眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)

  • 52人登録
  • 2.96評価
    • (1)
    • (6)
    • (14)
    • (3)
    • (3)
  • 9レビュー
著者 : 酒井あゆみ
  • 幻冬舎 (2001年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401273

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 15人の女性たちの独白集。
    著者は彼女たちへのインタビューを通して何を言いたかったのか・・・。
    (電子書籍 Book Live)

  • 騙された・・・

  • いろいろですね。内容も最初は衝撃的だったけどだんだん慣れてきた。きっとなんでもそうなんでしょうけど。。。彼女達も。慣れってある意味怖いですね。

  • 風俗との関わりがほとんど無い僕ですが、こういう世界と
    人生があると言うことを知りました。
    ますます興味が湧いてきました。(∩.∩)

  • 興味本位で読み始めてはみたものの、意外と面白かった。借金のため仕方なく、とか後ろ向きではなく、「風俗嬢は究極の看護婦」とか「みんなの笑ってる顔がみたい」とか、仕事の内容は別として、自分も前向きになれる本。

    15人の独白の内、多くの人が子どもの頃から家庭に問題があったとか、何らかの負のバックグラウンドがあるけど、世のほとんどの人が知らない世界を経験しているというのは悪いことだとは思いたくない。セックス産業は世界最古の商売と言われてますからね。昼は自分の事業が成功していて楽しい人、夜だけで歳とってもずっとやっていける訳ではないから昼もやってるとか、割り切り方もそれぞれ興味深し。

  • 31番乗り。紀伊國屋書店新宿本店にて購入。購入日は忘れた。そんなには前じゃないと思うけど。読了。酒井あゆみが、稼ぐ方の人で悶々とする前の作品と思われ、まだ本人にも多少の余裕があり、これくらいの人の取材ならこなせている感じがする。もちろん、一人ひとりの人生にも興味はあるが、この人々に共通して「昼の仕事でくだらないことで悩まなくなった」というのは、やはり、視野を広げることの重要性を表している気がする。(2011/8/17) 

  •  
    ── 酒井 あゆみ《眠らない女 ~ 昼はふつうの社会人、
    夜になると風俗嬢 199807‥ 幻冬舎 200106‥ アウトロー文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4344401271
     
    …… 酒井 あゆみ《東電OL 禁断の25時 199710‥ ザ・マサダ 20130201 アドレナライズ》
    http://booklog.jp/item/1/B00BEQXHX6
     
    ♀酒井 あゆみ  作家 19711212 福島          /元風俗嬢/1992年頃に被害者女性と同じホテトル在籍。
    ♀渡邉 泰子 東電OL 19570607 東京   19970319 39 /絞殺遺体発見/169cm, 44kg
    /東京電力東京本社 企画部 経済調査室副長
     
    http://www.marino.ne.jp/~rendaico/jissen/hansenheiwaco/genshiryokuhatudenco/todenolssatujinzikenco.html
     渡邊 達雄 東電幹部 1925‥‥ 山梨 東京 1977‥‥ 52 /急死/工務部副部長/泰子の父
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C5%EC%C5%C5%A3%CF%A3%CC
     
    (20110725)(20161021)
     

  • 2007/03/07

全9件中 1 - 9件を表示

酒井あゆみの作品

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)の作品紹介

朝ふつうに出勤しても、夕方になると風俗嬢に変わる女性たちがいる。税理士をしながらSM嬢、高校教師でありながらホテトル嬢、会社を経営しながらソープランド嬢など。15人の風俗嬢には、どうして"ふたつの顔"が必要なのか。その本心に鋭く迫る。元風俗嬢の著者のひたむきな情熱で完成させた力作。都会の謎に迫る異色ノンフィクション。

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)はこんな本です

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)の単行本

眠らない女―昼はふつうの社会人、夜になると風俗嬢 (幻冬舎アウトロー文庫)のKindle版

ツイートする