宿命と真実の炎

  • 306人登録
  • 3.85評価
    • (19)
    • (66)
    • (31)
    • (3)
    • (0)
  • 52レビュー
著者 : 貫井徳郎
  • 幻冬舎 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031081

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
柚月 裕子
東野 圭吾
塩田 武士
横山 秀夫
伊坂 幸太郎
平野 啓一郎
東野 圭吾
雫井 脩介
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
長岡 弘樹
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
中村 文則
宮下 奈都
米澤 穂信
宮部 みゆき
恩田 陸
池井戸 潤
角田光代
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

宿命と真実の炎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み応えのある本だった。
    途中、犯行動機がちょっとな・・・となったけど、それも最後の2ページで「なるほどな・・・」と腑に落ちたし。
    この本では警察官を連続で殺害する犯人目線と、それを追う警察側の人間目線と両方向から描かれている。
    それはただ、犯人、それを追う側の2つだけでなく、警察側の人間の話もいくつかのパートに分かれ、元刑事の男性の話もそれに加わっている。
    そのせいで、どうにも話がこまぎれの印象になり、面白くなってきた・・・と思ったら他のパートの話にうつってしまうので読んでいてどうも入りこめない・・・というのがあった。
    さらに、犯人が特定されているのに、追う立場からするとそれが何故だかしっくりと当てはまらない。
    それがもどかしくもあり、興味を惹かれ面白くもあった。

    最初に殺されたのは白バイ隊員の男性。
    最初、それはただの事故で処理されていたが、その後、警察官が殺されるという事件があいつぎ、それも事件扱いとなる。
    事件を追うのはまだ若い女性刑事。
    やがて、事件の容疑者は挙げられるも、彼女はそれは冤罪では・・・?と疑いをもつ。
    彼女は事件を追う内にいきづまり、それを打開するために元刑事の男性に協力を求める。
    そして、ある冤罪事件にいきあたる。

    事件の犯人は警察に恨みをもつ若い男女。
    十八年前の冤罪事件と彼らの行為の関連はー。

    個人的に、好ましく感じられる登場人物が多かった。
    ある事情により刑事の職を辞さないといけなかった男性は誠実な人だと思うし、彼の兄も完璧な人間でいながら嫌味がなく、素直に人格者だと思える。
    主人公の一人である若い女性も優秀で正義感にあふれている。
    それなのに、自分の容姿にコンプレックスを抱き、上下関係が厳しく、男尊女卑な警察という職場で悩み、人間的に成長していく。
    彼女とコンビを組んだセクハラ上司も実は優秀で憎めない人間だし、お笑い芸人のような容姿でいて実はキレ者というエリート刑事も外内の差が見ていて面白い。
    他にも人間味のある上司やどんだけ本読んでるの?という偏屈っぽい古本屋のオヤジもいい。
    登場人物が完璧に生きていて、この世界って実在しているんじゃないか?と勘違いするほど。
    ・・・というか、読んでいる時には完璧にそうだと思って読んでいた。
    まるで、本を開いたら絵が立ちあがる絵本を読んでいるような感じだった。

    前に書かれた本に比べて、あまりえぐい事は具体的に書かなくなってるな~とは思ったけど、それも物足りないではなくて、上品に感じられたし、そういうのはどうでもいいやって感じられた。

    ほとんどないに等しいような細い線から犯人を挙げる刑事の執念や熱意。
    己の出世のためだけならそこまでできないのでは?と思った。
    ここで登場する刑事たちからは刑事という仕事に対する矜持、自身に対する誠実さが伝わってきた。

    この話、まだ終わってないように思う。
    元刑事の男性のこれから、女性刑事の今後の様子を見てみたいと思った。

  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
    連続して起こる警察官の死。警察への復讐に燃える幼馴染の2人。事件を追う女刑事。スキャンダルで警察を追われた男。事件自体についてはわかっていたはずなのに、最後の最後に呆然。
    あぁ、そういうことだったのか、と目まぐるしく頭の中を今までのストーリーがかけめぐる。
    読んでる途中の「すごく面白い」が最後に「めっちゃくちゃ面白い」に変わる。

  • 自分が正しいと思う事を貫けば必ず誰かは見ていて認めてくれる。

    誰も人を批判する資格なんてない。でも、人は誰かに批判されないといけない。だから、それは批判できる者が資格で批判するんじゃない。批判できる者の義務である。

    誰しもが自分の善良な心と組織という枠組みでの板挟みに悩むことがある。でも、自分がしている事で救われる人がいる。その事を誇りに思って生きる事は大事。

  • 「後悔と真実の色」続編。
    前作は警察官が犯人だったが、今回は被害者が警察官の連続殺人。所轄の女刑事が新しく登場するものの、登場人物は前作とほぼ同じなので、きちんと前作から読まないと、背景が分からない。
    前作で警察を辞めた西條だったが、敵対してたように見えた九係の村越や、機捜の綿引に引き込まれ、連続殺人事件の真相に迫っていく…真相に迫っていく過程は、面白かったし、犯人の正体も分かりそうで分からない、分かった時の衝撃もなかなか。そして、ラストの何とも救われない感じは、貫井作品ならでは。
    ただ、1つ、どうしても許せないことが…
    前半40ページぐらいで、刺殺された遺体の身元が指紋で照合できない件…警察官は指紋はデータベースに登録されてるんじゃないの???警察小説では定説だけど、それは風説???どうにも腑に落ちない感じが、最後まで続いてしまった。それ以外は前作より全然面白い!

  • 「後悔と真実の色」続編。
    ミステリ部分としてはわりとわかりやすかった。動機がいまいち弱いなと思ってたんですが、ラストまで読んでああ、となりました。なんとなく感じていた違和感が氷解した感じ。当人は幸せなんだろうけど不憫。
    捜査の過程で前作の面々も登場します。高城と村越のコンビがよかったです。高城は生真面目で正義感が強い故に、男社会の壁に苦心し頑なになっている。捜査を進めていくなかで村越の手腕を認めて信頼関係を深め、成長していく様子がとてもよかった。高城は今後いい刑事になりそうですね。
    前作での西條の自己評価と他者からの評価のギャップの理由が、今作で出てきます。後悔を抱え、静かに慎ましく生きる西條のもとに訪れる変化。兄との会話や、高城の言葉、捜査に携わった際の懐かしい感覚ーー。古本屋の店主との会話や、その頼まれごとを解決していく過程もよかった。自分の心を整理して、新たな道を進み始める様子には、深い安堵を覚えました。ぜひその後のお話も読みたいです。

  • 前作があるのを知らず先に読んでしまったが、まったく問題なし。
    捜査の手がジワジワと犯人に迫っていく過程がおもしろくてやめられない。精神が崩壊していたのは誠也で、レイはサイコパスだ。彼らが白夜行の二人と重なって後味が悪いのだが、こういうやりきれない思いが残るエンディングは嫌いではない。
    一皮むけた感のある理那と、自分にしかできないことをしていこうと決めた西條の今後が続編につながるといいな~。

  • 「後悔と真実の色」の続編。
    警察官の連続殺人。しかも事故や自殺に見せかけ、当初は別々の所轄で処理されていたものが一本の線で繋がる高揚感。犯人は?動機は?推理していくワクワク感が止まらない。
    所轄の女性刑事理那が「女だからと舐められたくない」と肩に力が入りすぎていて可愛げがないが、コンビを組んだ警視庁の中年刑事との関わりの中で彼女が徐々に変わっていく過程が丁寧に描かれていていい。
    前作でスキャンダルにより警察をやめた西條が、理那と関わり事件解決の手助けをすることで、自分の今後の人生を見つめなおすところもさらなる続編を期待できてうれしい。
    こうした人間ドラマとしてはさすがの貫井作品で大満足なんだけど、ミステリーの部分は今一つで、ミスリードを誘う描写も割と簡単に推測できたのと、警察官をあれだけ殺害する動機が今一つ納得いかないのが難点。
    今度は西條の再生ドラマをじっくり描いてほしいなあ~。

  • 面白いんですが、
    真実からオチまで、ほぼ想像通りでした。

  • 一気読みでした。あの転換は見事で、唸りました。あんな動機で殺人?とは思いましたが、魔性のひとに操られたんですね。したたかなのはあの人だったんだ。

全52件中 1 - 10件を表示

宿命と真実の炎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宿命と真実の炎を本棚に「積読」で登録しているひと

宿命と真実の炎の作品紹介

幼い日に、警察沙汰で離れ離れになった誠也とレイ。大人になって再会したふたりは、警察への復讐を誓い、その計画を着実に遂行する。一方、事故か他殺か判然としない警察官の連続死に、捜査本部は緊迫する。事件を追う所轄刑事の高城理那は、かつて"名探偵"と呼ばれた西條の存在を気にしていた。スキャンダルで警察を去り、人生が暗転した男。彼だったらどう推理するのか-。

ツイートする