ありがとうございません (幻冬舎文庫)

  • 114人登録
  • 3.29評価
    • (3)
    • (12)
    • (43)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 檀ふみ
  • 幻冬舎 (2001年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344400962

ありがとうございません (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 林真理子さんのエッセイを読んでいて、壇ふみさんの名前がよく出てくるので、読んでみた。

  • たまたまであるが、テレビに阿川佐和子が出ているときにこれを読んでいる自分。なんとも不思議。

  • こういう、見るからに穏やかそうで上品そうで優しそうな人ほど、内に秘めたものはギャップが大きいんですね。

    毒舌なのにキツく思われないのは見習いたい次第。

  • 1つ4ページ足らずの軽いエッセイ集。半分くらいが、ちゃんときれいにオチる古典的で秀逸なスタイル。難を言えば、あんまり何も残らないところか。またいつか読み返すんだろうな。そのときもまた新鮮なんだろうな。

  • 阿川佐和子との往復エッセイが面白かったので、
    読んでみた本。

    往復エッセイほど毒がなく、面白さで言えば、
    あちらの方が上だけど、こちらはこちらで、
    穏やかな人柄、でも天然的な面白さが垣間見えて楽しめた。


    2011-65

  • 安心して読める安定感。

  • 10/09/01読了。
    タイトルが気になって読んでみました。読みやすい。

  • 檀ふみの人柄がよーく出ているエッセイです。
    上品な人だなあ。
    上品なんだけど、
    読者を楽しませるために自分をとことんダメダメに書くところがすごい。
    それから彼女のこだわりも
    自分と相通ずるところがあって好感です。
    「とんでもない」に関しては、
    ははあ〜。
    勉強になりました。

    しかしエッセイとしては普通なので…、
    ★3でしょうか。

  • 内容もボリュームも軽くて読みやすいエッセー集。檀ふみってこういう人なんだろうな、という予想を全く裏切らないところがすごい。おっとりしていて、気取っていなくて、思い切りのいい書きっぷり。バザーで50円だったのはお得だったなあ。

  • 080509(s 080511)

全19件中 1 - 10件を表示

檀ふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部 みゆき
三島 由紀夫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ありがとうございません (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ありがとうございません (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ありがとうございません (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ありがとうございません (幻冬舎文庫)はこんな本です

ありがとうございません (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする