田舎の事件 (幻冬舎文庫)

  • 34人登録
  • 2.94評価
    • (2)
    • (0)
    • (12)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 倉阪鬼一郎
  • 幻冬舎 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344403680

田舎の事件 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思い込みから始まる話とでもいいましょうか、題名には田舎とありますが、都会とか田舎とか関係なく、誰しもこれに捕まったら逃げられないような。

  • 3-
    表4の紹介文に「傑作ギャグミステリ全十三話」とあるが、笑えたのは2話ほど。全編通して悲しく痛い人たちのお話である。

  • 上野などを舞台とした作品です。

  • 田舎で起こる、田舎ならではの数々の奇怪な事件。

    究極の麺を追求するがゆえに、田舎の片隅である男が開業した蕎麦屋。
    究極の麺を味わわせるために、客には水で蕎麦を食べさせる。

    主人はある日、その店の前に毎日そばつゆを置いてゆく謎の人物を殺害してしまう・・・


    などなど、シュールなミステリー短編集。シュールすぎる。

  • まさに「田舎の事件」。始まりは些細でみみっちいことばっかりなんだけど、それが大騒動に発展する、というユーモア短編。しかしこの「大騒動」も所詮は「田舎の事件」で、些細なんだけれどね。事件に振り回される人たちのむなしい努力(本人は必死)なんかが、客観的に見ると笑えるんだよなあ。
    ……なんだか「見栄を張るな」って教訓が潜んでいるような気もするぞ。

  • これはちょっと……。
    くだらないを通り越して、ちとひどいです。

全7件中 1 - 7件を表示

倉阪鬼一郎の作品

田舎の事件 (幻冬舎文庫)はこんな本です

田舎の事件 (幻冬舎文庫)の単行本

田舎の事件 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする