プラージュ

  • 707人登録
  • 3.67評価
    • (33)
    • (140)
    • (97)
    • (14)
    • (1)
  • 128レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 幻冬舎 (2015年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344028241

プラージュの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めての作家さん。
    過去に様々なことがあるにせよ、人間模様がメインでこんなにドキドキハラハラする話は久しぶり。
    これがこうだったから、あれ?この人は…あの人か!と何度も会う前後して読みました。
    予想できてしまった部分もあったけれど、裏切りもあって、おもしろかったです。
    伸介さんをもう少し大事にして!と思ったのは私だけ⁉

  •  一度の覚せい剤で職を失い、そして火事によって住む場所も失った吉村貴生は、保護司のツテでシェアハウス「Plage」に流れ着いた。壁もなく、カーテンで仕切られた空間に住んでいる他の住人達にも、どうやらそれぞれに事情があるらしい。

     シェアハウスの住人達、そしてそこにある事件で無罪となった人物を追ってプラージュに潜入している人物の目線が交差しながら物語は進む。片方は苗字だけ、片方は名前だけで表記されているので、どれとどれが同一人物なのかは最後の方までわからなくなっている。こういう仕掛けでミステリ色強めなのかと思いきや、意外にもそれより人情というか、シェアハウスでの人のつながりが多く描かれていて、最後はみんなで住人の1人を助けに行く展開に。まぁこういうのもいいけど、ちょっと期待していたのとは違っていたかなぁ。

  • とてもよかった。「ある記者」がカギだね。

    前に読んだ「真綿荘の住人達」と似ている感じがして、ちょっとごっちゃになったんだけど、こちらのほうがよかったかな。

  • 源ちゃんが主演でドラマ化されるという作品なので読んでみたらすごく面白かった。
    こういう語り部が変わっていくスタイルの作品が特に好きみたい。
    一人称だけで進んでいくよりも登場人物がより深く理解できる気がする。
    加害者側からの視点で描かれる作品だけど、嫌な気持ちがしないのが面白かった。

  • 2017/5/16 31読了

  • 脛に傷を持つ者ばかりのシェアハウス「プラージュ」。

    仕切りもカーテンだけという、簡素なもの。住人6人が、自発的に秩序を守ろうとすることで成り立っている。

    そこにある事件を追って、フリーライターが潜り込むが、実は、、、





    読んでの感想は、更正施設は重要だし、更正を受け入れる社会も必要だと思うけど、その人の背景とかわからないとやっぱり難しいし、自分は受け入れられるかと問うと、難しいよなと考える。

  • 犯罪を犯し、罪を償った人達が暮らすシェアハウスでの話。

    時間を忘れて読みました。
    面白かったです、とても。
    それぞれの過去が、徐々に明らかになるだけでなく、時間軸がずらされた事で混乱させながらある登場人物を紛れ込ます手法に翻弄され、何度もページを戻し、確認しながら、楽しみました。

    プラージュに暮らす人達は、みんないい人、心から罪を悔い、罪を償った人達ばかり。
    でも、被害者の遺族からしたら、許す気持ちにはならないかもしれないし、このストーリーそのものにも、賛否はあるのかもしれません。

    でも、小説ですから。
    激しくも暖かなストーリーが、私は好きでした。

  • 罪は消えない。
    被害者や遺族にとって一生許されるべきではない。
    ただこのお話の中で加害者達のその後も更生も全て否定しても誰も幸せになれないと感じる。
    プラージュ…こんなシェアハウスが存在する世の中になるのは無理だろうか。
    何かを抱えながら生きるのはみんな同じ。
    重い問いかけ…一度罪を負った者は死ぬまで赦されないのか…ずっと考えてしまう。

  • 前科者たちが暮らすシェアハウスでの話。
    更生していくことは大切だとは思うが、ぬるい印象を受ける。
    パソコン内に残された告白は途中から薄々は感じていたが、だから、なに?って言いたい。それを、許してしまえるんだと思った。

  • 前科者側からのほぼ一方的な視点で、言いたい事は分かるにしても、なんとなくヌルイ気がしてしまった。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13956122.html

全128件中 1 - 10件を表示

誉田哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プラージュを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プラージュを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プラージュを本棚に「積読」で登録しているひと

プラージュの作品紹介

たった一度、魔が差した結果、仕事も住む場所も失ったサラリーマンの貴生。やっと見つけたシェアハウスで、人生をやり直す決意をした矢先に、一人の女性住人に「夜這いし放題よ」と耳打ちされて…。あるシェアハウスに住む、厄介者たちの物語。

ツイートする