400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術

  • 476人登録
  • 3.49評価
    • (13)
    • (37)
    • (47)
    • (7)
    • (2)
  • 44レビュー
著者 : 佐藤オオキ
  • 幻冬舎 (2016年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344028906

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すべての章にか書かれていることが、自分に中にスッと入ってくる、心地よく共感できるビジネス本。

    特に心に残っているのは、モチベーションの認識。確かにモチベーションとは、自分ではコントロールできるものではなくて、以下に下げないように環境を作るかが重要なのかもしれない。そのために、仕事はどんどん前倒しにやり、自分のテンションに応じて仕事を選ぶ、と。

    余裕がなく仕事していることが、いろんなところ悪循環を生んで、どうにか環境を変えたくて手に取った。

    自分の考え方、やり方を変えないと状況は変わらない。
    極端な締切の設定は、自分にあまい私にはいい方法かも。

    忙しいときほど、余裕を持って仕事に取り込める環境を作るよう、少しずつ実践中。

    気になるところには付箋をたくさん貼って、今も読み返している。

    佐藤ナオキさん、2冊目だったけど、
    こちらも買って正解のビジネス本でした!

  • 印象に残ってるのは、「とりあえず形を作ってみてほしい、そこから考えたいという仕事は受けない。課題の分析が出来ておらず、着地点が分からないまま仕事を進めれば、スピードをあげることもクオリティを高めることも望めない」の部分。着地点の見えない仕事っていっぱいあるし、とりあえず何か出してって依頼も、たくさんある。でもそれって、双方に幸せな結果にならないんだな。クオリティを高めることは、責任を果たすこと。それに注力できない仕事って、不幸だ。

  • いつでも脳がきびきび動けるようにするには、どんな仕事も「保存して終了する」こと

    すきま時間には完結できる仕事をやる

    頭を使わなくていい場面でできるだけ脳を働かせないようにする

    課題を分割して「部分解」を出すことに徹すると、アイデアはぐっと考えやすくなる。3〜5分ほどで考えられる状態まで課題を分割しておく

  • ■「400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術」 ★2つ
    題名をみた瞬間「佐藤可士和か?」と思ったが別人だった(^^)
    最近、仕事効率を上げる技術に凝っているので、読んでみた。

    悪くはないが、他の仕事術系の本も読んでいる私からするとちょっと物足りないかな。
    著者が実践していることがひたすら書いてある。
    しかし、理論的、学術的背景も何もなく、「個人の経験」の域を出ていないのが残念。ただし、参考になる部分はあるので、「自分にあう部分だけまねしよう」と考えれば使えるものがあるかもしれない。

    私の場合は、「時間があまったら、その時間内でできるタスク、例えば30分時間があったら、30分以内でできるタスクを選んでやる」というのは、使えそうだったので、実践してみている。仕事がやりかけで、分断されると効率がわるいって話ですね。
    <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344028902/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4344028902&linkCode=as2&tag=hitoshiebih0a-22">400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=hitoshiebih0a-22&l=as2&o=9&a=4344028902" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

  • デザイン事務所nendoの代表。
    まず、nendoって名前が好き。オオキさんの名前もすき。
    1人目の奥さんも、2人目の奥さんも好き(女性の好みが素敵)。
    関わったプロジェクトや作品も好き。

    400のプロジェクトを同時に進める仕事術。

    すぐマネしようと思ったのは
    ・仕事はNow/ Later/ Maybeの3つに分ける
    ・3割程度をバッファとして開けておく

    基本、最優先事項を優先する日々なので(笑)
    可視化して、頑張ります( ´∀`)


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・選択肢を2つに絞るときに何を重視するのかというと、わたしはいつも「長所が大きいもの」で、かつ「方向性がまったく異なるもの」はどれかを考えます。 P68

    ・「未来をどうしたいのか」を明確にし、どのターゲットにどう働きかければ良いのかを考えることが基本です。その上でプロジェクトスケジュールを明確にし、具体的かつ実現可能な方法を検討するというステップが必要。(中略)打ち合わせでは、「過去」「現在」「未来」の時間軸を意識して、クライアントから話を聞くようにしています。P110

    ・ プロジェクトを着実に進めるためにも、「最初に悪い話もきちんとしておく」というのは欠かせないポイントです。P169

    ・「他人が頑張らないところで一生懸命やる」というのは投資効率を上げるという観点では大きなポイント。 P201

    ・わたしが考えるコンセプトとは「電話で誰かに伝えられるくらいシンプルな短い文章で言えるもの」「電話で話して『それ、面白そうだね』と言ってもらえるようなもの」です。P214

  • 同感ポイントは多いのだが、モヤモヤ感は残る。

  • 336.2

  • 家では余計なことを考えなくていいように白いシャツだけ揃えている、とか、ストイック。
    効率が良くなるなら投資は厭わない、と うちの会社はだめですね… 笑
    こんな上司に指導受けたい

  • スピードが質を担保するって言ってるひと珍しくて、読めてよかった

  • 頭の切替え含めて天才。400のPJを同時にでき、且つ切替えの早さは凄い。普通は気になって、次の仕事に集中出来ないような気がする。

全44件中 1 - 10件を表示

佐藤オオキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
リンダ グラット...
冨田 和成
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術を本棚に登録しているひと

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術を本棚に「積読」で登録しているひと

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術の作品紹介

仕事が速い人ほど成果もすごいのはなぜか。錚々たる企業から依頼が絶えない仕事人のオリジナルな手法&習慣とは。クリエイティブ思考は全ての分野に応用できる!

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術はこんな本です

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術のKindle版

ツイートする