セクシャル (幻冬舎文庫)

  • 175人登録
  • 3.08評価
    • (4)
    • (9)
    • (89)
    • (6)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 桜井亜美
  • 幻冬舎 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401402

セクシャル (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【内容】

    山奥の廃墟「シティ」で、独自の規則と秩序のもと共同生活を送る子供達。
    彼らのリーダー・アヤは、誰かを愛したいという欲求を持て余している女の子。
    ある日、危険な思想に侵されていると疑われた「シティ」の住人は、警察に連行される。
    そこでアヤは、脱洗脳士・鹿城と恋に落ちる…。

    愛と性のアンバランスな関係を描く、書き下ろし小説。

    アマゾンより

  • 「シティ」で育った少女・アヤ(咲菫彩)が主人公。「シティ」とは、AV女優のミジュン(樹嶺美洵)が山奥の廃墟に築いたコロニーの名前。ミジュンが逮捕される「事件」が起こったあと、アヤのようなシティで暮らす子どもたちは「外の世界」へと連れ出され、「脱洗脳プログラム」と呼ばれる面談を受けながら高校に通うことになる。

    かつて愛した男の夢を見ながら生きたミジュンの教えにしたがって、アヤは「アンゲレス」の宿る身体になること、つまり自由になることを追い求める。彼女の脱洗脳を担当しているのは、鹿城尚樹という35歳の男だった。彼女は鹿城を説得し、仕事をしながら一人で暮らしてゆくことを決める。そして彼女は、「TOKYO GIRLS」という風俗店の求人広告に募集し、そこの会員になっている鹿城を発見する。

    アヤは鹿城と恋に落ちるが、「外の世界」の住人である鹿城は、すべてを投げ打って「自由」に人を愛するアヤのように生きることはできない。やがて2人の間に亀裂が生まれ、アヤは苦しむ。

    そのうち、シティでいっしょに暮していたキオから連絡が入り、ミジュンが肝臓癌で死に瀕していることを知る。アヤとキオは病院からミジュンを連れ出し、「ガイアベビー」のところへ自分を届けてほしいというミジュンの希望にしたがって、彼女を深い穴の奥へと送り出す。

    その後、アヤは体を張ってAVに出演し、業界で「樹嶺美洵の再来」というキャッチ・コピーを獲得する。彼女は撮影のために訪れた南の島で、急速に老化する病気にかかってしまった子どもたちとのセックスする。その中でアヤは、自分の身体に「アンゲレス」が舞い降りるというミジュンの教えに触れる。日本に戻った彼女は、ミジュンから託された「FISH KILLER」という病原体を持って、浄水場を訪れる。そこで彼女は、自由であり続けようとしたミジュンが、「外の世界」からの排斥を受けながら「FISH KILLER」を使ってこの世界に破局をもたらそうとはしなかったことに、彼女の矜持と愛の大きさを知り、もと来た道を引き返す。

    「自由」がテーマと言っていいのだろうか。字が大きくてスカスカなので、あっという間に読めた。

  • ミジュンって名前が気にいった。
    これ高1のとき読んでたら、あの子のセカンドは確実に美洵だっただろうなぁ。
    字スカスカだったし、1時間くらいで読み終わった。
    揺ら揺らした感じは悪くないし、内容は悪くないけど、もっと濃いとよかった。

  • 謎の多い桜井さん。自分はそんな彼女に引き寄せられたひとりです。彼女の感性・世界観と理系・詩的な表現がとても気に入っています。『シティ』に暮らす子供のお話。人によっては嫌悪感を抱くかも…。

  • すてき

  • 大切なことは自分の気持ちに忠実なこと。人の顔をうかがうところじゃない。尊敬する人がいて、ただ自分たちのルールにそって生きてきた。なんで人は人を型にはめたがるんだろう?愛を知ったから、それに手が届かないことが苦しくて。それでも手に入れたから、生きていける。

  • 泣きたいときに堪える強さと、<br>
    泣きたいときに泣ける強さ。<br>
    <br>
    愛するコトの幸せと哀しみ。<br>

  • みんなこうゆうのはあると思う。きっと知らないから怖いんだ。風俗やってる主人公やミジュンがすごく綺麗に見えた。

  • 「シティ」に暮らす子供の話。ただ、この廃墟に暮らす子供達を「子供」と呼んでいいのだろうか。心は大人だけど、やっぱり本心は子供なアンバランスな精神と性。こんな世界が本当にあったら?

  • 求められれば、与える。底なしのマリア様みたいなAV女優。なんかミーハーな軽い小説かと思いきや、けっこうはまりました。面白かった。

全11件中 1 - 10件を表示

桜井亜美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

セクシャル (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

セクシャル (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セクシャル (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

セクシャル (幻冬舎文庫)はこんな本です

セクシャル (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする