ウツボカズラの甘い息

  • 432人登録
  • 3.61評価
    • (18)
    • (97)
    • (81)
    • (7)
    • (1)
  • 95レビュー
著者 : 柚月裕子
  • 幻冬舎 (2015年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344027718

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
長岡 弘樹
柚月 裕子
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
湊 かなえ
湊 かなえ
柚月 裕子
米澤 穂信
柚月 裕子
東野 圭吾
湊 かなえ
湊 かなえ
角田光代
横山 秀夫
柚月 裕子
中山 七里
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ウツボカズラの甘い息の感想・レビュー・書評

  • 初読みの作家さん。
    単純に面白かったー!特に後半は一気読みで。
    大御所が書くどっしりとしたミステリーとは違い深刻なテーマがあるわけでもないので、純粋になぞ解きを楽しむ事が出来た。
    軽快なテンポで進む文章も良かったし、登場人物それぞれのキャラクターも個性があって良かったと思う。
    久々に何も考えずに読書が出来て満足(笑)

    以前の美貌を失ったひきこもり気味の主婦文絵が、かつての同級生、加奈子と出会った事によってマルチ商法にかかわることになり、いつの間にか詐欺事件、はたまた殺人事件に巻き込まれてしまうという内容。

    文絵を軸にして展開する物語と、殺人事件を追う刑事の目線からみた物語が並行して語られ最後には一つになる。
    この辺りの構成もありがちだけど面白かった。
    このまま2時間ドラマに出来ると思う。
    キャストは誰になるだろうって真剣に考えてしまった(笑)

    オチもすっきり収まって読後感も良し。
    たまには正統派のミステリーも良いもんですね。

  • あることをきっかけに心に病を抱えた主婦、高村文絵が、昔の同級生に偶然出会ったことで事件に巻き込まれていくお話。

    飽きさせない展開で、いよいよ刑事に謎が解けてきたあたりまでは楽しんで読んでいたのだが、最後の最後、犯人が語る種明かし部分がなんだか陳腐な感じ。
    ミステリとしてはプロットも見事でいいのかもしれないけれど、小説としては文絵がそしてどうなったのかまで書いてこそ、なのじゃないかなあ。そこがとても物足りない。

    面白く一気に読めただけに残念。

  • 心に闇を抱える主婦文枝が、中学時代の友人と名乗る女加奈子から、化粧品販売の仕事を手伝って欲しいと頼まれる。
    自信を取り戻し、美しく変身した文枝は、大金を手に、今までよりも贅沢な暮らしをするようになる。

    あちこちで目にしていて、図書館で半年以上待って読みました。
    面白かったです、とっても。
    文枝が変身していく様、文枝の後ろに見え隠れしている謎、先が気になって仕方がありませんでした。
    並行して進んでいく、事件を追う秦刑事達のストーリーの方も、ジワジワと迫っていく感じがたまらなかったです。

    ただ、最後の種明かし?が、あまりにも一気に展開しすぎな感じで、あっという間に終わってしまった感が否めず、ちょっぴり物足りなかった気がします。

    でも、引き込ませ度はかなり高く、ページをめくる手を止められませんでした。
    大満足です。

  • ここまで他人に入り込める加奈子がすごい、と。文絵の方にもそういうオチが待ち受けているとは、と思っていた展開と違っていて面白かった。

  • ウツボカズラとは食虫植物の一種。甘いにおいでターゲットを誘き寄せ、養分をすべて吸い取り次々に変容を遂げる。死んだ女に成りすまして、名前を騙り悪事を働く。後半は少し急ぎ足過ぎてもうひとひねりほしい感じ。乃南アサにもウツボカズラの作品があったような。柚木作品はやはり検事シリーズの方が好きかな。

  • 犯人の正体は? たどり着けるか? でページを進めた。文絵の最後の行方も刑事の二人のやりとりも少々雑に思え、最後は犯人の独白で終わるのかなと想像できたけれど、柚月さんの文章が先を促し、最後までビシッと読めました。詐欺については、そんなに上手くいくもんかいなと思いますが。
    読者として、傲慢な言い方かもしれませんが、柚月さんはうまく成長してきているなと感じます。

  • 文絵が主人公だと思って読んでたけど、違ってたね。最後バタバタした感じだったけど、面白かった。ドラマっぽいね。
    秦はシリーズになりそう。

  • *容疑者は、ごく平凡な主婦――のはずだった。殺人と巨額詐欺。交錯する二つの事件は人の狂気を炙り出す。戦慄の犯罪小説*
    よく出来たお話だと思います。2時間ドラマにぴったりな感じ。まあ、そんなにあっさり痩せられるか?とか、そんな簡単に丁度いいターゲットが見つかるか?とか、少々の突込みはありますが。

  • 8作目 だんだんよくなってきた。柚月さんの特徴
    1) やたらと、時間をとらせた詫び、を言う
    2) 書名の意味は、最後の方にならないとわからない

  • よく言われる「2時間ドラマ向け」とか「火サスレベル」について考えてみる。
    ギャグやパロディのネタにされあんなものは〜と揶揄されながら次々と新作が作られ昼の再放送でさえ高視聴率の人気振り、その秘密と言えばやはり主人公に寄り添って事件を解決出来るわかりやすさだろう。
    この柚月さんのサスペンス劇場も船越英一郎が演じるであろう刑事になりきって楽しめる王道一直線、上手いと思うし面白い。
    でもビジュアルも制作費も気にしない紙の上なのだからもっと膨らませてもいいんでないかい?
    テレビで出来ないことがラストシーン東尋坊からオーストラリアへのグレードアップだけでは寂し過ぎる

  • 1月-1。3.5点。
    冴えない主婦が、幼馴染みと出会い磨かれる。化粧品の
    宣伝販売へ。同時並行で別荘での殺人事件が。
    真犯人は主婦なのか。

    あっという間に読めた。結構よくあるストーリーかな。
    でもまあまあ面白い。2時間ドラマ向け。

  • 並行して描かれる、事件関係者と、それを追う警察。
    ふたつの視点が、だんだんと近づいていく。
    という、警察小説の王道かと思いきや、文絵の病の真相が明らかになってから、一転。
    読み手にとって確かだったものが、不確かになっていく。
    意表を突く展開。
    秦と菜月のコンビは、魅力があった。

  • 柚木麻子と思って借りた

    乃南アサっぽいけど

    まー良かった

  • 【図書館本】このラストは、正直全く予想していなかった。てっきり○○やと思ったのに。なるほどタイトルまさにピッタリやね。まあまあオススメです。

  • 柚月裕子2冊目。この作者の本を読むと、本当に女性が書いた小説なのか?と疑問に感じる。『狐狼の血』でも感じたことだが、ハードボイルドテイストで文体は男臭い。
    『狐狼の血』はヤクザな刑事が登場し、まさに自分にドンピシャな物語だったが、こちらもいい。

    昔は美人で持て囃されていたが、今は太って日々の生活に追われている冴えない主婦の文絵。夫と2人の娘に囲まれて暮らしているが、解離性障害の持病を持っている。そんな文絵が昔の同級生にバッタリ出会い、化粧品の販売をすることに。講師をすることになった文絵はダイエットに励み、昔のような美貌を取り戻した。充実した日々を過ごしていくうちに、仕事のパートナーが殺されるという事件が起こる。
    方や、物語は刑事の目線でも進む。別荘で男が殺害された事件を捜査することになった神奈川県警の秦と、相棒の女性警察官、菜月。捜査していくつちに、文絵の存在にたどり着く。そんな文絵は解離性障害を持ち、サングラスの同級生の存在を伝えるが、その女の足跡がどこにも出てこない。これは文絵の妄想なのか。

    この文絵の病気がキモとなっていて、だからこそこの物語をさらに面白くしている効果が出ている。文絵が言うサングラスの同級生を探っていくうちに、たくさんの不可解な事件が起こっていて、物語に深みを持たせている。
    とにかく、目の離せない作家であることだけは確実だ。

  • 何が真実なのか、何重にも嘘や秘密がかくされていた。共通の思い出があっても顔を知らない昔の同級生には要注意。

  • 圧倒的な資金と暇と美貌と話術。
    こんな相手にターゲットにされたら、確かにその罠を抜けるのはかなり厳しそう。


    本筋となる最後の事件は別として、それまでの事件、サラッと完全犯罪にしちゃってるけど、本当に作家さん自身、これでいけると信じて書いているのかな…とちょっと思ってしまいました。

    ターゲットの決め方がすごく行き当たりばったりな感じがして、で、その相手がまた都合よくお金持ってるってのもなんだか…。最後の事件はそんなに稼げたとも思えないんだけどな…。
    それにしても、なぜ彼女は女性ばかりターゲットに選んだんだろう。彼女の過去を考えると男性に恨みを持っていてもおかしくないだろうに。そして、その方が籠絡するのも楽そうな気がするのに。

