宿命と真実の炎

  • 266人登録
  • 3.82評価
    • (16)
    • (47)
    • (27)
    • (3)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 貫井徳郎
  • 幻冬舎 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031081

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
東野 圭吾
東野 圭吾
長岡 弘樹
森見 登美彦
東野 圭吾
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
柚月裕子
辻村 深月
角田光代
東野 圭吾
宮部 みゆき
塩田 武士
貫井 徳郎
伊坂 幸太郎
柚木 麻子
池井戸 潤
米澤 穂信
西 加奈子
森 絵都
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

宿命と真実の炎の感想・レビュー・書評

  • 読み応えのある本だった。
    途中、犯行動機がちょっとな・・・となったけど、それも最後の2ページで「なるほどな・・・」と腑に落ちたし。
    この本では警察官を連続で殺害する犯人目線と、それを追う警察側の人間目線と両方向から描かれている。
    それはただ、犯人、それを追う側の2つだけでなく、警察側の人間の話もいくつかのパートに分かれ、元刑事の男性の話もそれに加わっている。
    そのせいで、どうにも話がこまぎれの印象になり、面白くなってきた・・・と思ったら他のパートの話にうつってしまうので読んでいてどうも入りこめない・・・というのがあった。
    さらに、犯人が特定されているのに、追う立場からするとそれが何故だかしっくりと当てはまらない。
    それがもどかしくもあり、興味を惹かれ面白くもあった。

    最初に殺されたのは白バイ隊員の男性。
    最初、それはただの事故で処理されていたが、その後、警察官が殺されるという事件があいつぎ、それも事件扱いとなる。
    事件を追うのはまだ若い女性刑事。
    やがて、事件の容疑者は挙げられるも、彼女はそれは冤罪では・・・?と疑いをもつ。
    彼女は事件を追う内にいきづまり、それを打開するために元刑事の男性に協力を求める。
    そして、ある冤罪事件にいきあたる。

    事件の犯人は警察に恨みをもつ若い男女。
    十八年前の冤罪事件と彼らの行為の関連はー。

    個人的に、好ましく感じられる登場人物が多かった。
    ある事情により刑事の職を辞さないといけなかった男性は誠実な人だと思うし、彼の兄も完璧な人間でいながら嫌味がなく、素直に人格者だと思える。
    主人公の一人である若い女性も優秀で正義感にあふれている。
    それなのに、自分の容姿にコンプレックスを抱き、上下関係が厳しく、男尊女卑な警察という職場で悩み、人間的に成長していく。
    彼女とコンビを組んだセクハラ上司も実は優秀で憎めない人間だし、お笑い芸人のような容姿でいて実はキレ者というエリート刑事も外内の差が見ていて面白い。
    他にも人間味のある上司やどんだけ本読んでるの?という偏屈っぽい古本屋のオヤジもいい。
    登場人物が完璧に生きていて、この世界って実在しているんじゃないか?と勘違いするほど。
    ・・・というか、読んでいる時には完璧にそうだと思って読んでいた。
    まるで、本を開いたら絵が立ちあがる絵本を読んでいるような感じだった。

    前に書かれた本に比べて、あまりえぐい事は具体的に書かなくなってるな~とは思ったけど、それも物足りないではなくて、上品に感じられたし、そういうのはどうでもいいやって感じられた。

    ほとんどないに等しいような細い線から犯人を挙げる刑事の執念や熱意。
    己の出世のためだけならそこまでできないのでは?と思った。
    ここで登場する刑事たちからは刑事という仕事に対する矜持、自身に対する誠実さが伝わってきた。

    この話、まだ終わってないように思う。
    元刑事の男性のこれから、女性刑事の今後の様子を見てみたいと思った。

  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
    連続して起こる警察官の死。警察への復讐に燃える幼馴染の2人。事件を追う女刑事。スキャンダルで警察を追われた男。事件自体についてはわかっていたはずなのに、最後の最後に呆然。
    あぁ、そういうことだったのか、と目まぐるしく頭の中を今までのストーリーがかけめぐる。
    読んでる途中の「すごく面白い」が最後に「めっちゃくちゃ面白い」に変わる。

