はない、眺めている程度でよい。
    去るものは追わず、来るものはたまに拒む。
    滅びたらまたつくる。

  • pha『持たない幸福論』(幻冬社、2015)を読む。

    『ニートの歩き方』で評判を取った伝説の京大卒ニート36歳の人生論。悟りに迫りつつある気迫、ダルいという感覚を全面的に肯定する生き様。中世ならひとかどの高僧になっておられたことでしょう。知識人の魂を感じます。

    phaさんもプログラミングやお手伝いで年収100万円程度とのことで、類書の年収100万円で暮らすおじさんの話と同じく、物質、欲、消費文明への違和感を表明。宗教の違いとまで(ゆるく)断じます。

    必要十分な労働、自分にとっての価値。ミニマリズムの実践者がここに。


    【本文より】
    ◯僕のことを「京大を出てまともに働かず貧乏暮らしをしているのはもったいない」などと言う人もいるけれど、僕が大学受験や大学生活で得たものは本を読んだり学んだりすることの面白さや勉強の方法やコツで、今の僕の生活はその得たものを十分に活用できていると思う。

    ◯ブログを書いていると不特定多数の人が読みにくるので、僕のブログにもときどきよく知らない人(大体ちゃんと文章を読んでいない)が「あなたの考えは間違っています」とか「もっと働いてください」とかコメントをしてくるんだけど、そういうのは全部「あー、あなたの宗教ではそう考えるんですね、僕は違うからよく分かんないけど」って思ってスルーしている。

    ◯ときどき引越しをして持ち物や住環境などを全てリセットするのが好きだ。引っ越すときもできるだけ家具が最初から付いている家を選ぶようにしている。[中略]物は全て借り物でいい。/抱えている物が少ないほど身軽に自由に動けるというのは、それは具体的な品物でも、抽象的な実績とか記憶とか過去とかでも同じだと思う。

    ◯広告を見たり店に行ったりすると「これを買うといいよ」とか「これみんな買ってるよ」みたいな誘惑の情報が溢れていくらでもお金が必要な気がしてくるけど、そういうのはこの消費社会特有の物を買わせるトラップだ。

  • まさにいま自分がもやもや考えていることに、別の人が形を与えてくれた感じ。

全52件中 1 - 10件を表示

phaの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
トマ・ピケティ
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られないを本棚に登録しているひと

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られないを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られないを本棚に「積読」で登録しているひと

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られないの作品紹介

いわゆる「真っ当」な生き方から逃げて楽になった。もっと自由に、伸び伸びと。京大卒・日本一有名な"ニート"が提唱するこれからの生き方。史上最強の脱力系幸福論。

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られないはこんな本です

ツイートする