空気を読んではいけない

  • 150人登録
  • 3.70評価
    • (12)
    • (18)
    • (13)
    • (7)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 青木真也
  • 幻冬舎 (2016年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344029989

空気を読んではいけないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PRIDE時代から注目していた青木選手の書籍。
    独特な思想を持っているのだろうなと思っていたけど想像以上に独特でした。

    何を目指すのもその人の自由だけど、本当に友達も持たずストイックに生きていて少しさびしい人だなと思ってしまいました。

    ちなみに内容は濃くないので瞬殺できます。ストイックに生きたいなという人向け。

    とは言え良かった名言。

    ***
    凡人が空気を読んでしまったら本当に空気になってしまう。

  • 一つの価値観。
    何かを成し遂げたい人には有効かも。

  • 読み進めていくとストイックですね。なかなか自分には真似できないなあと思う内容もありました。
    自分の勝てる道を考え続けて、その考え方に自信があるからできる言動なんだろうなと思います。
    一方で、恐怖と戦い続けているっていう内容もあって、一流の人こそ恐怖と向き合って乗り越えてるのだなあ、と。当たり前だとは思いますけど。
    あと、なりふり構わず努力しないと結果が出ないってのは自分のかなり貧弱な経験からも共感できます。

  • 幸せに生きることは難しいことではない。「空気」なんか読まずに、自分で人生を選べばいいだけだ。

    中学時代には指導者から見放され、大学時代には実力は部内で一番だったにも関わらず柔道部をクビになり、警察官を辞職して契約した格闘技団体「PRIDE」は1年足らずで消滅。選手としての才能もなかった著者が「ONE FC」という団体の世界チャンピオンになり、アジア最高額のファイトマネーをもらうまでになった理由。それは「徹底的に空気を読まない」ことであり、「どのように、空気を読まずに生きているか」を知ってもらう本であると前書きで述べられている。「空気を読まない」とは具体的にいうと、自分が人生をかけて打ち込めること、自分にとっての幸せをものさしにして、すべてを自分で決断していくことである。著者にとってはものさしが格闘技であり、本当に格闘技のためだけに生きてきたのだ。

    「空気を読む」とは、周囲の人の反応を意識することである。読み進めるうちに空気を読んでいれば、本当に自分のほしいものや大切なものが分からなくなってしまうのは当然のように思えてきた。でも、そうは言っても、「空気を読まない」ことは空気を読みがちな私にとって悩ましいことが増えてしまう…!と思ったが、なぜ悩ましいのかというと周囲の人の反応を意識するからだと思い至った。冒頭の言葉を読んで、自分には無理だ!と思ったが、空気を読みながら自分で人生を選び幸せに生きるなんてことはあり得ないだろう。そして決められるのは自分しかいない。自分の人生を生きていくために、自分のやりたいことに他人の価値観を持ち込まないことから始めようと思った。

  • アスリートとしてのストイックさというよりも自分にとって大切なモノを見つけられた幸せな人というのがオイラの印象だ。自分のとって必要なモノとそうでないモノがはっきりできるのは意外に難しい。
    「空気を読んではいけない」というタイトルに惹かれた部分もあるけど、内容はタイトル以上にいい。結果へのこだわり、そのために日時生活からやるべきことなど、アスリートじゃなくても活かせることがたくさんあった。必要なモノを必要な分だけ持てばいいという考え方は大賛成だ。カラダもモノも身軽なほうがいい。カラダが重ければ動くことが面倒になる、モノが増えればそれを失いたくなくなる。自分にとって本当に大切なこと、モノを見つけることで無駄ことに時間を費やすこともなくなりそうだ。断捨離ってこういうことなのかな。

  • 群れるな、従うな、流されるな、と、ひたすら孤高の道を極める自身の行き方を軽快勝つ素朴な筆致でつづった自伝的自己啓発書。もちろん、ここまで極端にストイックな生き方は誰にでもまねできることではないが、生まれつきの才能や体格を持って生まれてきたわけではない「凡人」が結果を出すための技術、および哲学としては、彼自身が結果を出している以上、説得力を持って語られている。なかなか難儀そうな域肩ではあるが、一方で憧れたりもする。