  • 自分が正しいと思う事を貫けば必ず誰かは見ていて認めてくれる。

    誰も人を批判する資格なんてない。でも、人は誰かに批判されないといけない。だから、それは批判できる者が資格で批判するんじゃない。批判できる者の義務である。

    誰しもが自分の善良な心と組織という枠組みでの板挟みに悩むことがある。でも、自分がしている事で救われる人がいる。その事を誇りに思って生きる事は大事。

  • 「後悔と真実の色」続編。
    前作は警察官が犯人だったが、今回は被害者が警察官の連続殺人。所轄の女刑事が新しく登場するものの、登場人物は前作とほぼ同じなので、きちんと前作から読まないと、背景が分からない。
    前作で警察を辞めた西條だったが、敵対してたように見えた九係の村越や、機捜の綿引に引き込まれ、連続殺人事件の真相に迫っていく…真相に迫っていく過程は、面白かったし、犯人の正体も分かりそうで分からない、分かった時の衝撃もなかなか。そして、ラストの何とも救われない感じは、貫井作品ならでは。
    ただ、1つ、どうしても許せないことが…
    前半40ページぐらいで、刺殺された遺体の身元が指紋で照合できない件…警察官は指紋はデータベースに登録されてるんじゃないの???警察小説では定説だけど、それは風説???どうにも腑に落ちない感じが、最後まで続いてしまった。それ以外は前作より全然面白い!

  • 警察官連続殺人事件が発生。面子を掛けて犯人を捜す刑事たち。別の視点で捜査する女性巡査。犯行を重ねる犯人たち(冒頭から登場している)、更に女性スキャンダルで辞職した元刑事。それらの行動が短い章で区切られつつ平行して展開していく長編ミステリ。ややこしくなりがちだが、全く迷わず読み進められた。この著者の文章力は今更ながら見事。
    刑事や女性巡査が犯人にどう迫っていくか。警官殺害の動機は何なのか。名探偵と言われていた元刑事が事件とどう絡んでいくか。こういう様々な興味を持たせながら、著者はとんでもない大技も用意していた。久々に唸らされた。これは傑作。

  • いゃ~グイグイ引き込まれてしまいました(失礼ですが想定外でした)。面白かった。正直刑事物ってイマイチ食わず嫌いでした。▲曜サスペンス劇場的な呪縛にとらわれていたのかもしれません。理那の設定や感情の変化、強者刑事との関わり、そして謎解きの展開、、良かった。368以前なら顔を顰めたくなるところだが、理那も笑みで返した「はい、よろしくお願いします。こちらこそ、村越さんとまた組めて嬉しいです」。若干、動機に?がつくものの、それが逆に猟奇的なのかも?最後のどんでん返しにもやられた!前作も読っと

  • 途中でやめられなくなって夜更かししたのは久しぶり。登場人物が魅力的なので、読んでいて楽しいです。

  • 「後悔と真実の色」の続編。警察を追われた孤高の西條が出てくるが、多分主人公は女刑事高城。容姿に恵まれず、病気の父親を抱えて屈折した性格を持つ。かつての西條の同僚も登場。適当なベテラン村越、お笑い芸人みたいな三井、記憶力抜群の金森。特に、今回は村越がよくて、高城と組みながら上手く育てていた。事件内容も根深くて、確かに警察に復讐って突飛な流れだなーと思っていたら、最後の最後で裏があった。ほんの数ページまで気が抜けなかった。

    あらすじ
    かつて同じ交通課に所属していた警官が連続して殺害されたことがわかる。所轄の高城は、解決に向けて西條にアドバイスを求めに行く。一方、実行犯は、誠也とレイと呼ばれる人物らしい…。

  • 2017.9.4

  • 今年読んだ中で一番かもしれない。
    元々貫井さんのファンだが、ここ数年は正直、慟哭や愚行録、灰色の虹、プリズムほど感動したものが少ない。
    この本の元ネタの《後悔と真実の色》は読んでないけど話自体はすぐに引き込まれるので問題はない。

    さすが貫井徳郎というか、一見よくある事件と思いきや人間の闇を書かせたら本当にこの人凄いと思う。読んでる時から病みそうになるんだけどいつもその中毒症状が心地よくなってしまう。
    話の展開は普通だけどそこまで描く?っていう背景が好き嫌いはあると思う。でもとにかく面白い、一気に読んでしまった。

  • 前作同様、登場人物の状況を細かく描いて、なかなか真実にたどり着かないのですが、まあ、まあ、最後の最後でしたか!

  • 前作があるの知らないで、読んでしまった・・・
    きっと前作読んでおいたほうが楽しめるかと。
    こういう話にでてくる女性警察官って、たいてい美女だけど、いまいちな容姿というのが、斬新だ。

  • 「後悔と真実の色」も読んでみたい。
    高城理那が一緒に仕事がしたかったと思う元刑事、西條の話。

    真実シリーズ続きはないのかな?
    元刑事西條が今の仕事を辞め、何か始めようとしているのでその後が読みたいです。

  • 別々の事件に見えた警官殺し。実は冤罪を作り出した警察に対する復讐劇だった…。前作登場の西条をはじめとする懐かしい面々に加え新しいキャラである女性刑事が事件を追う。それぞれの人物を丹念に書き込まれ、錯綜しながらすっきり描かれたストーリーはさすがのできだ。ラストがちと寂しいというか残念というか…。それもねらいなんだろうけど。

  • 慟哭のレビューに同じく素晴らしい人物描写。失敗だったのは、「後悔と真実の色」を未読で読んでしまったこと。順番が逆になりましたが必ず読みたいです。

  • 面白かったんだけれど、
    う~ん、犯人の動機が納得できない
    って云うか…

    実は、もっと悲惨で
    「あぁ…こんなことがあったなら
    これだけの殺人事件を起こすのも無理はないかも…」
    と云う動機を想像していたんだけど、
    最後の最後まで、
    「えっ?このままなの?」

    …で、終わってしまったよ。

    未だ、
    『快楽のための殺人』
    …の方が、小説としては納得がいった
    と思う。


    前作(最後まで読んでないからわからないけど)
    で、「名探偵」と揶揄されるほどの閃きを持った優秀な刑事
    であったにもかかわらず、
    職を追われることになった西條
    が、今作でもその洞察力を発揮し、事件解決に大いに関与する。

    警察小説に、登場する女性刑事は、
    大抵、『美女』なんだけれど、
    この作品では、外見の魅力に欠ける所轄の刑事、高城理那
    が生真面目さと、地道に努力を重ねることで
    捜査一課の刑事の協力を得、西條からの強力なアドヴァイスにより、
    事件を解決に導いていく。

    その過程が面白かった。

    特に、捜査一課刑事、村越とのやり取りが
    なかなか微笑ましい。

    詳細は ⇒ http://noinu.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

  • 「後悔と真実の色」続編。スキャンダルで警察を追われてしまった西條が再び活躍です。
    起こるのは警官の連続不審死事件。一見解決したかに思えたその事件に疑問を感じる女刑事。そして事件を引き起こしている二人の人物。読者には犯人はわかっているのだけれど、事件の動機は一体何なのか、そして警察はその真相にたどり着くことができるのか、というどきどき感でぐいぐい引っ張られました。
    捜査する側と捜査の網から逃れようとする側と、どっちのパートもスリリングです。いったい犯人たちの過去に何があったのか、これはおいそれと推測できるものじゃなくって。何とも切ない……のだけれど。ラストでちょっと愕然。あああ、あの人が可哀想すぎる……!
    さて、「名探偵」として復活した西條の活躍も気になるところ。この後彼はどうするんだろうなあ。探偵として再出発とか?

  • 警察もの 登場人物多めで当然入り組んでいる
    信じたり裏切ったり、組織の裏側だったりで内容豊富
    最後の一節の所はそんな事じゃないかってストンって腑に落ちた

  • 後半の詰めがちょっと甘い。

  • 面白かった!前作の『後悔と真実の色』はイマイチだなとおもったのに、今回のはすごく面白かった。割とうまくまとめたな、とおもったけど、最後の最後に貫井さんらしさでてたのも良かった。

  • 事故死、自殺、他殺と不審な死をとげていく警察官たちの事件を犯人側と警察側からの視点で同時進行していくサスペンスミステリー。
    最初は緻密な計画で警察を翻弄していく二人の犯人に対して、どこから元刑事の西條がこの事件を崩していくのかと興味をそそられながら読んでいた。
    ある事件をきっかけに計画が崩れていくのだが、今までがあまりにも完璧だったので、こんな簡単に崩れるんだなと「完全犯罪」の難しさと犯人の人間味を感じていた。
    ・・・この時点までは。
    そこから犯人の事件への動機がわかっていくのだが、緻密で執念深い事件の割に随分と弱い動機だなぁと首をかしげていると、ラストを読んで、ああ、これが本当の動機なんだなとわかったときスッキリした反面、ある意味、犯人の一人にとっては「完全犯罪」だったのかも?と思うとその用意周到さと冷酷さに恐ろしさを感じてしまった。
    そして西條はこの後どうしていくのか続編が気になる終わり方だった。

  • +++
    幼い日に、警察沙汰で離れ離れになった誠也とレイ。大人になって再会したふたりは、警察への復讐を誓い、その計画を着実に遂行する。一方、事故か他殺か判然としない警察官の連続死に、捜査本部は緊迫する。事件を追う所轄刑事の高城理那は、かつて“名探偵”と呼ばれた西條の存在を気にしていた。スキャンダルで警察を去り、人生が暗転した男。彼だったらどう推理するのか―。
    +++

