低温火傷〈3〉愛のためにしか生きられない人 (幻冬舎文庫)

  • 131人登録
  • 3.08評価
    • (4)
    • (9)
    • (67)
    • (6)
    • (2)
  • 13レビュー
著者 : 狗飼恭子
  • 幻冬舎 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344402966

低温火傷〈3〉愛のためにしか生きられない人 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 音海と夏芽が自分に重なる部分があってほんとに苦しくなった。 悩みは消えない、いつまでも苦しいし、時間は止まったままだけど、いつか何か変わったらもう一度読んでみたい。

  • ・自分の何が悪いのか分かっていないのにその場をしのぐためだけに口先でいう、「ごめんなさい」を、わたしは心の底から軽蔑する。
    ・笑うのは、嬉しいときだけじゃないよ。
    ・真実は見えない。分かりやすい視覚は、簡単に人を騙す。
    ・幸せかどうかは、不幸を知らないと分からない。
    不幸せかどうかも、幸せを知らないと分からない。
    ・どんな理由があったとしても、誰が何と言おうと、好きになってはいけない人なんているはずないんだ。
    ・自分の存在を全肯定して貰えること。
    それ以上の幸福を、わたしは知らない。

  • 三冊一気に読んだ。
    巻を追う毎に読むのが苦痛になって、読み抜いた時の開放感が…

    著者の作品はもう当分読まなくて良いです。

  • 俊介君が結構好き。

  • ≪1〜3をまとめて≫
    1冊1冊は薄い文庫本で、3冊一気に読めてしまった。
    この人の作品は、私の頭の中で容易く映像化できる。
    淡々と進められるサラリとした文章は、
    精神的に危なげな人たちが何人も出てくる内容の割に、
    あまり重さを感じない。
    「愛は想いじゃなくて行動だ」というくだりがあったが、
    なるほど、と納得できた。
    不倫とか自虐行為とか近親相姦とか、
    ヘビーな話題を抱えた人たちが登場人物だったりするのに、
    日常のありがちな情景として流してしまいそうになった。
    それが、この作者の上手いところだと思う。

  • 歪んでいるように見えて、驚くほど真っ直ぐ。だから痛い。

  • 3作目は「愛のためにしか生きられない人」

    すごく楽しみにしてました。
    …のですが。今回、重いのです中身がぎっしりと。主人公音海の考え方とかは元々違うなと思うところが多かったのですが、今回はその考え方などには苛々したり、正直私の嫌いな考え方が途中ちょっと読む気を削ぎかけたり…。

    それでも、ずっと絡み合っていた死んだ兄、大地の見えなかった世界や残された人々のそれぞれの役割がすっきりとわかったのは良かったかなと思います。これが曖昧にぼかされていたら読む気をなくすどころか最後まで読み終えなかった気がします。

    愛することとは、愛ってなにか、ということをそれぞれが語り続けた最終話でした。一つ一つはまるで理解できそうにないものや、なんとなくわかるようなものまで、色々な形がありました。その一つ一つがとても重たくて。

  • 思った以上にドロドロな展開でビックリ。<BR>
    「誰かに期待して、救われたことなんか、一度もないのに」

  • 3部作の完結編です。ところどころにでてくる心の核心をつく名台詞は今作も登場。「大切なものは大切にすればいいんだ」とかね。そのまんまなんだけど、なかなかそういい切るのは難しかったりする。話の流れ的にはありえないんじゃん?って思ってしまうところもあるけど、よかった。好きです。

  • これ以降、このひとの小説は読まないだろうと思う。

全13件中 1 - 10件を表示

狗飼恭子の作品

低温火傷〈3〉愛のためにしか生きられない人 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

低温火傷〈3〉愛のためにしか生きられない人 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

低温火傷〈3〉愛のためにしか生きられない人 (幻冬舎文庫)はこんな本です

低温火傷〈3〉愛のためにしか生きられない人 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする