ブクログ大賞

読書で離婚を考えた。

  • 128人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 幻冬舎 (2017年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031340

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
夏目漱石
平野 啓一郎
柚木 麻子
又吉 直樹
森見 登美彦
辻村 深月
米澤 穂信
今村夏子
スティーヴン・ガ...
エラ・フランシス...
米澤 穂信
宮下 奈都
今村 夏子
有効な右矢印 無効な右矢印

読書で離婚を考えた。の感想・レビュー・書評

  • SF作家・円城塔とホラー作家・田辺青蛙の夫婦間で相互理解を深めるべく、相手から出された課題図書を読み、感想文と次の課題図書を書いていく、という…なんだろう、リレー形式の…夫婦間書評?
    うん、ハラハラした。これは相手からのメッセージ(要求)なのか…?という疑心暗鬼と謝罪と開き直り、訂正と通じ合わない意図、趣味嗜好。
    だいじょうぶ!?なんかこわいよ!?というかそもそもこの二人、どうして結婚に至ったのだろう…?という気持ちになってくる不可思議。こんなに読書の趣味が合わなくても結婚てできるのだなあ。
    うーん、おそらく「相互理解を深める」という前提についてもうちょっと話しとくべきだったのでは。やってる間はこの仕事についてお互い話さないってルールも厳しいなあ。まああんまり話されても読者が蚊帳の外になっちゃうから難しいけども。
    紹介される本自体はどちらのものもなかなか興味深いものが多くて、読んでみたくなった。

  • 夫婦間でそれぞれ課題図書を出して互いにレビューをしあおう!という企画が、徐々に互いの不和を招き…という内容なんだけど、『離婚を考えた』は、まあ、間違ってはいないんだけどやや過大広告感は否めないかな。もっと殺伐とするのかと思ったけど、そこまでじゃなかった。
    ただ、企画の趣旨に忠実に、「相互理解」のために選書をする円城氏に対し、その場その場で適当に選んでるとしか思えない田辺氏。円城氏に徐々に苛立ちが募っていくのが面白いです(脚注のツッコミがまた面白い)。
    明らかに××を選んでる…とか、俺でも気づいたのに(笑)
    しかし、互いに守備範囲が全く違うので様々な本が選ばれて面白いです。ただやっぱりレビューの能力は圧倒的に円城氏の方が上かな。芥川賞作家は伊達じゃない。気になる本はぜひ読んでみたいところ。
    目次を見ればわかるけど、まさか最後の一冊に『アレ』が選ばれるとは。そしてその円城氏レビューが読めるとは。もうそれだけで田辺さんグッジョブ!って感じです。

    同じようなことをやってみたくなるけど、想像しただけで疲れるなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

読書で離婚を考えた。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

読書で離婚を考えた。を本棚に「積読」で登録しているひと

読書で離婚を考えた。はこんな本です

読書で離婚を考えた。のKindle版

ツイートする