月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)

  • 421人登録
  • 3.49評価
    • (31)
    • (49)
    • (114)
    • (9)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 福井晴敏
  • 幻冬舎 (2001年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401532

月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説らしく、ロラン以外の人物の心情の描写もしっかりとなされている。遠い昔のことを忘れた人類。果たしていまの自分たちもそうじゃないなんてことを自信をもって言い切れるだろうか。何が真実か。真実は知るべきなのか。受け入れられるのか。そんなことを考えてしまう。

    下巻が終わったら、細かいレビューを書く。

  • ①普段アニメなど観なくとも、SF映画を“フィクションだと割り切った上で楽しめる”人

    =「バカらしい。」と一笑にふす人でなければ十分


    ②“ナノマシン”とは何ぞや?と、おぼろげながらに聞き覚えのある人

    =実際に研究開発されている技術であり、ソレらをモチーフとされる技術は、多くの映画や漫画等でも登場する。



    以上の2点の“素地”さえあれば、「ガンダムなんてほとんど知らねえし」という人であっても十分に楽しめる作品。

    ましてやその人が、作家福井晴敏の作品に触れたことのある人ならばなおさら!!


    全開バリバリな福井ワールドにどっぷりと浸り、下巻の購入が待ち遠しくて仕方がないくらい…(書店でも古書店でも見つけられずにやきもきしてるところ)。



    「福井晴敏が好きで既作を読み尽くしてしまったけれども、“俺アニヲタじゃないしガンダムはちょっとな…”と一歩引いてしまってる福井ファン」

    ↑に、「大丈夫。騙されたと思って読んでごらん。後悔はしないで済むはず。」と、声を大にして伝えて回りたい。

    ★4つ、9ポイント半。
    2014.12.11.了。

  • ちょっと中だるみ…と云うか、
    アニメと大分違う感じが出てきた中巻。
    良い感じに騙されていきたい。

  • 途中から読むのがしんどくなってきた。結末が知りたいので最後まで読むつもりだけど、楽しめてはいない。

  • (中)巻で、少し読むペースが落ちた。☆3.5くらいか。それなりに面白い。原作アニメとは大きく違うようでガンダムファンからは賛否両論らしいですが。

  • 機動戦士ガンダム ターンA
    ラノベ風ではなく、確かに福井晴敏。いつもの福井晴敏。化学兵器にGUSOHとあるのには笑ってしまった。しょっちゅうつかっているような気がする。違いが知りたいのでアニメを見たくなった。

  • アニメを見ずに読めば、違った感想を持ったのかな?と思わずにいられない。ペースが早い。

  • 和図書 913.6/F76/2
    資料ID 2012200324

  • 同僚に借りて読了。

    ラスト間際のテテスにうっかり泣いた。

  • 着実に少年は大人になります。

全26件中 1 - 10件を表示

福井晴敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
福井 晴敏
有効な右矢印 無効な右矢印

月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月に繭 地には果実〈中〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする