告白の余白

  • 150人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (25)
    • (21)
    • (11)
    • (2)
  • 28レビュー
著者 : 下村敦史
  • 幻冬舎 (2016年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344030329

告白の余白の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北嶋英ニ、26歳。
    都会への憧憬を持ちつつも高知で実家の家業である農業を継いだ。
    双子の兄、栄一は大学卒業後、家を出た。
    その兄が4年ぶりに家に戻って来た。
    兄は「土地を生前譲与してほしい」と言いだす。
    戸惑う両親。
    兄の真意は…

    舞台は京都。
    京都の本音と建前。
    現在はこれほどでもないと思うのだが…
    そんなことはないのかな?
    言葉の裏を読んで…
    と、思っていたらよくわからなくなる。

  • ある日、双子の兄が突然実家に戻り、農地の生前贈与を求める。しかし、期限までにある京都の女性がきたら土地を譲渡して欲しいとの遺書を残して自殺してしまう。弟の英二は兄がなぜ死んだのかを調べに京都へ向かうが。。。
    伏線に次ぐ伏線、京都の怖さをひたすら綴っているようで、なんかしっくりこなかった。それに加え、いくら双子でも・・・と。
    京都出身の友達がいないのでよく分からないが、地元の人が読むと、この京都(人)描写はどのように感じるのだろうか?

  • 京都を舞台としたミステリ。おそらく、他都道府県の人たちが思い描く「京都人」のイメージが過剰なほどに演出されているのだと思うのですが。とことん嫌というか怖いというか……いや、いくらなんでも京都人、ここまで根性悪くはないと思いますよきっと(笑)。
    生前贈与を受けた直後に自殺した兄の謎を探るため、兄と交流のあった女性に近づく双子の弟。兄と彼女の間に何があったのかを探るうち、彼女にも惹かれていく主人公。しかし次々にわきあがる疑念の数々。最後まで息の抜けない緊迫感が漂う一作です。
    絵に描いたような「京女」の京子のキャラがまあ凄い。だけど「京都」という土地柄に縛られ囚われる彼女の姿は哀しくも思えました。「伝統」といえば聞こえはいいのだけれど。やはり重たいものなのですね。

  • 京都の女に関わった故に自殺をした兄の過去を知るために京都に行った弟。そこには計り知れない京都女の怖さあった。物語と共に京都の文化や歴史が知れる。併せて京都弁の奥深さを楽しめる。
    結末はやや意味深に終わってしまうが、後は読者自身が考えるかもしれない。
    後半の物語の展開は十分楽しめる。お勧めの本である。

  • 京都(京都人)のいやらしさや、わかりにくさはそのまんまミステリーになるのね。
    対比的な立場で土佐人をもってきたところがなんともニクイね。
    ええ、どうせ単純明快ですわよ!

  • 読めば読むほど、京都が怖い。

  • 京都の歴史文化について、京都人目線での解説がわかりやすくてよかった。ミステリーとしてはなんというか、、、京都の老舗の娘に田舎の農地をあげるとか、仕事もなく病気の男の魅力とかちょっとずれてる感じがツラかった。

  • 4年間、旅に出ていた双子の兄・英一が帰ってきた。次男の英二が継いだ農地の半分を生前贈与してくれと迫る兄。両親も渋々承諾し、手続きが終わった直後、英一は自殺した。遺書に書かれた老舗和菓子店の一人娘、京子に会いに京都へ向かった英二は成り行きで英一に成り済ますが、本心を見せない京女に翻弄される。兄と京子の間に何があったのか?なぜ、兄は自殺しなければならなかったのか?英一の愛にはただただ重苦しさしか見出せず、京都の恐ろしさのみが残る作品だった。

  • また双子か。そんなに騙せるものかなあ。

    京都の女は怖いね。
    京都の文化歴史の知識満載。

  • 京女こはい。とてもこはい。

全28件中 1 - 10件を表示

下村敦史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
横山 秀夫
下村 敦史
池井戸 潤
東野 圭吾
葉真中 顕
湊 かなえ
恩田 陸
東野 圭吾
桜木 紫乃
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
三浦 しをん
湊 かなえ
吉田 修一
宮部 みゆき
柚月 裕子
下村 敦史
奥田 英朗
東野 圭吾
東山 彰良
有効な右矢印 無効な右矢印

告白の余白を本棚に登録しているひと

告白の余白を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

告白の余白を本棚に「積読」で登録しているひと

告白の余白のKindle版

ツイートする