プラージュ

  • 649人登録
  • 3.67評価
    • (29)
    • (127)
    • (87)
    • (12)
    • (1)
  • 117レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 幻冬舎 (2015年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344028241

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プラージュの感想・レビュー・書評

  • 初めての作家さん。
    過去に様々なことがあるにせよ、人間模様がメインでこんなにドキドキハラハラする話は久しぶり。
    これがこうだったから、あれ?この人は…あの人か!と何度も会う前後して読みました。
    予想できてしまった部分もあったけれど、裏切りもあって、おもしろかったです。
    伸介さんをもう少し大事にして!と思ったのは私だけ⁉

  •  一度の覚せい剤で職を失い、そして火事によって住む場所も失った吉村貴生は、保護司のツテでシェアハウス「Plage」に流れ着いた。壁もなく、カーテンで仕切られた空間に住んでいる他の住人達にも、どうやらそれぞれに事情があるらしい。

     シェアハウスの住人達、そしてそこにある事件で無罪となった人物を追ってプラージュに潜入している人物の目線が交差しながら物語は進む。片方は苗字だけ、片方は名前だけで表記されているので、どれとどれが同一人物なのかは最後の方までわからなくなっている。こういう仕掛けでミステリ色強めなのかと思いきや、意外にもそれより人情というか、シェアハウスでの人のつながりが多く描かれていて、最後はみんなで住人の1人を助けに行く展開に。まぁこういうのもいいけど、ちょっと期待していたのとは違っていたかなぁ。

  • とてもよかった。「ある記者」がカギだね。

    前に読んだ「真綿荘の住人達」と似ている感じがして、ちょっとごっちゃになったんだけど、こちらのほうがよかったかな。

  • 源ちゃんが主演でドラマ化されるという作品なので読んでみたらすごく面白かった。
    こういう語り部が変わっていくスタイルの作品が特に好きみたい。
    一人称だけで進んでいくよりも登場人物がより深く理解できる気がする。
    加害者側からの視点で描かれる作品だけど、嫌な気持ちがしないのが面白かった。

  • 犯罪を犯し、罪を償った人達が暮らすシェアハウスでの話。

    時間を忘れて読みました。
    面白かったです、とても。
    それぞれの過去が、徐々に明らかになるだけでなく、時間軸がずらされた事で混乱させながらある登場人物を紛れ込ます手法に翻弄され、何度もページを戻し、確認しながら、楽しみました。

    プラージュに暮らす人達は、みんないい人、心から罪を悔い、罪を償った人達ばかり。
    でも、被害者の遺族からしたら、許す気持ちにはならないかもしれないし、このストーリーそのものにも、賛否はあるのかもしれません。

    でも、小説ですから。
    激しくも暖かなストーリーが、私は好きでした。

  • 罪は消えない。
    被害者や遺族にとって一生許されるべきではない。
    ただこのお話の中で加害者達のその後も更生も全て否定しても誰も幸せになれないと感じる。
    プラージュ…こんなシェアハウスが存在する世の中になるのは無理だろうか。
    何かを抱えながら生きるのはみんな同じ。
    重い問いかけ…一度罪を負った者は死ぬまで赦されないのか…ずっと考えてしまう。

  • 前科者たちが暮らすシェアハウスでの話。
    更生していくことは大切だとは思うが、ぬるい印象を受ける。
    パソコン内に残された告白は途中から薄々は感じていたが、だから、なに?って言いたい。それを、許してしまえるんだと思った。

  • 前科者側からのほぼ一方的な視点で、言いたい事は分かるにしても、なんとなくヌルイ気がしてしまった。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13956122.html

  • マエのある人達の更生施設的なシェアハウスでの日々。
    未羽のサイコパス描写が怖くて怖くて、そうそう、誉田さんの本読んでるんだった、って思い出した。
    出てくる料理がどれも美味しそう。

  • 予定吹っ飛ばして一気読みしてしまった、、。ああ、、。犯罪を犯したひとの事情がいろいろだということはわかりましたし、プラージュのような場所は必要だな、と思いましたが、自分の身近になるとうまく割り切れないだろうな、と思います。潤子さんは立派ですね。誉田氏、東野氏くらい多作ですが、完成度高いし、ジャンル違ってもどれも読み応えあります。これからも目が離せません。

  • 美羽の事件場面はさすがに想像するのが怖かった。
    誰がAだか、だれが潜入取材しているのかわからなかった。けど最後の告白の手紙で、凄いことが・・・。

    世間やネットでは常に攻撃材料を探してるしな。まぁ関わりたくないっていうのもわかるけど。

  • ☆5つ

    めったにこういう事わ書かないのだけど、今回は書かずに居られない心境。
    この本めちゃ面白いです。感動します。でも感動するかどうかは明らかに個人差があると思います。でもわたしは感動します! どうか読んでみてください。わたしは今時流行りの やらせ でも、アフェリエイトでも無いです。純粋に良い面白い作品にはそういう感想を書いているのです。