  • 才能のないものが成り上がるためには、周りを切らなくてはいけないのだ。

    僕の格闘技人生は、ある意味で隙間を探し続けてきたと言えそうだ。

    選手としては自分の力ではどうすることもできないジャッジを変えようとするより、自分が変わる方が前向きだと思っている。

    いくら勝っても指導者たちからは、何かしら難癖をつけられていたが、勝てなくなったら、僕の存在価値なんて本当になくなってしまうと、僕自身が一番わかっていた。

    同調圧力に負けず「なんだ」に惑わされず生きてく上で、自分の個性を殺さずにコントロールしてくれる人との出会いは大切だ。

    (最低限のルールは守るが)上下関係や伝統といった明文化されていないような掟を理由に、無条件で屈服を強要してくる相手に対して、いつでも刺し違える覚悟でいる。
     
     勝つならば負ける覚悟。刺すならば刺される覚悟。折るならば折られる覚悟。総合格闘技の試合でも、両極の覚悟を持たない選手は、相手として強くない。殺す気迫とともに、殺される勇気を持て。

    一度でも食事をともにしてしまえば、それは馴れ合いの第一歩となる。

    たとえ後ろ指を指されようとも、僕にとって必要なのは’仲間’だけでなく、格闘技界に染まらないための’孤独’と言える。

    「タダより高いものはない」
    援助を受けた時は得した気分になるかもしれないが、結果的に損をしてしまう。
    タニマチの存在で自分がやるべきことに集中できなくなったり、コンディションが崩れていくならば、はじめから関係を持たない方が賢明だと思っている。

    ◎借りをつくらず、貸しをつくることを意識する。
    ◎人間関係のこじれは無駄なコストだ。

    ◎欲望が散らかっている人間は、永遠に何も手にすることができない。

    良い過程×良い結果=成功
    良い過程×悪い結果=不運
    悪い過程×良い結果=幸運
    悪い過程×悪い結果=失敗

    負けた時、ダメだったと落ち込むことは誰でもできる。しかし負けを、「意味のある負け」にするためには、本当に苦しい練習に耐え抜かなければいけない。適当にやって出た結果なんかに何の意味もない。だから僕は今日も苦しみ続ける。

    自分へのネガティブな評判に触れることで「この野郎、いつか分からせてやる」という感情が、身体の深いところから沸き立ってくる。

    ウルフルズ 「バカサバイバー」:入場曲

    大事なのは緊張感をなくすことではない。精神をおかしくさせるほどの感情とうまく付き合うことだ。

    弾けないバブルはないのだから、大事なのはいかに我を忘れず、己の価値を地道に上げていくかだと、身に染みて学んだ。

    必要なのはすべての行動の意味を間違えないこと。周囲の目を気にし、練習で恥をかけない選手はいつまで経っても強くなれない。

    周りが行く方にはもう美味しい果実は残っていない。誰もが見ていない裏山にこそ、人知れず足を踏み入れるべきだ。

    夢を軽々しく口にするのは詐欺と同じである。
    →はっきり言えば、夢や目標を達成しようとするのならば、地道に努力を続けるしかない。その上で、運や素質といった自分の努力以外の部分にも翻弄されながら、大半の人間が夢破れている。

    ◎こんな計算づくの僕を「夢がない」というのは結構だが、多くの夢を語る選手が僕よりも安く、弱いのはなぜだろう。

    どこまで守り、どこで攻めるか。自分の市場価値をいかに高めていくのか。そういったことを、自分自信を客観視しながら考えていかないといけない。

  • セルフブランディング。
    いかに自分を高く売り込むか
    セコンドの費用などもすべて自分で交渉

  • 独特な業界で、特異な存在として個性を発揮してきたことがよく分かる。ストイックというより本能か!?

  • チャンピオンの上から目線の自伝かと思いきや、良いも悪いも全て見せた生き様紹介のような本。

全29件中 1 - 10件を表示

青木真也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
瀧本 哲史
デール カーネギ...
伊賀 泰代
リンダ グラット...
佐々木 圭一
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

空気を読んではいけないを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空気を読んではいけないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空気を読んではいけないはこんな本です

空気を読んではいけないのKindle版

ツイートする