    殺人を繰り返す二人、所轄刑事と捜査一課の刑事の捜査を通して深まる信頼関係、かつてスキャンダルで警察を追われた元名刑事との出会い、などなど、展開が愉しみな要素が盛りだくさんで、序盤からページを繰る手が止まらない。だが、中盤以降、ほんの小さな引っ掛かりを見過ごさずに地道な捜査を続け、警察官連続殺人の真犯人にじりじりと迫っていくようになると、さらに興味を引き付けられる。そして、小さな蟻の穴から一か所が崩れ始め、雪崩を打つように真実に向っていく様子は、読むだけで興奮してくる。さらにラストで触れられた犯人の一人の胸の裡の思いを知って、背筋がぞくぞくする思いになったのはわたしだけではないだろう。じわじわと迫り、あっさりと裏切る手法は著者ならではだと思う一冊である。

  • 面白いのは面白かったのだが
    だんだん、後半になるにしたがって
    もうひとつ殺人に至る動機が…。
    こういうパターンも嫌いではないが
    もっと納得したかったなぁ。

  • 連続警察官殺し。犯人側の視点と捜査側の視点が交互に書かれており、倒叙小説ともいえる。二重の兄弟ものでもある。西條の兄が格好良すぎる。

  • 人間の心を捨ててもずっと一緒にいたかった。
    何が“警察官連続殺人事件"を引き起こしたのか?
    山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編。

    仕事にしがみつく女刑事と警察を離れた男の因縁。
    復讐だけを生きる糧にするふたり――。
    幼い日に、警察沙汰で離れ離れになった誠也とレイ。大人になって再会したふたりは、警察への復讐を誓い、その計画を着実に遂行する。
    一方、事故か他殺か判然としない警察官の連続死に、捜査本部は緊迫する。事件を追う所轄刑事の高城理那は、かつて“名探偵"を呼ばれた西條の存在を気にしていた。スキャンダルで警察を去り、人生を暗転させた男。彼だったらどう推理するのか――。

    宿命と真実の焔
    ブサイク アラサー 女刑事 高城理那
    父は元刑事 視力を失い 妻に先立たれ
    捜査一課 村越 軽い感じだが元刑事の西條に理那が相談していたのを隠してくれた
    ゲイの竹井英司 女装姿を義理の兄 吉岡俊道に片想いするOLに見られ殺害を指示して犯行が発覚
    俊道は自首し、刑事殺しを隠そうとするが失敗
    俊道は自殺を装い 名前を変えていた

    ゲイの刑事 小川殺害が英司の動機

    義理父の交通事故は義理兄をコントロールする為の動機づけ

    殺された3人の刑事は白バイ事故の捜査をした交通事故担当
    実刑を受けた教師の息子二人が復讐する動機が薄い
    一人は自殺 実は不幸な友人に自殺をさせて成り代わって生きていた
    弟は売り出し中のイケメン芸能人
    アリバイがある

    刺殺された刑事の部屋の本棚からゲイである事を西條が通う古本屋店主から教えられる
    TVで竹井英司を見てニヤリとした事から再捜査の決め手

    兄は万引をゲイの男に見られ脅されフェラを毎週させられいた
    美男子の弟がいるのがわかり、脅され5歳の弟にさせた
    父が交通事故で一家離散となりゲイから逃げられた
    弟への申し訳ない思いから、大人になりゲイね復讐 ナイフで刺殺

    弟と偶然会う 女装していた 自分のせいでこうなったとさらに落ち込む
    弟は当時付き合っていた男が義父の交通事故の捜査していた事を知る
    芸能人になるので別れを告げるが拒否
    兄が警察へ復讐するように洗脳

    逮捕されたが譲許証拠しかない
    服に殺した男のDNAがついていたので逮捕されたが付き合っていたと言えば助かる
    ゲイである事にばれるだけだ
    兄は絶対に話さない

全36件中 1 - 25件を表示

宿命と真実の炎を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宿命と真実の炎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宿命と真実の炎を本棚に「積読」で登録しているひと

宿命と真実の炎の作品紹介

幼い日に、警察沙汰で離れ離れになった誠也とレイ。大人になって再会したふたりは、警察への復讐を誓い、その計画を着実に遂行する。一方、事故か他殺か判然としない警察官の連続死に、捜査本部は緊迫する。事件を追う所轄刑事の高城理那は、かつて"名探偵"と呼ばれた西條の存在を気にしていた。スキャンダルで警察を去り、人生が暗転した男。彼だったらどう推理するのか-。

ツイートする