バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1

  • 637人登録
  • 3.71評価
    • (72)
    • (89)
    • (116)
    • (15)
    • (4)
  • 74レビュー
著者 : 高見広春
  • 幻冬舎 (2002年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (510ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344402706

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学3年生の読書の時間のためにと、選んでしまった一冊。
    刺激的なストーリーが読みたいと、軽い気持ちで借りたのですが、先が気になって授業中も読んでいた記憶が。笑

    読みはじめてからクラスの友達に意味もなく不信感を感じたりと、純粋で影響されやすい私は読むべきではなかったと後悔しています。

    あっという間に上下巻読める内容にはなっていて状景が想像しやすかったです。始めのページに出てくるクラス名簿が印象的。

  • 現代の北朝鮮を彷彿とさせる、全体主義国家である大東亜共和国。そこでは「プログラム」と称し、全国から中学3年生のクラスを毎年50クラス選出し、生徒同士で最後の一人になるまで殺し合うサドンデスゲームを強制実施していた。各クラスは指定のエリアに収容され、全生徒に武器が供与される。24時間以内に誰も死ななければ、全生徒の首輪が自動的に爆発。時間と共に進入禁止となるエリアも徐々に増え、万一足を踏み入れればそこでも首輪が爆発。生徒達は殺るか殺られるか、究極の選択を迫られる。例えそれが友人であってもー。日本におけるデスゲームジャンルの金字塔と言っても過言ではない本作。本記事でも紹介している『蠅の王』や『死のロングウォーク』から着想を得たと思われる。2000年には藤原竜也主演の映画が爆発的にヒット。中学生だった当時、R-15指定だったそれを友人の兄からなんとか貸してもらい、隠れるように観たのも今となっては良い思い出だし、少年少女同士の殺戮の衝撃は今でも忘れられない。映画と比べて小説の方が矢張りキャラクターの心理描写に重きを置いている分、人間関係がより鮮明になっている。映画も小説もそれぞれの良さがあるので甲乙つけがたい、というのが正直な所。

  • 3.5

  • 皆さまご存知の通りのひどいストーリーなのですが・・・とても面白かったです。魅力的なキャラクターの登場人物が多く、それぞれの登場人物に様々な物語があり、上下巻合わせて1000ページ以上の長編ですが、全く飽きずに読むことができました。
    特に、物語の最後、締めの部分がいいな、と思いました。

  • かれこれ15年前になります。思えば、初めて読んだ長編小説でした。今でこそ『悪の教典』や『王様ゲーム』など有名ですが、私の知りうる限りでは学生モノのデスゲーム小説の元祖となる作品だと思っています。
    私もまた中学3年生で、ちょうど同年代。問題作と言われて多くの人が顔をしかめて敬遠し、その評価は賛否両論だと思いますが、
    初めて読む小説・同世代・問題作といわれる程の衝撃的なデスゲームという要素で、私が夢中になるのには時間はかかりませんでした。
    高校にあがってから友達が変わっても、
    もしバトロワ起きたら、誰がどんな行動して誰が優勝するか?なんて盛り上がっていました。
    とにかく私のまわりにはバトロワにハマった友達が多く、少なからず影響をうけたのです。

    最近になり、急に思い出したように無性に読みたくなり、なんでそんな夢中になれた本を手放しちゃったんだろうと後悔していた時、文庫として本屋さんに並んでいたのを見つけた時の嬉しさと驚きは特別です。

  • 僕の愛する人々すべてに捧げる。
    あまりありがたくないかも、知れないけれども。

  • これだけ登場人物が多いのに名簿を見ればそれぞれのエピソードが思い浮かんでくるのはすごい.
    一人称視点で書かれない子もいるけど,全員がそれぞれ思いを抱えて行動してるんだなというのが伝わってくる.

  • 西暦一九九七年、東洋の全体主義国家、大東亜共和国。城岩中学三年B組の七原秋也ら四十二人は、修学旅行バスごと無人の島へと拉致され、政府主催の殺人実験を強制される。生還できるのはたった一人。そのためにはただクラスメイト全員を殺害するのみ―。現代日本を震撼させたジェットコースターデスゲーム・ノヴェル、ついに文庫化。

    ・レビュー

    下巻にまとめます。

  • 設定再確認のためによんだようなもので斜め読み。10年ぶりに読みましたが印象が当時と違って新鮮です

    物語を冗長にしない工夫として文章が簡素なことがあげられるなとおもいました。42人もいたんですね、それをまとめる力量はすごいと思います。この人の文章好きじゃないけど。

  • テーマや描写はさておき。

    それぞれが生きようとする、
    もしくは死んでいく理由に、
    たった10数年であっても、
    確かにある生きてきた過程の描き方が、
    個人的には興味深い。

    映画で柴崎コウが演じていた人物は、
    小説だからこその背景と深みがあり、
    それだけでも読む価値がある。

全74件中 1 - 10件を表示

高見広春の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
金城 一紀
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1に関連する談話室の質問

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1を本棚に登録しているひと

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1を本棚に「積読」で登録しているひと

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1の作品紹介

西暦一九九七年、東洋の全体主義国家、大東亜共和国。城岩中学三年B組の七原秋也ら四十二人は、修学旅行バスごと無人の島へと拉致され、政府主催の殺人実験を強制される。生還できるのはたった一人。そのためにはただクラスメイト全員を殺害するのみ-。現代日本を震撼させたジェットコースターデスゲーム・ノヴェル、ついに文庫化。

ツイートする