たゆたえども沈まず

  • 1049人登録
  • 4.19評価
    • (55)
    • (68)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 65レビュー
著者 : 原田マハ
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031944

たゆたえども沈まずの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 原田マハ本領発揮の、美術をテーマとした長編。
    ゴッホが日本の浮世絵を愛していたことから、日本人の画商2人と、ゴッホの兄にして画商・テオと、そしてゴッホの絆を描いたストーリー。
    『さよならソルシエ』読んでいたから、だいたいの空気感がわかるのが良かった。

    今やん百億円という値段がつく絵画が、なぜ当時はまったく売れなかったのか。
    ただただ不思議。
    でもゴッホにしたら、異国で自分が憧れる国の人と出会えたら、それはすごーく素敵な話だなあ。
    なによりあのゴッホを、現地で日本人の友人が抱えていたかもしれないって、すごくロマンがある。

  • パリはたゆたえども沈まず。
    フランスを舞台に、ゴッホ兄弟と、浮世絵を世界に紹介した林商会を描く小説。
    一心同体とでもいうべき兄弟の強い繋がり。しかしそれはお互いを救うための力にはならなかった。兄はどうすれば生き延びることが出来たのか。弟はどうすれば兄を活かすことができたのか。答えのでない哀しい物語。
    いやしかし何でこれで直木賞候補にあがらなかったのかなあ。

  • ゴッホの弟テオの兄を思う気持ちと,美術商人林忠正の戦略とが軸になって,ゴッホが漂っているような印象.林忠正の番頭のような立ち位置の重吉の善良さが作品を語っている.本当のところはどうだったのだろうと想像してしまった.

  • 2017.11.23.パリで一から画商の道を歩みジャポニスムの嵐を巻き起こしている林忠正、彼を慕って日本からやってきた加納重吉。六人兄弟の三番目として生まれ、画商として家計を支えるテオドール・ファンゴッホ。その四歳上の兄は後世に名が残る名画家フィセント・ファンゴッホ。二組は数奇な運命の元出会い、お互い影響しあっていく。
    何回かいったゴッホ展で解説などで知っていた断片的な知識が繋がっていくのを感じ、面白く読んだが、物語はいつ始まるのか…と思いつつ消化不良で終った感がある。ストイックな画商林忠正はゴッホをどう捉えていたのか、最後までわからなかった。おそらく、来年早々の直木賞にノミネートされ、とるのではないかと思われる力作だが私としてはいまひとつのままで終ってしまい残念である。
    浮世絵が西洋絵画に与えた影響が非常に具体的に描かれており、興味深かった。浮世絵を観る指標になった。

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする