誰にでもできる恋愛 (幻冬舎文庫)

  • 215人登録
  • 3.24評価
    • (9)
    • (16)
    • (81)
    • (3)
    • (2)
  • 36レビュー
著者 : 村上龍
  • 幻冬舎 (2001年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401020

誰にでもできる恋愛 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恋愛の格差を読んで、村上さんの歯に衣着せぬ物言いについハマって2冊目。平成13年に出版された本だが16年経った今読んでも自分のことのように面白かった。
    男女ともに恋愛には自立が必要というのが作品の端々に出てくる。
    キューバ人が驚くほど日本の週刊誌の内容がつまらないというのには納得。
    先進国首脳会議の橋本龍太郎氏の奇妙な踊りのくだりも面白くて動画を探してみたがさすがになかった。

  • 「結論から言うと、誰にでもできる恋愛などというものはありません。男も女も同じです。リスクを背負える人間、つまり自立した男女にしか恋愛をする資格はないのです。」p11 本文が始まった途端にこの手のひら返しが来る本書は、確かにただの恋愛指南書ではなかった。女性雑誌向けに村上龍が書いたエッセイなので、各章が短く読みやすい代わりに、内容が散発的に感じたり重複もある。また、90年代後半の作品で、時事問題に関しては少し古い印象もある。巻末の黒谷友香さんの解説が秀逸すぎて、下手な感想が書けない。この本、恋愛の話は全体の40%くらいで、実は当時の社会問題を扱っている部分が多い。こういう社会問題があって、これが恋愛にはこう影響します、という感じ。当時と違うこともあるけど、当時から変わっていないこともあるし、そういう観点で読んでも本書は楽しめる。

  • 16年度明治安田生命が行った調査で
    ①恋人がいる20代は男性が20%女性は33%、
    ②交際経験がない20代未満が男性は53%(3年前30%)女性は34%(3年前28%)
    という結果になっている。
    この統計から恋愛する男女は減少しているとわかります。

    村上氏は恋愛にとって一番重要なことは、
    経済的独立をしているか、していないかと指摘しました。
    それから20年で日本社会は激変して若者を取り巻く環境は、
    よりシビアになっています。大学の後輩に夢を聞いた所、
    「正社員になる」と「安定したい」と返答でした。
    今は恋愛どころじゃないのかもしれない。

  • 自立、リスクを負う、自分を高める努力

  • 君が孤独とき、人々の生態は、奇妙に映る、
    君が一人ぼっちのとき、人々の顔つきは
    みにくく見えるものだ


    死人のような女子高生ができるまで

  • 「誰にでもできる恋愛」などというものはない、ということを論じたエッセイです。

    恋愛をする資格があるのは自立した男女だけで、相手に依存する人には恋愛する資格はない、というのが、著者の議論の要諦です。ただ、たぶん私自身が著者のようにきめ細かな感性を持っていないせいだと思うのですが、著者の言おうとしていることが理解できていないと感じるところも多々ありました。

    たとえば、なぜ恋愛をするのに自立した人間である必要があるのかという問いに対する著者の考えは、リスクを負うことができるのは自立した人間だからだ、ということになるかと思うのですが、自立した「個」であるような人間がなぜ恋愛に向かうのか、ということは、明示的には書かれていません。

    おそらくですが、自立した「個」であるような人間は、他者から「個」としての待遇されることを望み、みずからも他者の「個」を尊重するような生き方をするはずであり、そうした「個」と「個」の関係が、自立した男女の恋愛を生み出すのだ、ということになるのではないかという気がします。

    もしこうした理解が正しければ、著者の考える「個」は、「強さ」を持っているがゆえに他者に対する「優しさ」を持つ、と言えるのかもしれません。もっとも、その「優しさ」が、「強さ」を持たない人に対しても投げかけられるのか、という疑問も感じないではありませんが。

  • この人はやはりものすごく頭が良いのだろうなと思う。主張内容は異端児的に違いないが理路整然としていて、言葉の切れ味も鋭くなるほどと思わせられる話も多い。世界を多面的に捉えていて穿った見方で物事の本質を鋭くついているのです。恋愛論というよりは社会論といった趣きを持つ本書に描かれる大人の恋愛には希望はなく、むしろ現代においては、見出し難い希望を見出すことのできるくらい訓練を積みスキルを高めた女性のみがその資格を持つという結論。実にシビアで単純明快な答えです。

  • p35 思春期の異常な想像力を止めるはずの社会が機能していない
    p41 世間
    p124 本質的な寂しさからどう抜け出すか

  • 2000年頃の雑誌のコラム集。村上龍のように生きたって充実した人生が送れるとは限らない。訓練の度合いと容姿で回答は変わる。

    視野の広い人の考えることを通じて、自分の置かれているレベルを見据えることができ、導き出したい回答に近づけるはず。私も演歌の歌詞のような女性はすきじゃない。

  • ネットから
    恋愛本ではない
    エッセイ、人としての魅力

全36件中 1 - 10件を表示

村上龍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

誰にでもできる恋愛 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

誰にでもできる恋愛 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰にでもできる恋愛 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰にでもできる恋愛 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

誰にでもできる恋愛 (幻冬舎文庫)はこんな本です

誰にでもできる恋愛 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする