木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)

  • 70人登録
  • 3.48評価
    • (3)
    • (8)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 澤田ふじ子
  • 幻冬舎 (2000年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344400450

木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 公事宿書留帳シリーズの第二巻。
    登場人物は魅力的なのだが、まだハッキリとした輪郭をもってイメージできないでいる。
    長く続くシリーズのようなので、読み続けて行くうちに人物像が次第に明確になって、活き活きとイメージできるようになるだろうか。

    小説中で起きる事件はどれも興味深い内容で、話に引き込まれてはいくのだが、結末がどれもあっさりしており、急に終わってしまう感じがあるせいか、話の最後で放りだされたような感覚になる。

    主人公菊太郎と恋人お信の今後が気になるので、いましばらくシリーズを読み進めていこうと思う。

  • 公事宿事件書留帳シリーズ二巻。
    江戸後期の京都。巻の始めは京都の師走から始まる。一巻「闇の掟」で主人公田村菊太郎と、周囲の登場人物が出揃いそれぞれのキャラクターを想像することが一段と楽しくなる。
    七編の物語には日本の芸術や文化が描かれていて、この時代の京都に彩りを添えている。更なる推理ものに江戸の粋とは違う風情が新鮮だ。

  • 余韻がなくバッサリ終わるような。
    菊次郎のイメージがまだつかめない。一見優男、剣柔ともに強いが人情には弱い。
    もっと嫌らしさとかあったらいいのにな。
    女性が求めるヒーロー像かな。「剣客商売」好きには物足りない。

    木戸の椿
    垢離の女
    金仏心中
    お婆とまご
    甘い罠
    遠見の砦
    黒い花
    土地柄なのか美術品が絡む話が出てくる。菊太郎がかなりの目利き。なぜ?

    「味噌と糞は匂いですぐわかるが、人間が一目や二目見たぐらいでわかるか。」

  • L 公事宿事件書留帳2


    相変わらず事件の始末はあっさりしたものだが、役目を断ったりお信との先を考えたりでやっと菊太郎の魅力が光ってきた感じか。なんにしろ奉行所の面々が頼りなさ過ぎるとは問題ないだな。

  • 2008/02/27読了

  • 公事宿(訴訟人専用旅篭)シリーズ第2段。菊太郎さんを取り巻く人たちがまた良い。お信さんとの恋も良い感じ。事件解決の面白さは前作と変わらず健在。

全6件中 1 - 6件を表示

澤田ふじ子の作品

木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)はこんな本です

木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)のKindle版

木戸の椿―公事宿事件書留帳〈2〉 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする