別れの美学 (幻冬舎文庫)

  • 38人登録
  • 3.16評価
    • (1)
    • (2)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 松本侑子
  • 幻冬舎 (2001年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401839

別れの美学 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 失恋したときの、応援文。

  • 恋愛における様々な「別れ」を語った名著です。中島みゆきと松任谷由実では、じつはユーミンの方が失恋を歌っていることが多かった!?など、今でも忘れられない分析が面白い本です。

  • 人生でいちばん辛かった失恋の折に読んだ一冊。

  • <memo>
    優れた青春文学は青春のさなかにある人には書けない:コレット『青い麦』サリンジャー『ライ麦畑で〜』
    青春の輝きは若者には見えない
    静かな優しさ、過去の美化、鑑賞、表現の巧みさ、構成力

    甘美な青春は虚構

    青春のさなかにいる人:いらだち、絶望、悲しさ、やるせなさ
    Cf:若さの残酷な輝き、強烈な光→サガン『悲しみよこんにちは』ラディゲ『肉体の悪魔』

  • 本屋のレジにいたころ、お客さんが買ったのを見て買いました。別れにはいろんな種類があるのです。

全5件中 1 - 5件を表示

松本侑子の作品

別れの美学 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

別れの美学 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

別れの美学 (幻冬舎文庫)の作品紹介

別れについて考えることは、恋そのものについて考えること。別れは人を弱らせるけれど、その悲しみが、愛情の大切さや、人への優しい接し方をも教えてくれる。「憂うつな心のための処方箋」「男のふり方」「不倫の終わり」など十二章からなる、感動のベストセラー、新装改訂版。これから先、よりすてきな恋をするあなたに捧げる失恋論。

別れの美学 (幻冬舎文庫)はこんな本です

別れの美学 (幻冬舎文庫)の文庫

別れの美学 (幻冬舎文庫)のKindle版

別れの美学 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする