大谷吉継 (幻冬舎文庫)

  • 30人登録
  • 3.32評価
    • (2)
    • (3)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 石川能弘
  • 幻冬舎 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401730

大谷吉継 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お茶を点てられない石田三成。
    明まで攻め込む気満々の小西行長。
    そして、敦賀は魚が美味いだろうな~とうきうきする大谷吉継。

    斬新なところも含めて、みんなかわいい。

  • 可も無く不可もなく。吉継と石田三成との交流を中心とした物語。
    官僚としては優秀だけど不器用にしか生きられず、周囲に嫌われまくってる三成が哀れです。

    それにしても、関ヶ原は、難病に侵された吉継にとって理想の死に場所ではなかったかと思わずにはいられない。勝つとか負けるとか関係なく、最初から彼だけはこの戦で死ぬつもりだったように思えてしかたがない本書です。

  • 紀之介と佐吉のお話。ちょっと嫉妬してしまう大谷さんが佐吉と仲直りするシーンと、関ヶ原の前夜の頭巾を取って見せるシーンがとても好きです。前者は可愛く、後者は格好よかった…!!!

  • 紀之介と佐吉。関ヶ原前夜の三成との会話に胸がグッとなりました。三成の前で白い頭巾を脱ぎ捨てるところからのシーンの描き方が好きです。二人とも格好よすぎる!

  • 大谷さんの影が薄い大谷さんの本(笑
    でも結構好きですww特に三成との友情がめちゃ心にしみました!!!
    三成との絡みは一番好きな本です!!
    三成と吉継の友情が好きな人におすすめ!!

全5件中 1 - 5件を表示

石川能弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

大谷吉継 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする