たゆたえども沈まず

  • 1061人登録
  • 4.18評価
    • (56)
    • (67)
    • (27)
    • (1)
    • (0)
  • 65レビュー
著者 : 原田マハ
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031944

たゆたえども沈まずの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フィンセントファンゴッホ。ぞっとするほど、すごい画家だ。
    史実と想像が交じる原田作品の醍醐味は健在。とても面白かった。
    「たゆたう」という言葉が好き。意味もいいけど、響きが好き。

    パリで日本美術の為に戦った男、林忠正。どれだけの悲しみ、苦しみ、悔しさをセーヌ川に捨ててきたんだろう。本当の厳しさを知っているから、本当の優しさがわかるのだと思う。ここぞという時の林の優しさに救われる。
    最終章を読んですぐ、最初の章を読み返す。ゴッホ研究家の答えが最初に読んだ時よりずっとずっと寂しく感じた。

    テオという人物にはずっと興味があった。変わり者のゴッホをあそこまで支えたテオとはどんな人物か。ふたりが画家と画商の関係でもあるとは知らなかった(〃∀〃)ゞ
    テオとゴッホは光と闇と思っていた。だけど、闇と闇だったのかも…。闇と闇が支え合いぶつかり合って、真っ暗闇に。
    ふたりにとって絵が僅かな光だった。そして、輝いた「星月夜」!それなのに…。誰よりも深い絆で結ばれた兄弟だった。

    ゴッホと林忠正に交流があったという記録はないらしいけど、同じパリであれだけ浮世絵を愛したふたりが出会わないはずがないと思う。林忠正はパリでゴッホの最高の1枚をずっと待っていたに違いない。

  • 原田マハのアートを題材にした物語を読む時、スマホが手放せない。作中に出てくる絵画を検索するからだ。
    今回はゴッホ。生きている頃には認められず死後爆発的に認められたこと、自らの耳を切り取ったこと、そして自ら命を絶ったこと。わずかばかりの知識で読み始めたゴッホとその弟テオ、何より近しい場所にいた2人の日本人の存在に引き込まれていた。

    『印象派』と名付けられた理由が現在のプラスな認識とは真逆だったのか。『浮世絵』が絵画の歴史に多大な影響を与えたとは聞いていたが天地がひっくり返るほどの衝撃だったのか。こちらの観る意識がまたひとつ変わった。

    相手への尊敬が強すぎるからこそ生まれた信頼と、同じぐらいの比重で狂おしく憎んでしまう。寄り添いながら相手の顔を直視出来ず、彼のひとが逸らした瞬間に横顔を見つめるしかないようなもどかしさが美しく、残酷に感じた。

  • 信念と恐怖、矜持と不安。自分が信じる道をただひたすらに前を向いて歩き続けているように見える4人の男たちにとって、その道ははたで見ているよりもはるかに険しく不安定で細く暗い。
    なのに、なぜそんな道をまっすぐにブレずに歩き続けられたのか。
    この小説を読むまで、ゴッホについての知識はあの強烈な色彩の絵と代表的な絵、浮世絵の影響と彼を支え続けた弟の存在、ゴーギャンとの生活そして耳と狂気と自死、その程度だった。ゴッホのあの絵の後ろに日本人がいたことなど全く知らなかった。
    日本が文明開化の波の中で大きく動いていたその時代に、遠く離れたフランスでも大きな波にもまれたゆたいつつも、沈まぬようにもがいていたゴッホと彼を支え続けた3人の男たち。彼らの夢を、葛藤を、そしてその慟哭を、125年の時を超えて原田マハが鮮やかに蘇らせてくれた。

  • まだ無名の若き画家ヴァン・ゴッホ、というか生きている間はほぼ売れなかったけど、と彼を支え続けた弟テオの物語。
    というと「さよならソルシエ」がすっごく面白かったので、すっごくそのイメージでした。
    あれはあれで大胆というか斬新な脚色もあったけど、一気にテオドルスに惚れてしまう、まさにソルシエ(魔法使い)でしたな。
    だからすっごく「さよならソルシエ」が読みたくなった。

    ゴッホに関しては、結構絵を見てて、MoMAの「星月夜」とかアムスのゴッホミュージアムもいったし、パリはもちろんアルルにも行ったことがある。まぁでもアルルでゴッホが絵に描いた橋とか見にいこうと思ったら遠い上に治安に不安があって行かなかったんだよね。まぁそれも思い出!

    この話はパリで奮闘する日本人美術商の目を通して描かれていて、ジャポニズムだとか浮世絵だとか最近すごい北斎ブームだしちょうどこないだまでゴッホ展やってたし今北斎とジャポニズム展やってるしで、とても興味深く読みました。
    彼らが日本人であることに誇りを持ってるってのがかっこいい。

  • いかなる苦境に追い込まれようと、たゆたえども決して沈まず、やがて立ち上がる…世の中から孤立し「芸術」という名の魔物と闘い、それでも自分の絵をひたすら描き続けるゴッホ。
    そんなゴッホを子供の頃から慕い支え続ける弟のテオ。
    この二人の兄弟と、当時世界の中心とされたパリで運命的に出逢った二人の日本人画商・林忠正と加納重吉。
    これら異邦人4人の奮闘から日本と西洋美術との繋がりが理解できた。
    ゴッホと日本の結び付きを鮮やかに描ききった原田マハさんにお礼を言いたい位、この作品に夢中になれた。

    常に孤独の匂いが染み付き世間から拒絶され不幸な事件を起こしたゴッホ。
    けれど彼が晩年に描いた「星月夜」は清澄で明るく希望に満ち、観る者の心を掴まずにはいられない。
    NY近代美術館にある実物の「星月夜」が観られたら、私も本望である。

  • パリで画廊をする日本人二人とゴッホ兄弟のお話。ゴッホの絵は好きだけれど、こういった背景があるのは知らなかったな。兄弟愛、日本への思い、支える愛。苦しいねえ。読んだ後にゴッホ展を始め、作品を見たら、印象がだいぶ違ってくるのではないか。たゆたえども沈まずで描いた「星月夜」。原田さんはしっかりと書き上げました。

  • いつもながら原田マハの作品のまるでそこで見ていたかのようないきいきとした描写はすごい。ゴッホ展に行きたくなってきた。

  • ゴッホ激動の半生とそのゴッホを最後まで支え続けた弟テオと、ヨーロッパにジャポニズム旋風を巻き起こした林忠正の関係を書いた話。
    ゴッホだけでなく前衛派と言われる画家達の絵が日本の浮世絵に影響を受けていたなんて全く知らなかった。
    林さんの働きがなければゴッホ達の素晴らしい絵は無かったかも知れないと思うとなんとも言えない。
    そして今で言えばゴッホと名前を出すだけであの画家ねーとすぐ分かる有名ぶりなのに、ゴッホの生きた時代は彼を全くもって認めなかった世の皮肉。
    浮世絵も日本人からすればただの落書き程度が、ヨーロッパで認められた途端に高い価値があると言い出して、日本美術の素晴らしさを広めた林さんを逆賊扱いする皮肉。
    時代の波と言うのは本当に人の力ではどうにもならない動きをするものだなとしみじみ思った。
    この話を読んでからゴッホを見たら、きっとただ絵を見に行くよりもっともっと深く心に響く鑑賞になると思う。

  • まだ圧倒されている。
    言葉を失ってしまって。
    未来を知ることができたなら、彼らは幸せになれただろうか。
    生まれ変わって、この世界を生きているのなら、不可能でも、あなたたちの信じてきたことは間違ってなかったよと、どうにかして伝わってほしい。
    運命なんてものがあるのなら、どうか彼らに伝えてほしい。

  • 日本人が登場するせいか「暗黙のゲルニカ」より読みやすい。ゴッホの生涯って程、ゴッホを中心に描かれている物語ではなく。フィンセントとテオの繊細なゴッホ兄弟。苦悩やふたりの人生。浮世絵、日本人画商、全く知らないことだからけで面白かったです。私の中では、ゴッホと言えば ゴーギャンなんですが、ゴーギャンあまり登場しませんw最後、兄弟愛に泣ける。装丁の「星月夜」静でとてもいい。

全65件中 1 - 10件を表示

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

たゆたえども沈まずを本棚に「読みたい」で登録しているひと

たゆたえども沈まずを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たゆたえども沈まずを本棚に「積読」で登録しているひと

たゆたえども沈まずの作品紹介

19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四人の魂が共鳴したとき、あの傑作が生まれ落ちた-。原田マハが、ゴッホとともに闘い抜いた新境地、アート小説の最高峰。ここに誕生!

たゆたえども沈まずのKindle版

ツイートする