たゆたえども沈まず

  • 593人登録
  • 4.21評価
    • (11)
    • (19)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 原田マハ
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031944

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

たゆたえども沈まずの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • ゴッホ激動の半生とそのゴッホを最後まで支え続けた弟テオと、ヨーロッパにジャポニズム旋風を巻き起こした林忠正の関係を書いた話。
    ゴッホだけでなく前衛派と言われる画家達の絵が日本の浮世絵に影響を受けていたなんて全く知らなかった。
    林さんの働きがなければゴッホ達の素晴らしい絵は無かったかも知れないと思うとなんとも言えない。
    そして今で言えばゴッホと名前を出すだけであの画家ねーとすぐ分かる有名ぶりなのに、ゴッホの生きた時代は彼を全くもって認めなかった世の皮肉。
    浮世絵も日本人からすればただの落書き程度が、ヨーロッパで認められた途端に高い価値があると言い出して、日本美術の素晴らしさを広めた林さんを逆賊扱いする皮肉。
    時代の波と言うのは本当に人の力ではどうにもならない動きをするものだなとしみじみ思った。
    この話を読んでからゴッホを見たら、きっとただ絵を見に行くよりもっともっと深く心に響く鑑賞になると思う。

  • 頭の中からフィンセント・ファン・ゴッホと
    弟のテオが消えずに、忘れられずに
    他の本を読む気になれない
    ずっとずっと余韻が続いている
    どのように死んでしまったのか
    有名な話だったので、知っていただけに
    読み続けるのも苦しかったけど
    忘れられない小説となった

  • 2017年11月12日読了。

  • 悲しくて悲しくてたまらない。

  • 原田マハさんの美術シリーズ
    やはりこのタイプの小説が私は一番面白く、途中で読むのを止められない

    ゴッホとテオの話は色々な文章で読んでいるが、
    (どこまでがフィクションかは分からないけれど)若い日本人たちが深く関わっていたという事は知らなかった

    天才ゆえに苦しんだ兄とそれを支えるために生きた弟
    悲劇的な最期を迎え、生きているうちに一枚の絵も売れなかったというゴッホと後を追うようにこの世を去ったテオ

    二人にしかわからない愛憎があっただろうが、素晴らしい作品を数多く残して生き抜いた二人。

    あの独特の筆致、誰にも真似のできない絵画が今も世界中で愛されていることを天国できっと二人で喜んでいるのではないか。

    そして改めて、鎖国であまりほかの国の影響を受けずに育んだ江戸文化の素晴らしさも再認識した

たゆたえども沈まずのKindle版

ツイートする