革命のファンファーレ 現代のお金と広告

  • 661人登録
  • 4.19評価
    • (70)
    • (57)
    • (18)
    • (5)
    • (4)
  • 80レビュー
著者 : 西野亮廣
  • 幻冬舎 (2017年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031555

革命のファンファーレ 現代のお金と広告の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。
    時々「ん?」て思うことはあったけど、論理の飛躍とか細かいこと気にしてたら、大きさ的にもスピード的にも、この方のような行動は出来ないのだろうなぁとも思った。

    他方で、とりあえずデカイことやってみる、とかではなく、行動の裏で緻密な計算をしっかりされているのがすごい。

    行動の連鎖。
    圧倒的努力。

    とても勉強になりました。

  • ただの芸人の本と思っていたら、大間違い。中身は現代のビジネスのやり方について書かれている。クラウドファンディングやフリーミアムなどの手法も実際に使用している。

    ・好感度と信用は別物。不味いものを美味しいと言えば、好感度は上がるが、信用は下がる。嘘をつくとすぐばれる。信用を蓄えろ。確かにキンコン西野は好きではないが、言いたいことを言っている人のこの本は面白そうだったから買ってしまった。

    ・決定権は覚悟だ。新人であろうと決定権はある。

    ・一歩踏み出せないのは勇気があるか無いかではない。情報量がないだけである。とりあえず調べて、情報量を増やせ。

    ・「最近の若者は・・・」というが、僕たちは生きている。スケールダウンしていく生物が生き残るわけがない。年下はアップデートされているという目で見た方がいい。

    ・「えんとつ街のプぺル」絵本の無料公開は、計算が尽くされた結果だった。絵本はネタバレして、良いものであるか確定してから購入する。また、絵本の価値は、webではなく物質の本であることが価値がある。

    ・フリーミアムによってマネタイズのタイミングを後ろにずらすことで、可能性が広がっていく。無料にすることでマーケットとの接点が増え、可能性が広がる。そして、無料公開の世界が進むほど、実力がばれる。いいものは売れ、ダメなものは実力がばれて淘汰される。

  • 西野さんの本を読むのは、実は初めて。
    ブログの40ページ無料公開を見て、面白すぎて40ページ読み切る前に電子書籍で即購入。
    ビジネス書だけど、すごくストレートな言葉でシンプルな説明だからすごくわかりやすい。
    個人でモノを作って売るという、小さいながらもビジネスをしている身としては非常に生々しくタメになる話ばかり。
    しかも、嬉しいことにかなり具体的。すぐに行動に移せる。
    読んでいて仕事のアイデアが止まらなかった。やりたいことがどんどん生まれてくる。
    これから近いうちに読み返して自分のものにしていきたい。
    今このタイミングで、この本を読めて本当に嬉しい。
    もっともっと、頑張りたい。
    まだまだやれるなっていう手応えがある。
    西野さんありがとうーー!!!

  • 独特の感性なので、賛否両論でるのは当然。すべてが正しいとは思わないが、共感できることもたくさんある。例えば必要なものはポジティブシンキングではなく、ロジカルシンキング。一人一人の論理があるから当然。

  • なんか威圧的な文章で疲れた。

  • お笑いの人というイメージしかありませんでしたが、絵本作家という畑違いでヒットを飛ばし、しかし、その裏では緻密なプランを立てて成功に導く。この辺の考え方はビジネスにも応用が効くであろうし、単に芸能人という枠を超えて、実力を感じさせる。また、人と違う事を躊躇なく実行できるところは、見習う部分でもあるのでは。

  • まず行動してから、実績をベースに書かれているので説得力がすごい。
    自分もなりたい未来をイメージしながら逆算して行動に移さねばなと、、
    個人的に最後の一言「頑張ってください。応援しています。」がなぜかすごく刺さりました。

  • 西野氏らしい切れ味の鋭いマーケティング論が相変わらず痛快。前著「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」で語られていたマーケティングに関してよりフォーカスし、アップデートされている。

    メディアのソーシャル化とクラウドファウンディングなどの新しい経済圏の台頭によって、「信用」が「お金」になる「信用経済」がやってくると言うのがメインテーマ。

    今の時代の気分に合致した「正論」で展開される論理と、その理論を実証したアクションがセットになっていて、かつそれらが西野氏らしい読みやすい文章で綴られているので、個人的にはすごく腹落ちしやすかった。

    この本は「今」読まないと意味がないと思うので、マーケティングに少しでも関心があるなら絶対読むことをおすすめします。

    自分が企業のマーケティング担当なら、この本読んでないマーケティング会社の担当とは仕事したくない、って思うくらい重要な考え方のエッセンスが詰まってるなあと思った。


    ※以下、個人的に残った点の羅列。
    ・作品の無料化が進み、エンタメ業界は完全なる実力社会になる
    ・信用持ちは現代の錬金術師
    ・消費者はお金は持っているけど、お金を出す「キッカケ」がないだけ。キッカケとは自分にとってメリットがあること
    ・お客さんを動かすには《後悔の可能性を》取り除いてあげることが重要
    ・読書が得意な人間には職業がなかった。それを職業にできるのがしるし書店
    ・行動することに勇気は必要ない。必要なのは情報だけ。

  • マーケティングのお手本になる。
    頭の良さも勿論ですが、時間をかけて人の心理に基づいたマーケティングをしているなと感心しました。
    最後のあとがきでは、そんな西野さんの心の声が書かれているような気がしました。
    お手元に一冊置いておきたい本です。

  • ブログをいつも読んでいるので、わかっているつもりではいたけど、これほど人の心理を見透かしていて、これほどロジカルに戦略を立案実行する人だとは思っていなかった。

    クラウドファンディングをはじめとして、ツールの真理を完全に把握した上で、試行錯誤を繰り返して自分のものにされている。

    いろいろと参考にさせていただきます!

全80件中 1 - 10件を表示

西野亮廣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
恩田 陸
平野 啓一郎
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
又吉 直樹
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

革命のファンファーレ 現代のお金と広告を本棚に登録しているひと

革命のファンファーレ 現代のお金と広告を本棚に「読みたい」で登録しているひと

革命のファンファーレ 現代のお金と広告を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

革命のファンファーレ 現代のお金と広告を本棚に「積読」で登録しているひと

革命のファンファーレ 現代のお金と広告のKindle版

ツイートする