宿命と真実の炎

  • 62人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 貫井徳郎
  • 幻冬舎 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031081

宿命と真実の炎の感想・レビュー・書評

  • やーらーれーたー!怖い怖い怖い怖い!マジでぞわぞわした!貫井さん悪過ぎ!油断した私バカ!
    貫井さん大好きだし、この前作だって読んで、それは普通だなって印象だったけど、これはやられた!!
    警察官連続殺人事件を巡り、西條と若手女性警察官・理那を中心としたメンバーが活躍するミステリ。
    捜査側だけでなく、犯人側の心情にも重きを置いてるんだけど、まーそこが面白い!!
    犯人の葛藤、罪を犯すこと自体というより、共犯者に対する葛藤。巻き込みたくないのに、巻き込んでしまったという罪の意識。そして罪を重ねる犯人。
    自分の犯罪を隠蔽するために、関係のない人間まで殺害するって、もう十分人間の心失ってるがな…と思うんだけど。とはいえ慕ってきていた後輩を殺した後の葛藤を思えば、まだ人間なのか…。でも被害者を悪人に仕立てるのは許されんよ。
    そして「なるほど、全部つながったか。あー面白かった、これで終了…」と油断したその先!ラスト6ページの怖さ!
    理那が父親と気持ちを通じ合えたその温かいエピローグから一転しての、レイのエピローグ!
    貫井さん、やられましたわ…これは…。
    しかし西條のおかげで解決したものの、西條の存在感薄い…。

  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
    連続して起こる警察官の死。警察への復讐に燃える幼馴染の2人。事件を追う女刑事。スキャンダルで警察を追われた男。事件自体についてはわかっていたはずなのに、最後の最後に呆然。
    あぁ、そういうことだったのか、と目まぐるしく頭の中を今までのストーリーがかけめぐる。
    読んでる途中の「すごく面白い」が最後に「めっちゃくちゃ面白い」に変わる。

全3件中 1 - 3件を表示

宿命と真実の炎を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宿命と真実の炎を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宿命と真実の炎はこんな本です

ツイートする