  • これまでの柚月裕子の作品には無かった、ラスト3分の1からの物語のテンポの変化には驚いた。

    毎日を家事と育児に追われる平凡な主婦の高村文枝の前にかつての同級生が現れる。同級生が文枝に持ち掛けたのは、多額の報酬を約束する大きなビジネスの話だった。

    前半は文枝が同級生の加奈子の罠にはまっていくストーリーと鎌倉の殺人事件を捜査する秦圭介と中川菜月の二人の刑事のストーリーが交互に描かれる。

    ここまで読むと詐欺からの殺人事件を描いた、ありきたりな作品かなと思うのだが、二つのストーリーが交錯すると、物語のテンポが明らかに変わる。次々と明らかにされる驚愕の事実にラストは息をつく暇も無かった。

    お見事!

  • 終わり良ければすべて良し……。
    なぜかこの言葉が頭に浮かびました。この言葉の対義語はあるのかな…??あるとすれば今そんな気持ちです。

    めちゃめちゃ面白かったのに〜、ラストに近づくにつれて気持ちがどんどん萎んでいった。

    忘れていた昔の同級生、サングラスの女、マルチ商法、胡散臭さ満載のストーリー展開で、どこでどう繋がってくるんだーと一気読みだったのに残念で仕方が無い。

    殺人事件、詐欺の被疑者は一体だれなのか核心に迫っていく所までは良かったんだけど、犯人が分かってしまってからの説明が長すぎやしませんか?気持ちがダラけてしまいましたよ。
    物語の軸になってた文絵も途中で置いてけぼりのまま終わってしまった感じだし。

    この話、読んでいて宮部みゆきの『火車』に似てるなと思ってたけど『火車』の終わり方が絶妙だったんだと改めて感心してしまった。
    初めて『火車』を読んだ時は「えー!そこで終わっちゃうの?」と衝撃だったけど今思えばすごく良いバランスだったんですね。

  • 専業主婦で二人の女の子の母親。
    家計のやりくりだけで過ごす日々。
    中学の頃は痩せて美しくモテ期だったけれど、次第に太ってしまい、人と関わることも避けて過ごす日々。
    唯一の楽しみは懸賞サイトに応募すること。
    その懸賞で当たったディナーショーで、偶然中学の同級生と再会する。
    その再会から彼女の生活が変化していき、美しさを取り戻す。

    物語は2つの出来事が交互に語られて、これは最後につながるよねと思いながら小気味よく読んでいたが、途中からじっくり落ち着いて読まないと理解できないくらい複雑になっていった。

    そこ信用しちゃうんだぁなんて文絵に突っ込みを入れたりしたけれど、最後は自分が騙された気分。
    とてもせつない結末でした。

  • #読了。結婚後の生活に追われ以前の美しさを失っていた高村文絵は中学時代の同級生加奈子に出会う。加奈子に勧められ、高級化粧品ビジネスに手を出すが、ある日身に覚えのない殺人事件の参考人として呼ばれるが・・・ちょっと無理があるのでは?とおもったところ引き戻される。刑事のペアがよかった。しかし、前作もそうだが無理してタイトルの説明をしているような。

  • 罠にかかっていくのが分かったので、初めの文絵のところは読むのが辛かった。
    ウツボカズラがどんなんか気になって調べてみたら、気持ち悪かった。犯人の所業にぴったり。
    途中のトリック?は、三人称なのに!って思ったけど、驚いてページを繰る手が止まらなくなった。

  • 太陽がいっぱい

    火車

    って感じ。

  • 最後にバタバタ展開するが、驚きがない。軽い感じ。

全95件中 1 - 25件を表示

ウツボカズラの甘い息を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウツボカズラの甘い息を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウツボカズラの甘い息の作品紹介

家事と育児に追われ、かつての美貌を失った高村文絵。彼女はある日、出掛けた先で見覚えのない美女に声をかけられる。大きなサングラスをかけたその女は『加奈子』と名乗り、文絵と同じ中学で同級生だというのだ。そして文絵に、あるビジネス話を持ちかけるが-。この再会は偶然なのか、仕組まれた罠か!?鎌倉で起きた殺人事件を捜査する神奈川県警捜査一課の刑事・秦圭介と鎌倉署の美人刑事・中川菜月。聞き込みで、サングラスをかけた女が現場を頻繁に出入りしていたという情報が入る…。事件の鍵を握る、サングラスをかけた謎の女とは!?日常生活の危うさ、人間の心の脆さを圧倒的なリアリティーで描く、ミステリー長篇。

ウツボカズラの甘い息のKindle版

ツイートする