生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉

  • 72人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 日野原重明
  • 幻冬舎 (2017年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031722

生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「人間は弱い。死ぬのは僕もこわいです。」105歳の医師、日野原重明氏が、死の直前まで語った、希望と感謝の対話20時間越。最後の力を振り絞り伝えたかった言葉とは。生涯現役、渾身最期の一冊。 「死ぬのは僕でも怖いんだよ。」だからこそ、朝起きて自分が生きていることが、心から嬉しい。105歳になっても尚、僕にはまだ自分でも知らない未知の自分がたくさんあると感じているのです。 今、最後の力を振り絞って私がしたいのは、あなたとの対話です。人生の中で、いつも私と共にあったのは言葉でした。 私が言葉によって支えられてきたように、迷い傷ついたあなたへ、私の最期の言葉を伝えたいのです。(本書より抜粋) 2017年7月18日この世を去られた日野原重明さん。2016年年末からはじまった本書のインタビューは、亡くなる直前まで、時にはベッドに横たわりながら20時間以上行われました。言葉を軸にしながら、死と生、病と健康、出会いと別れ等々、人生の深淵について語ります。 【本書の内容】 第1章 死は命の終わりではない 第2章 愛すること 第3章 ゆるすことは難しい 第4章 大切なことはすぐにはわからない 第5章 未知なる自分との出会い

  • お亡くなりになってから日野原先生に関心を持ちました。
    信念を持っている人は強い。
    自分はここまでだ、と決めつけてはいけませんね。

  • 読んでいて、元気になっていく。不思議な本でした。
    内容が対話形式のためか、日野原さんとお話しているような感覚でスラスラと読み進めることができました。
    本当に、105年生きた日野原さんが遺したかった内容だったのだと思います。
    心が疲れた時に読みたい本です。

  • 「人間というものは、苦難にあわなければなかなか目が覚めない。」
    毎日を楽しく過ごしたいってよく言うけど、果たしてそれは本当か。苦しさや困難があるからこそ今がもっと輝くこともあるのだと共感できた。

  • 意外なのは著者も死を恐れていたこと。冒頭の文が印象的でした。

  • 命とは「使える時間」のこと。
    子供のうちは自分のために命を使い、大人になったら、自分だけでなく誰かの為にも
    命を使う…という言葉に共感。

  • 「これだけはやりたい」と応じたインタビュー、最後の言葉。
    読んでいるだけで、日野原さんの温かさ、クリアさが伝わってくる。喜びと感謝、大切なものは目に見えない、というメッセージ強く受け取りました。

全11件中 1 - 10件を表示

日野原重明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
リンダ グラット...
佐々木 圭一
又吉 直樹
原田 マハ
村田 沙耶香
石原 慎太郎
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉を本棚に「積読」で登録しているひと

生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉のKindle版

ツイートする