多動力 (NewsPicks Book)

  • 823人登録
  • 3.62評価
    • (29)
    • (92)
    • (74)
    • (13)
    • (3)
  • 95レビュー
著者 : 堀江貴文
  • 幻冬舎 (2017年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031159

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
スティーヴン・ガ...
メンタリストDa...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

多動力 (NewsPicks Book)の感想・レビュー・書評

  • この人はブレないな。今まで何冊がホリエモンの本を読んできたけど、基本的に主張している内容はかわらない。時代のトレンドにあわせて表現をかえているだけ。今回も半ば同じ内容なんだろうなと思いつつ読んだら、やっぱり過去どこかで読んだことがある内容だった。それでも損した気分にはならなかった。
    この自信が満ち溢れた文章をアウトプットするホリエモンという存在自体が魅力的なコンテンツなんだろうな。

  • 要約:
    自分にしか出来ない仕事をやろう
    人に任せられるものはどんどん任せる
    完璧主義者ではなく、完了主義者になること
    メンヘラに付き合っても時間の無駄
    会議
     解決したい問題を明確にする
     必要な情報を集める
     感情論を廃しロジカルに判断する
    COMEHOME
     家事代行サービス2500/1H

    行動:
    自分のタスクを書きだす
     自分にしか出来ないこと以外は誰かに任せる

  • 全部自分でやらなければならないという思い込み。→自分じゃなきゃできないことをする
    原液を作って拡げていく

    仕事はリズム

    今の時間感覚を意識した仕事を。
    君の名は。に学ぶ

    多動力
    複数のことを同時に動かす

    三つの肩書きを持つ

  • 数多ある積ん読を追い抜いて読了。
    堀江さんの著作は鮮度が命で、今回もそれを痛感。

    すぐ前に読んだちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」で提唱されていた「超高生産性社会」にも通じる考えもあった。

    そして、何よりも、また背中を押されてしまった。
    私は、堀江さんがこの本で言う「小利口」の気があって、しかも役立たずの小利口だからもっとダメだ。

    バカになって、サルになって手を挙げよう。もう、いい加減。

  • 堀江氏も認めている通り、過去の著書や様々なメディアで語っている事のまとめの様な本です。

    しかし内容は示唆に富む点も多く、『いちいちごもっともです!』と唸らせられます。
    そして分かっている(共感できる)のに真似出来ないから、似たような内容の本を出しても売れるんでしょうね。
    英語の勉強系の本が売れ続けるように。。

    立ち読みで十分という意見もありますが、この手の本は何回も読んで堀江氏の提言を自分流に昇華できて初めて意味があるのだと思います。

  • ‪本屋に行ったら、ソファが空いてた‬
    ‪1時間ぐらいで読み終えた‬

    『3つ以上の肩書き』‬
    ‪私は会社員です…ってもはや通じません。
    仕事は〇〇をしていて△△な勤めています
    趣味として□□にはまってます
    家族とは××でよく過ごしてます
    ってだけで3つはある。
    自分は何かもう一度見返してみよう

  • 堀江さん自身も仰っている通り、過去の書籍やメルマガとかぶる部分は多く、目新しいものは少なめ。
    ほとんど同意見なのであえて違う部分も探すとするならさすがに大事な会議の最中にスマホいじることは相手への尊敬が足らないと思う。
    まあ、堀江さんはそれすらも超越してキャラクターに昇華しているということなのだけれど。

  • 2日で読み終われるけど、気づきの多い本。
    自分のために人生過ごさなきゃ損だよねっていうこと。

  • どの項目も納得でき、スッキリとする内容だった。
    ホリエモンの本は2冊目だが、自然とやる気がでてくる。
    何かモヤッとする、自分を変えたい、何か変化を起こしたい。少しでもそう思ってるなら今すぐ読んで欲しい。

  • 他からどう見られているかなどを気にするのではなく、自分がワクワクすることに自分の全ての時間を使うべし。

    多動力を持ち仕事をするために必要なこと。
    ・人に代替できる仕事はしない。
    ・原液を作る仕事をする
    ・無我夢中になる。なれないものはやめる。
    ・見切発車は成功のもと。
    ・教養を持ち、バカになる。
    ・質問力をつける →聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
    ・質問力を上げるために簡潔な文章、手短な話をする練習をする
    ・無駄な会議をなくすために →解決したい問題を明確にする、必要な情報を集める

  • 【心に残ったフレーズ】
    この一年で飽きてしまったことはいくつあるか?飽きるということは、慣れて、余裕が出てきたということだ。つまり、「飽きたことノート」は「成長したことようにノートだ」。

    【今日の学び】
    全ての、仕事をスマホで完結しよう。完結な文書を書く練習をしよう。

  • 仕事ができる人ほどレスが早いというのは、本当にその通りだと思う。心に留めよう。
    あと睡眠時間をかくほしてるのと、ものは持たずに身軽という点が意外だった。

  • ーーーーー山下2017/8/13ーーーーー
    【概要】
     多動力:いくつもの異なることを同時にこなす力のこと
    【評価】
     90点
    【共有したい内容】
    ・いずれはインターネットがすべての産業を横串で刺し、あらゆる仕事の基幹システムになるだろうなと確信した。
    その理由は、インターネットが『水平分業型モデル』だからである。あらゆる産業のタテの壁が溶けていく、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく越境者だ。そして、越境者に最も必要な能力が、次から次に自分の好きなことをハシゴしまくる多動力だ。

    ・3つの肩書きをもてばあなたの価値は1万倍になる
    まず、1つのことに1万時間取り組めば誰でも100人に1人の人材になれる。1万時間というのは、1日6時間やったと考えて5年間で、その分野に長けた人材になれる。ここで軸足を変えて、別の分野、さらに別の分野に1万時間取り組むことで100万人に1人の人材が誕生する。あらゆる産業のタテの壁が溶けた今、一つの肩書きにこだわっていてはいけない。

    ・見切り発車は成功のもと
    何かに向けて準備していることはないか?フルマラソンに出るために毎朝ランニングしてはないないか?準備している時間は無駄だ。今すぐ直近のフルマラソンにエントリーしよう。
    「準備が整ったらはじめましょう」を会議で言うのは禁止しよう。「とりあえず始めてみてあとから修正していきましょう」を口癖にしよう。

    ・飽きることは慣れて余裕が出てきたということだ。つまり、「飽きたことノート」は「成長したことノート」だ。

    【読んだ方がいい人】
     2年目以降
    【悪いところ】
     大事な会議でスマホをいじる勇気をもて、電話をかけてくる人間とは仕事をするななど、自分の時間を大切にするという趣旨の部分はそのまま取り入れることが難しい。
    1つの仕事に1万時間と、飽きることは成功のまと、という内容は矛盾がある気がする。飽きることは悪いことではないが、1つのことに5年間は取り組むことがプロになるには必要ということだろうか。
    【どういう時に役に立つか】
     将来について考えるとき、現状の仕事に不満があるとき
    【自由記述】
    飽きっぽいのはいいことだからとりあえず見切り発車でいいから興味のあることに取り組もう。自由に働こう的な内容。入社時からこの本を読むと単に空気が読めない自分勝手な人材が育つだろう。

  • ホリエモンのメルマガとかTwitterの発言を聞いていればある程度、そういうもんだよね。と思うが、それを知らない人からすれば「あり得ない」と思うことなのだと思う。

    会議で発言したことが一人歩きして、他の人を動かしたかどうか? これを今度の指標にしよう。

  • 堀江さんのビジネス感には圧倒されます。

    共感すること、お手本にするところ、それは違うんじゃないの?と思うところ。


    まるっと含めて、良いビジネス書だと思います。


    無駄だと思っていた時間からもたくさんの事が得られると思っている私には、少し厳しい一冊でした。
    いろんな人がいるから社会は成り立つのです。

  • ホリエモンが日常でやっている生活をハウツー本として書かれている。多動力。確かに日本人はコツコツとしてその分野を極めていく事が美徳としているんだろうなと思った。とにかくやりたいことをどんどんスタートしていく事が良いということかな。

  • 多動力、大事なポイントがそれぞれの項目の最初と最後にまとめられているので、とても実用化しやすい構成になっていると思います。内容は「ごもっとも!」と思うところ多々あり。ミーティングは出席している人たち全員の時間を拘束してることに気が付いていない私の職場。議論や情報共有してるけど何か?という考えのようですが必要のない話も多くて、ミーティングの時間×人数=拘束時間を考えれば簡単にもったいない時間だなあと結論が出るのにね。やっぱりこの人は尖がっているけどいろんな意味ですごい人だ。

  • 多動力。ホリエモンの最新著書。『たくさん動け、動いただけ、世界は広がる!人生が楽しくなるぜ!』『どうしたらそんなにたくさん動けるのか?』をまとめた一冊。
    自分の人生を楽しみ尽くすための自分本位の考え方をぶれずに貫き通してるのは、スゲーなーと思う。反面、他人から押し込まれる時間を許容することを是とせず、自分の好きなことだけに没頭すると、世界に偏りが出るような気もしたり。意思を持って他人の時間を楽しむって生き方があったも良いんではないかなー、なんて思うのでした。とは言え、学ぶことはたくさんあるので、バランス見ながら、真似ぶしていこうと思います!

    ・全部自分でやらなきゃいけない症候群になってないか。手作りより、冷凍食品のほうが、旨い。てを抜く勘所を磨け

    ・自己満足な完璧主義をやめ、完了主義を目指せ。さっさとやって、さっさと次へ。

    ・見切り発車は成功のもと。

    ・子供の好奇心を引き戻すバランス教育に疑問を持て。何でも平均点より、尖りを認める。突き詰めたことがあるという経験こそ大事。

    ・飽きた!は、成長の記し。飽きたノートをつけてみる。

    ・メールを送ったあとに、今メールを送ったからと電話をするバカ。発信履歴は、貴方が人の時間を奪った履歴と思うべし。ここだけは、コミュニケはフェイスtoフェイス派なので、ちと違和感あり。

    ・つまらん会議なら、恐れずにスマホをいじれ。時間を有効に使え。くだらん風紀委員の諫言に惑わされるな。

    ・付き合わない人を決める

    ・スマホ時代の時間感覚を理解せよ。数分の待ち時間をすら惜しむ世代。回りくどさは厳禁。時間単位を短くする。

    ・貴方の発言が独り歩きして、多くのひとを動かすことを意識せよ。

    ・惰性と慣習、組織の同調圧力に流され、時代にそぐわない仕事のやり方をしている人が多すぎる。

    ・大量な仕事をさばくコツは、速さではなくリズム。リズムを乱す雑音はシャットアウトせよ。

    ・トリアージのイメージで、優先順位を即断即決していく。

    ・超過密スケジュールを立ててみる。

    ・睡眠は人生を充実させるための最優先事項。

    ・恥をかくだけ自由になれる。

    ・小利口はバカに勝てない。小利口があれこれ考えて行動を起こせないうちに、手を挙げるバカがチャンスをモノにする。いつも一番に手をあげるバカになれ。

    ・永遠の3歳児であれ。好奇心に満ち溢れ、なんでなんでの疑問を持ち、さっさと行動を起こす3歳児こそが、多動力のお手本。

    ・資産が人を駄目にする。リソースをいかしてと考えるがために、やりたいことが出来ないのでは本末転倒。リソースを一旦手放して、やりたいことを素直にチャレンジする。

    ・人生に目的なんてない。今を楽しむことに集中せよ。

  • 色んなことを目まぐるしくやるには、
    どういった考え方が大切かをまとめた本。

    読んでいて思ったけど、
     とにかくやってみる
     無駄なものは無駄なものと切り捨てる
     話すときの前提をしっかり持って会話する
     恥ずかしいと思う感情を捨て去る
    が欠けていると動くのが鈍ると思った。

    特に3, 4番目が出来ていない人はすごく多い。

    あと1つ目も多いかな。
    全部そろわないと動けないのか?すごくのんびり
    仕事している人がいるけど、全部そろうなんて無いし、
    ざっくりこういうことが出来ればってのを出して、
    足りない部分をディスカッションしてブラッシュアップ
    すればよいと割り切ってしまえば、そんなに時間は
    かからないのではないかと思う。

    ディスカッションしてフィードバックが無いのなら、
    そもそもそのディスカッション自体やらなければよい。
    聞いても無駄なんだから、聞く人を変えるしかない。

    ズバズバ言ってるけど、
    的を射てるからスラスラ読めた。

    【勉強になったこと】
    ・「嫌だと思ったらやめればよい」という姿勢で
     何事にも挑戦していくこと。
     ⇒やめても他にやることは必ず見つかる。

    ・無駄な会議を止める3原則
     ①解決したい問題を明確にする
     ②必要な情報を集める
     ③感情論を排しロジカルに判断する

    ・多動力を身につける一番大切なことは、
    「自分の時間を取り戻す」こと。

  • 堀江さんご自身も言っているが、これまで語られてきたことのまとめの内容に近しい。あまりNewなことはなかったと思いました。

  • いろんな価値観や考え方が目まぐるしく変わっていく。

    そういう現代において、
    ”石の上にも3年”
    という考え自体通用しない時代になるのかもしれない。

    それ以外にも、いろんな多様性を持つべきだと感じさせる
    ような内容多々。

    ただ何にも分かっていない若者がいきなりあれを読んで
    世に出て活躍…っていうのはどうかな。

  • 【仕事を全部スマホでやってみたくなる】
    仕事の速さはリズムらしい。効率的に仕事を終わらせるために何が必要なのかを自分ごととして捉えて考えよう。

  • 革命ですね。今の日本社会を根本から覆してます。バブル世代からみたら革命ですよ、本当に。私達からは挑戦くらいかもしれませんが。

  • おもしろいがホリエモンらしい、という感じ。
    会社でブレブレの新卒に勧める本、というよりはプロジェクトを掛け持ちしているようなベテラン・働き方を確立している層に読ませたい。考え方が育っていないと勘違いしそう。

  • 立ち読みでざっくりと!自分は自分と思うことが大切だなと。

全95件中 1 - 25件を表示

多動力 (NewsPicks Book)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

多動力 (NewsPicks Book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

多動力 (NewsPicks Book)を本棚に「積読」で登録しているひと

多動力 (NewsPicks Book)のKindle版

ツイートする