まだふみもみず (幻冬舎文庫)

  • 54人登録
  • 3.52評価
    • (4)
    • (7)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 檀ふみ
  • 幻冬舎 (2003年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344404106

まだふみもみず (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白い!うまい!でも少しパンチにかけるかな〜。最近のも読みたい。

  • 連想ゲームの記憶しかない。イヤミのない文章で読みやすい。

  • 南しんぼう氏が表紙を書いているのだが、この酷似している表紙を見るだけで笑いがこみ上げてくる。何故なら、私は「ああいえばこう食う」の大ファンなのだ。もちろん続編も読んだ。
    イギリスが一番好きな国だと言われると、ウレシはずかしな気分になる。
    (2004.12.31)

  • 女優でもある壇ふみさんのエッセイ。有名な作家さんだったお父さんへの気持ちも入ってた。そして何より、可愛らしい顔をしながらビックリするほど彼女が打っ飛んでる事が分かる。往々にして、とても楽しそう。「あぁこんなんでもやっていけるんだ大人って」って思った1冊。

  • 太宰治から檀一雄を知り、檀一雄から檀ふみへとたどり着いた。やはり、ここには流れてるね、カズオの血が、脈々と。しっとりとした文体が心地よくて、何だかほのかに良い気分。父のことを書いている部分がやっぱりすごく好きだ。

全5件中 1 - 5件を表示

檀ふみの作品

まだふみもみず (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

まだふみもみず (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まだふみもみず (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まだふみもみず (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

まだふみもみず (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする