ヤクザに学ぶ交渉術 (幻冬舎アウトロー文庫)

  • 223人登録
  • 2.82評価
    • (3)
    • (10)
    • (45)
    • (12)
    • (9)
  • 17レビュー
著者 : 山平重樹
  • 幻冬舎 (2002年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344403123

ヤクザに学ぶ交渉術 (幻冬舎アウトロー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 揚げ足をとったり、命を張ったりと、そのままでは今の社会じゃ使えないが、心持ちは学ぶところも多いよ。

  • 666,656,655,555度JNOJMNM55655555565,665,655,555,655,555度営業したよ~☺155,555入浴51インドいただきますいただきます

  • 武力を背景とした交渉術の悪い例というか、ヤクザの実録物としてはいいのだろうが、違法は違法だから一般人が使えるモノじゃない。学ぶ所は殆どないかな。論理よりもメンツが大事なので、その辺も違う世界という印象。。

  • すーぱー面白くなかった

  • 【資料ID】4135
    【分類】368.51/Y19

  • カタギのビジネスマンにも、使えなくないところもあるが...
    大方、次元が異質過多。

    気遣い、心遣いといった意味では通ずる部分も見受けられなくはないが。

    こと、交渉という点では、なんとも。
    民事介入暴力なわけで。

    前半の触りは交渉について記されているが、その後は抗争だの云々で、本来の趣旨から大きく脱線。

  • 命を張っての交渉事。真剣勝負。「自分は正しい」という信念を貫き通す姿勢。
    参考になります。

  • 92番乗り。ジュンク堂書店渋谷店にて購入。未読。買った後で気づいたが、たくさんの人が登録してる割には、評価低いなあ……。(2011/3/19)

  • 任侠世界の交渉術には学ぶところが多い。
    掛け合いの世界において、最悪の事態(抗争)に持ち込まずに納めるのは決して最悪の事態を恐れずに腹をくくることが大事であるというわけだ。
    相手と同じ土俵に上がらないということが肝心。
    交渉力のある人は、たいてい話術が上手くて人脈が豊富、そのテーマに関して知識がある人。
    社会の裏側を見て、世の辛酸をなめてきた人たちは強い。
    筋を通すこと。

  • つねに命をかけて交渉をおこなっているヤクザをお手本にしてビジネスマンにも応用できる交渉術を学ぶ上で、とても良い本だった。

全17件中 1 - 10件を表示

山平重樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤクザに学ぶ交渉術 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヤクザに学ぶ交渉術 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤクザに学ぶ交渉術 (幻冬舎アウトロー文庫)はこんな本です

ヤクザに学ぶ交渉術 (幻冬舎アウトロー文庫)のKindle版

ツイートする