    そして、少しかなり雰囲気が似た作品を最近読んだ気がする。そうだ『今日からは、愛のひと』:朱川湊人だ!。そうそうこの作品のシェアハウス「プラージュ」に似た感じの「猫の家」という同じくシェアハウスみたいなところに集う男女を描いた作品だった。で、その「猫の家」に住む人達も過去に重い罪をしょった人達ばかりで・・・しかし終いには天使と悪魔のタタカイみたくなってしまって、この『プラージュ』とは程遠い作品なのですが、結構面白かったのです。

    ところで、わたしゃどうして違う作品の感想なら、その中身にもかなり踏み込んで書いてしまうのだろう・・・。なんか我が事ながら変わっているなぁ、と思た。すまぬ。

  • 前科のある人の再生の場としてのシェアハウス。

    信じる、許す、認める。前科がなくても難しいことのようにも
    思うし、実に簡単なことのようにも思える。

    人間にはいろんな事情がって、
    なんの事情もなく生きてる人なんて
    きっといないだろう。

    どんな事情があっても、
    犯罪は犯罪。前科は前科。

    一線を越えるのは自分かもしれないのだど、
    考えさせられた。

    そして、被害者側の立場に立てば、また事情は変わる。

    加害者の家族は、
    被害者の家族は、
    冤罪だったら・・・
    また、事情は変わる。

    さらっと読めたけど、テーマは深い。

  • 「夜這いがあるんです」
    というから一体、どうなっていくのだろうと読み進めていくと…
    他人事にしか感じてはいなかったけれど、いつ自分がそういう立場に陥るかもしれないないし、そういう人たちと普通に接し、白い目で見ないでいられるかと言ったらどうなんだろう。でも、そういう場所を作れたらどんなにいいことか。

  • 前科者にも事情はある・・・うん、まぁそうだけど、やっぱり、一度でも前科がついちゃうと、いろいろ難しいよねー、ってことで、非常に重いテーマを含みながらも、相変わらずの読みやすさに、ぐいぐいと引き込まれる。
    ちょっとした叙述トリック的な仕掛けもありで、んむむむむ?と考え読んでたのに、上手に騙されちゃいましたーww

    ホントにプラージュのような場所があればいいだろうなと思うけど、実はあるのかな?それともやっぱりないのかな?

  • たった一度、魔が差した結果無職になった貴生。アパートが火事になり、シェアハウスで人生をやり直す決意をするが…。シェアハウスに住む厄介者たちの物語。

    個性的なシェアハウスに住む面々。
    もしかしたら、こんなこともありだって思う。

  • さすがの誉田哲也さん。プラージュフランス語で「海辺」。色々考えさせられる。「愛の反対は憎しみではない、無関心だ」

  • 登場人物を把握するのに若干時間がかかりました。

    が、ちょっと訳ありな人たちがとっても気になって
    どんどん先へと読み進みました。

    あ?そういう最後なの?あきらさーん!!!
    てな感じですが、この世はきっとまだそんなに優しく
    ないんだろうな。

    私もきっとそうはありたくなくても聞いたら違う目で
    見ちゃったりとかするのかな、と考えさせられたり。

    だから潤子さんは手放しですごいなって思う。
    見習いたい...

  • 前科者たちがシェアハウスするという設定は非常に斬新に感じた。
    また、前科者たちを社会がどう受け止めていくべきなのか考えさせられる作品だと思う。

  • 犯罪を起こした人たちの再起の物語。

    誉田さんの本にしては落ち着いたトーン。こんな時代だからこそ、ちょっと罪と罰について考えさせられる。

  • 星野源と石田ゆり子で17年夏にドラマ化(WOWOW)。誉田氏の作品は描写がえげつないのが多いが、この作品はなかなかハートウォーミング。ドラマにして面白そう。

  • 脛に傷を持つ身の住人たちが暮らすシェアハウスでの話だけあって、更生する気持ちを持つ前科者を受け入れられるかという問いを投げかけられたような気がします。また、犯してしまった罪の償いについても考えるところはありました。記者が誰かというのは消去法で判るけど、最後のオチまで読めませんでした。そこはびっくりだったけど、凝った仕掛けがありそうでいて、そうでもなく、普通といった印象。うん、普通に面白かった。

  • ワケありの人間ばかりが集まるいや集めるシェアハウス「プラージュ」、著者にしては珍しいってことはないのだろうけど、エログロ作家としての認識が定着しているため、こういうハートウォーミングな物語は久しぶりだ、でもやはりハードな場面はお約束として出てくる。しかし分からないのが無罪だと分かっている者を取材して、自分の罪を隠してしまおうとするフリーライターの設定だけはちょっと不自然に感じた。またWOWOWでドラマ化されるようなので楽しみだ。

  • 落ち着いて読まないと混乱。おもしろい

全117件中 1 - 25件を表示

プラージュを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プラージュの作品紹介

たった一度、魔が差した結果、仕事も住む場所も失ったサラリーマンの貴生。やっと見つけたシェアハウスで、人生をやり直す決意をした矢先に、一人の女性住人に「夜這いし放題よ」と耳打ちされて…。あるシェアハウスに住む、厄介者たちの物語。

ツイートする