ご近所探偵TOMOE〈episode2〉 (幻冬舎文庫)

  • 28人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 戸梶圭太
  • 幻冬舎 (2002年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401983

ご近所探偵TOMOE〈episode2〉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • +++
    ひよどりが丘の一軒家に住むともえと勝雄はラブラブの新婚。ある日、二人の「セックス写真」が近所の豪邸・阿久仏家の庭に迷いこんでしまった。さっそく潜入を謀るが、「パズラー」と称する阿久仏氏の様子がどうもおかしい。ともえの愛犬が庭を掘ると、クロスワードパズルが書かれた棺桶が出てきた…?!過激で脳天気な人々のドタバタミステリ。
    +++

    またまた事件に巻き込まれるきっかけがこれ(上記内容紹介参照)である。人目も憚らずいちゃいちゃし続ける新婚夫婦は見ていて疲れるが、一冊目よりは読む側に耐性ができたので疲労度は軽いか。それでも相変わらず、ともえを探偵と言ってしまっていいものかは悩むところである。なにやら怪しいと思いはするのだが、その先が偶然任せなのである。それが持ち味と言えば言えなくもないが。ともかくともえにも本来の(?)女優としての仕事がありそうなのがよかった一冊である。

  • 先輩からいただいた本。

全2件中 1 - 2件を表示

戸梶圭太の作品

ご近所探偵TOMOE〈episode2〉 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする