生を踏んで恐れず―高橋是清の生涯 (幻冬舎文庫)

  • 26人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 津本陽
  • 幻冬舎 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344402249

生を踏んで恐れず―高橋是清の生涯 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういう人が時代を引っ張っていくんだなと思います。
    とにかくパワフルな人生に圧倒されました。

  • 高橋是清の波瀾万丈の生涯。本人は幼児の頃の体験から幸運に恵まれていると信じ、終始楽観主義を貫いたとのことだが、彼の人間の大きさ、無私の心、魅力が周囲をして彼を助けずにはいられない気持ちにさせたのだろう。その意味で、幸運は彼自身が呼び込んだものに違いない。
    外債発行や金融政策のくだり、良く分からない点も多かったが、彼の手腕は現代でも十分通用するのではないだろうか。そういえば少し前に、平成の高橋是清と呼ばれた政治家がいたっけ。

全2件中 1 - 2件を表示

津本陽の作品

生を踏んで恐れず―高橋是清の生涯 (幻冬舎文庫)はこんな本です

生を踏んで恐れず―高橋是清の生涯 (幻冬舎文庫)のKindle版

生を踏んで恐れず―高橋是清の生涯 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする