死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)

  • 9141人登録
  • 3.36評価
    • (524)
    • (943)
    • (2578)
    • (312)
    • (51)
  • 906レビュー
著者 : 乙一
  • 幻冬舎 (2001年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401631

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最近暑いな、夏は乙一だ。

    さて乙一らしい、綺麗にまとまった作品。
    1つ違うのがこの作品には作者の主張が込められているということ。

    'きっとみんな、自分が他人にどう思われているのかを考えて、怖がったり不安になったりするんだ'

    この物語はそういった恐怖に囚われた大人が、反撃をしてこなそうな子供を攻撃することから始まる。

    背筋の凍るホラーであり、なのに読後感も清々しい。一度で二度美味しい一冊だ。

  • 夏だからなんとなく乙一
    中盤までの胸くそ展開を我慢すれば、後半は清々しい気持ちになれる。
    ホラーなのかな?でもああいう先生は程度は違えどやっぱりいそうなので、そう考えるとそれが一番ホラーなのかも。

  • ホラーと銘打たれているものの、主人公マサオの青春・成長物語の色彩が強い。読後には爽やかさすら残る。

  • 一晩で一気に読んで、興奮のためかその後眠れなくなった。とても読みやすくて引き込まれるために、どんどん読めた。

    イジメられた経験がある人や、現役の生徒で心当たりある人にこの本はちょっとキツイかなと思う。マサオについての描写がとても生々しくリアルで、何度も自分の学生時代を思い出す。いつのクラスにもいじめられる(シカト)対象の子が必ずいて、こんな先生もいたような気がする。決して珍しくない、どこにでもある設定で、それが余計に恐ろしかった。
    最後どうなってしまうのかと案じたが、結局ハッピーエンド(?)で終わる。しかし、現実はどうだろう。今現在、この世界で何人のマサオくんがイジメに耐えているだろうか。決してフィクションではない怖さがあった。
    本当に悩んでいる人やトラウマがある人には、この本の後酸味であるフィナールの爽快感は救いにならないだろう。むしろ傷を広げてしまうかもしれない。

  • みんな大好き乙一作品です。
    私はまだ、そんなに数を読んでないので、ピンとこなかったりしていますが……。

    今回の話の内容は、ちょっとしたことから、いじめの対象になってしまったマサオの前に、死に損ないのような真っ青な顔の子供が現れる。
    その子供は、マサオ以外に見えないようで、マサオはその子供に「青」と名前をつける。
    その青は、マサオとつかず離れの距離をとってただそこにいるだけ。何かをしてくることはない。
    マサオは、最初は「青」が何者なのかを考えるけれど、だんだんといじめがひどくなっていく中で、マサオはただそばにいるだけの青の存在を受け入れていく。
    そして、マサオは夏休みを利用して、ある復讐計画を実行に移すけれど……

    という話でした。
    話のメインは、あくまでもいじめられっこの復讐。
    ただそこに、「青」という常識ではありえないちょっと気持ちの悪い存在がプラスされるだけで、一気に物語に恐ろしさとファンタジーな要素が付加されるんですよね。
    この作者さんの発想力が面白いと思います。

    ただ、勘違いして欲しくないのは、決して青は誰かに危害を加えたわけでも、マサオの復讐に直接手を貸したわけでもない。ただ、いただけ。
    そのいただけの存在である青に、何を見い出し、何を考えるのかは、その受け取り手次第なんですよね。
    そういうことをひどく印象付けられました。

    この話は決してホラーではありません。
    日常と非日常が交差すると、こういうことが起こるんだろうな、と思わされる小説でした。

  • 理不尽な理由でイジメの標的にされたマサオに終始読んでて胸が痛くなりました。言い返せって何回も思ったけど、小学校の先生ってやっぱ絶対的な存在だったなーって自分の小学校時代を思い出しました!ラストわマサオの強い部分が見れて少しスッキリしましたし、新しく来た先生の一言が和みました!あの言葉がこの本の1番のテーマなのかなと感じました!
    読みやすく引き込まれる作品で面白かったです!

  • 何を言っても悪い方に捉える先生の、マサオをじわじわ追いつめる感じがとても怖かった。
    たぶんアオは分裂してはいけない部分だったのだと思う。アオのように人を憎んで傷つけたいという衝動も、人間が人間らしくあるためには必要なものなのかなと。
    グロテスクなだけかなと思っていたので想像以上に心に響く本でした。

    ●合わせて読みたい本●
    「人間失格」 太宰治∥著
    マサオの常に顔色を窺っているような態度が葉蔵と似ているように感じた。

  • 乙一なので最後先生は凄惨な亡くなり方で終わるのかと思ったら生かされていた。
    でも死ぬことは一番つらい事じゃないし、マサオに弱みを握られつつ生きる方がいろいろ大変かもなぁ。
    アオの容姿は気持ち悪い感じだけど、読んでいてそんなに気味悪さは無かった。

  • アオは幻なんかじゃなく、考えてた以上にやばい存在だった!…なんて結末を待ち構えていたからちょっと肩透かしだった。

    ----内容紹介----
    飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現われた。書き下ろし長編小説。

  • 少年が成長するには酷過ぎる仕打ちの数々だが、これだけの荒療治を受けたならこの先どんなことがあっても大丈夫だろうと思わせる作品。

    物語はほぼ全編が陰惨、陰鬱な気分を味わせてくれるが最後の数行で晴れやかな気分へ。
    お見事!

  • とても怖い本でした。

    マサオの中の盲目とそれを信じれない感じとか、一度は誰もが経験しているのではないでしょうか。

    アオの「決断とはこういうことだ」という台詞が一番印象深かったです。
    何か、今の私の状況と似ていて色々と感がさせられる作品になりました。

  • 子供心に感じる学校や教室独特の理不尽さ、先生に対する絶対的な存在感と盲目的な信頼、そういった人間になら誰にでもある暗さやエゴ、それに加えて恐怖感や孤独感をここまで上手く表現されていることに驚きました。
    自分自身にももっと軽いですが似たような体験があったので、感情移入して読めました。
    乙一さんの作品はこれが初めてなのですが、また他の作品も読んでみたいと思いました。

  • 「飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。(文庫本裏表紙より)」

    最近のニュース見てるとどっかで現実にあり得てるんじゃないかと思う、リアルないじめの描写。
    長編だけどそれほど長くはないので話の長さ的に読みやすい。
    読み終わったときにどんよりした気分で終わるわけじゃなかったのがまた何とも言えない。

  • いじめをテーマにしたダークファンタジー。一気に読んだ。面白かった。

  • 乙一らしい、人間の残虐性が描かれた作品。
    昨今のいじめの現状も、この作品に描かれている内容のものがあるだろうと推測出来る為、あながちフィクションとも言い切れないくらい不気味な空気感が漂う一冊だと思います。

  • マサオになりきって読んでしまった。
    平凡な学校生活、それが新任教師の登場で一変してしまう。
    学校での不当な扱い、知らん顔の生徒達、彼等が向けてくる遠慮ない視線や悪意でなくとも気持ち良くない笑い声。
    『先生』という権威に半ば脅迫され、半ば自らをおとしめて羞恥と憎しみに必死に耐えて日々を過ごす。
    小説からマサオの学校の様子がありありと伝わってくる。そして、マサオ自身の感情の動き、疑問、葛藤、怒り、諦めなどが丹念に書き出されていて感情移入が非常にしやすい。
    アオという存在は心の一部を分かりやすく具現化した存在なんだと思う。
    タガが外れるとか、プツンと切れるとか、限界や境界線を越えた時、アオが暴れだす。
    でも彼はマサオにとって単なる悪の存在ではない。
    きっと誰もが持っている狂気や憎しみの塊がマサオにとってアオであっただけだし、実際アオはマサオの窮地も救っている。
    小学生が難しい言葉を用いようが、感情の幅は大人とさほど変わらないはずだから全然気にならなかった。
    エンディングはやはり乙一さんらしく、期待通り綺麗にまとまっていた。 そこはきっと作者の性格で、優しい心根なんだろうと伺える。

  • 先生が生徒をいじめる話。
    今はどうかしらないが,昔は程度の違いこそあるが小学校の先生なんていうのはオカシイ人ばっかりだった気がする。

  • 中田永一作品にハマり、乙一名義の作品としてはこれが1冊目。

    怖さと悲しさでいっぱいになってしまうような話でした。
    だけど嫌なしこりが残らないのが不思議です。
    すごく暗い、出口のないトンネルの中を歩いているような話なのだけれど、最後に「もしかしたらあそこが出口なのかな? 」っていう光が淡~くだけど見えて、少しほっとしました。

    教師が自分を守りたいがため、いじめを誘発する様は本当に読んでいて気持ち悪くなるくらい腹が立ちました。
    それなのに、いじめられている張本人のマサオくんは、みんなが本当は嫌なやつじゃないのだということを知っているから、みんなが自分を嫌っても、自分はみんなのことをできないという。
    「なんでこんなに優しい子がいじめられるの?」なんてきれいごとがまかり通らないのは現実も同じですが、その優しさが余計に悲しくさせます。

    そんな彼がアオに出会って…。

    最低な教師への失望と、マサオくんの将来への希望が入り混じった一冊でした。

  • ずうっと暗く、地面すれすれのところをギリギリで飛んでるような、胸にぐうっと、圧力をかけられているような、そんな本。

    特にわるいことをしたわけでもないのに、新任の教師から理不尽な扱いを受けるようになった主人公。次第に周りの生徒はその教師が創ったルールに自然と流されていく。それが当然のことのように。

    人間ってほんとに怖いけど、みんな必死なんだなあ。ということで、なんかわからんけどやけにツボに入った◎

  • いじめがテーマ。
    直接的暴力ではなく、心をじわじわと追いつめる感じが怖い。
    いじめられている本人がそれを仕方のないことと受け止めていくのが辛かった。

  • そして、出来ぞこないの教師。

  • 一時期、先生が生徒と一緒になっていじめをする
    なんて事件が話題になりましたよね。

    マサオくんは、ひょんなことから先生を含むクラスぐるみでいじめられてしまう。
    そんな時、「アオ」が現れる。その正体は・・・

    物語の中で出てくるいじめのシーンの数々。
    読む程に、身を切られるような思いになります。
    読み始めたことを後悔するくらいに―――。

    マサオくんはどうなっちゃうんだろう、と
    先が気になってどんどん読み進めたくなります。
    登場人物のエネルギーが爆発するラストには本当にびっくり。

    いじめに立ち向かう心情を描いた作品というよりは、
    人間の中にある、内なる(負の)エネルギーや
    抑えきれない興奮だとかを伝えたいのかな。

    みんながマサオくんみたいに強いわけじゃないことと
    後味があんまりよくないことが気に入らなかったので星2つで。

    乙一作品独特の「怖さ」を味わうには最高だと思います。

  • 乙一さん2作目。
    私も怖い。周りにどう見られてるのか。
    すごく考えさせられる部分の多い本でした。

  • 人は弱くて残酷な生き物だと感じさせられる作品だった。

全906件中 1 - 25件を表示

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)の作品紹介

飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。ホラー界の俊英が放つ、書き下ろし長編小説。

死にぞこないの青 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする