蛙男 (幻冬舎文庫)

  • 49人登録
  • 3.71評価
    • (7)
    • (5)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 清水義範
  • 幻冬舎 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344402225

蛙男 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カフカ変身とは異なる不条理の世界。
    著者の別の短編で、人は他者の認知を全く同じく感じているかどうか証明できない?みたいな事が書いてありました。それの長編かしら。

  • なんか、この作品好き。
    主人公の感覚、気持ちが見えるようにわかる。実際、自分の皮膚が緑になったりしたらこう感じるんじゃないか?と言うリアルな感じ。危機感がありそうでなさそうで…でも、ラストが‼‼

  • 段々、自分が蛙に変化していく恐怖、、、。
    蛙に変化していく本人には恐怖やろうけど、主人公の戸惑いが面白い(笑)
    最終的にハッピーエンドで終わるかと思いきや「えっ?」て、なって、、、。
    もう1回「えっ?」ってなる、、、。
    結局、異常はどこまで続くんやろう?

  • か…蛙になっちゃったらどうしよう…!!!!!!!!!!!!!!!

    なんじゃコリャー!!!かなりの傑作です!!!!

  • 作者の伝えようとするトコがわからなかった
    カナシ。。

  • 自分だったら耐えられない。たとえ可愛げのある動物だとしても

全6件中 1 - 6件を表示

清水義範の作品

蛙男 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蛙男 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蛙男 (幻冬舎文庫)はこんな本です

蛙男 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする