多動力 (NewsPicks Book)

  • 1413人登録
  • 3.66評価
    • (70)
    • (165)
    • (124)
    • (34)
    • (4)
  • 186レビュー
著者 : 堀江貴文
  • 幻冬舎 (2017年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031159

多動力 (NewsPicks Book)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ‪本屋に行ったら、ソファが空いてた‬
    ‪1時間ぐらいで読み終えた‬

    『3つ以上の肩書き』‬
    ‪私は会社員です…ってもはや通じません。
    仕事は〇〇をしていて△△な勤めています
    趣味として□□にはまってます
    家族とは××でよく過ごしてます
    ってだけで3つはある。
    自分は何かもう一度見返してみよう

  • この人はブレないな。今まで何冊がホリエモンの本を読んできたけど、基本的に主張している内容はかわらない。時代のトレンドにあわせて表現をかえているだけ。今回も半ば同じ内容なんだろうなと思いつつ読んだら、やっぱり過去どこかで読んだことがある内容だった。それでも損した気分にはならなかった。
    この自信が満ち溢れた文章をアウトプットするホリエモンという存在自体が魅力的なコンテンツなんだろうな。

  • ・肩書きがひとつしかない人は今の時代生きて行けない
    ・時間をかければクオリティが上がる真心が伝わるというのは嘘。自分がやらないことを決めるのが大切
    ・大事なことは見切り発車でいいからやってみる。準備にあまり時間をかけすぎるな
    ・サルのようにハマり鳩のようにあきよ。何でも本気でやって80点にするのはできるが、そこから100点にするのは超大変。そこまで行く必要ない、80点をたくさん増やそう。没頭力が何より大事。
    ・多動でいるには1日の中でワクワクしない時間をへらすことが大事。体感時間の長い時間を減らす。他人の時間だなと思えば自分の時間に引き戻す行動をする
    ・相手の時間を奪う同期的なコミュニケーションは悪、非同期コミュニケーションをせよ
    ・時間感覚が短くなっている時代なので、打ち合わせは1時間みたいな謎の固定観念を外せ
    ・原液を作り出せば一人では到底できないような仕事ができるしいろんなものを動かせる。自分の行動発言が一人歩きして物事が動いている状態をつくる
    ・原液を作るには教養が必要、わからないことはどんどん聞く、聞くことを恥じないそもそも恥じたところで周りの人は気にしていないし覚えていない。学ぶことはとことん掘り下げる
    ・最初に手をあげるバカになれ。AI時代に小利口なやつの仕事はどんどん代替されていく。最初の一言アクションができるやつの存在感は上がって行く。人のモチベーションはAIでは持ち得ないもの
    ・毎日予想できない予定を入れる
    ・永遠の3歳児たれ。ネオテニーであれ。人はみなもともと好奇心旺盛で、何かをやっていてもすぐに気が散ってあれやこれやに行ってしまう。しかし大人になるにつれてルールに縛られその好奇心がなくなる。60代でも新しいことにワクワクしている人は元気だし輝いている

  • 数多ある積ん読を追い抜いて読了。
    堀江さんの著作は鮮度が命で、今回もそれを痛感。

    すぐ前に読んだちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」で提唱されていた「超高生産性社会」にも通じる考えもあった。

    そして、何よりも、また背中を押されてしまった。
    私は、堀江さんがこの本で言う「小利口」の気があって、しかも役立たずの小利口だからもっとダメだ。

    バカになって、サルになって手を挙げよう。もう、いい加減。

  • 要約:
    自分にしか出来ない仕事をやろう
    人に任せられるものはどんどん任せる
    完璧主義者ではなく、完了主義者になること
    メンヘラに付き合っても時間の無駄
    会議
     解決したい問題を明確にする
     必要な情報を集める
     感情論を廃しロジカルに判断する
    COMEHOME
     家事代行サービス2500/1H

    行動:
    自分のタスクを書きだす
     自分にしか出来ないこと以外は誰かに任せる

  • テンポよくすぐに読み終えられるのがいい。まさに「多動」のリズムの中にこの本を読む時間を取れるようになっている。シンプルにわかりやすく、必要なことが書かれていてよかった。すぐに取り入れられる行動項目もある。短時間で読めて収穫が大きかった。

  • 20171119


    ホリエモンの本はほぼ読んでいるが、良い意味で言っている事はいつも一緒。

    一度限りの人生。他人の目を気にせず、好きな事を思いっきりやってみる。とにかく行動あるのみ。

    いつも考えさせられる。

    少しずつでも行動出来ているだろうか…


  • 夫が新聞広告で見つけて図書館で予約していたので、ついでに私も読んでみました。

    ホリエモンの著書は初めて読んだのですが、もう若くもないのにいつまでもとんがっててびっくり。幼い印象を持ちました。
    謙虚さがなければ最終的についてきてくれる人はいなくなるよ、と言ってあげたい(笑)。聞く耳持たないでしょうけど。

    とはいえ、極論を言っているだけで方向性は共感出来ることもけっこうありました。
    この時代に多動力が大事なのはわかるし、人間は加齢ではなく新しいものに興味が無くなった瞬間に老いが始まる、なんていうのもそうそう!と思ったし。

    でも、ホリエモン節は疲れるので、他の本は読まない、かな。

  • ホリエモンの本はどれを読んでもだいたい同じことが書いてあるような感じていたけれど、ホリエモン自身も「本なんて自分がこれまで言ったことや書いたことを編集し繰り返しただけに過ぎない」と言っているから、これもまたホリエモンの「想定内」なのだろう。

    本書のメインの主張からはズレるのかも知れないけれど「仕事で大切なのは早さではなくリズム」という主張には強く同意する。

    早さよりもリズムを最も重要視して仕事することで、結果的にスピードと質の両立した最も生産的な仕事になると自身の経験からも感じる。

  • 多動力とはその名の通り、一度にたくさんの物事を動かす力。それが現代社会に必要である。
    もっとできるようになりたい、と思ったときに、考えるのではその時間がどんどん無駄に過ぎてしまう。そんなときにすぐに行動に起こせば良いことが詰まっている一冊。
    ・見切り発車でも始める。
    ・物事を簡潔にまとめる力、手短に話す力を身に付ける。
    ・問題解決に当たっては、解決したい問題点を明確にし、情報を集め論理的に判断する。
    ・リーダーはバカになってやりたいことにひたすら進み、周りにフォローしてもらう。
    ・新しいことに興味を持ち、子どものような成長を続ける。
    あたりがとても心に残り実践していきたいと感じた。

全186件中 1 - 10件を表示

多動力 (NewsPicks Book)のその他の作品

多動力 (NewsPicks Book) Kindle版 多動力 (NewsPicks Book) 堀江貴文

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
佐々木 圭一
メンタリストDa...
スティーヴン・ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

多動力 (NewsPicks Book)を本棚に登録しているひと

多動力 (NewsPicks Book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

多動力 (NewsPicks Book)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする