火の粉 (幻冬舎文庫)

  • 4325人登録
  • 3.80評価
    • (478)
    • (826)
    • (724)
    • (72)
    • (12)
  • 684レビュー
著者 : 雫井脩介
  • 幻冬舎 (2004年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (577ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344405516

火の粉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビューは人それぞれといった感じだけれど、一個人としては読み出したらドンドンとハマっていって、ページを捲る手が止まらなかった。
    それぐらい面白くて、一気読みした作品。

    武内の粘着質過ぎる性格がすごく怖かったけれど、よーく考えてみれば武内の生い立ちで、充分に親からの愛情を受けないで育ってしまったからこその、あの性格と行動。
    そして、誰かに見て欲しい、構ってほしいみたいなものの表現の仕方が分からない(普通の人間の様に)から極端な手段でしか、その気持ちを伝える事ができなかったんじゃないかと。

    危うく家を追い出されそうになった雪見さんも気の毒だったけれど、武内の真の姿に本当の最後まで気付かなかった彼女の旦那もある意味、気の毒。
    疑うという事を露ほども知らないとは、まさにこの事で。

    ドラマは観てなかったのだが、今になって観てなかった事を後悔する。

  • これはものすごく面白い!!ページをめくる手が止まらず、通勤時間や平日の昼休憩時に読む物ではないと思った。家庭を顧みないというよりも、家庭に興味がない父・息子と、承認欲求に飢えたその妻たち。そこにつけこむ隣人が現れたら、サスペンスが起こりました。という話。残念息子はあのまま殺されておけばよかったのに。

  • 【図書館本】読友さんオススメ♪「白夜行」並みの頁数にも関わらず、すいすい読めました。死刑制度については、実際に死刑執行する刑務官だけが、しんどいと思っていたし、世間的なはクローズアップされているような気がする。しかし、これを読むまでは、最初に死刑判決を下す裁判官もしんどいということに気付かなかった。それに職業柄、逆恨みもあるだろうし、裁判官を目指している方、この本は読まない方が、いいのでは。(笑)しかし、結末には度肝を抜かされました。面白かったです。

  • 単なる人格破綻者として描かれていた方が恐ろしくなかったと感じる点が怖い。全く有り得ないとは言い切れない身近に迫ることもあり得る恐怖。全く見返りを求めない愛情って存在しないのではないかと思えてくる。タダより高いものはないとはよく言ったものですね...

  • 怖かった…。読み終えた後も心臓のドキドキが止まらず…。グロい表現はほとんどなかったと思うが、心理的な恐怖が背筋を這う感じ…。
    非日常と日常をうまく組み入れているので、嘘くささがない、むしろ現実にあり得ると感じる。だからこその恐怖。雫井さん、文章もだが展開も素晴らしい。
    私にとって、サスペンスよりミステリーよりホラーだった。

  • ドラマ化されたので読んでみました。
    武内さんの狂気が次第に見え隠れしてきて怖いです。

    生活に疲れた主婦にうまく取り入る描写は本当に上手でしたし、主婦を味方につけてから家庭を侵食していく武内さんの様子にぞっとしました。

    ドラマとは異なる最後も、救いようのない武内さんの恐怖が伝染してきますね。それにしてもまさかあんな単純な方法で自分の背中に打撃痕を残していたとは・・・。

  • 隣人の狂気に次々に襲われて追い詰められていくサスペンス。サイコホラーだが、単なるホラーではなく、登場人物の背景には介護、虐待、死刑、冤罪、嫁姑の問題など、現代の社会問題が隠されていて、読み応えがあった。ドラマにしたら面白そう、と思ったら、案の定ドラマ化されていた。ユースケ・サンタマリアで小説の狂気が伝わったのかなあ。谷原章介主演で見てみたい。

  • 今までにないようなミステリーで数時間で一気読み!
    そして面白かった!

  • 裁判官として、一家殺害事件の容疑者を無罪にした勲。事件後しばらくして、その容疑者が隣の家に引っ越してくる。とても親切な男で、家族の介護を手伝ったり庭作りに協力したりと、家族との距離をどんどん縮めていく。しかしそのうちに奇妙な事件が起こり始める。果たしてこの男は本当に無罪だったのか?

    初めて雫井さんの本を読んだけど、文章がとてもうまい。状況がすっと頭に入ってくるし、変な癖みたいなものがないから、ストーリーに集中できる。姑のくだりは本当にイライラしたし辛かったので、嫁姑に疲れてる人は読まない方がいいかもwあと俊郎にすごくイライラする。

  • 2016.09.11
    ミステリー?サスペンス?

    序盤はゆるやかに日常が歪さを帯出し、
    後半から一気に異常さが加速した。

    話の中心を武内ではなく、勲にすることでこのタイトルが見えてくる。
    火の粉は「降りかかる」もの。
    払ってもその業火を消さない限り止めることができない。
    自分の下した判断にとらわれすぎると、本当に大切な物を守れない。

    背中の打撲のトリックは浅すぎるとは思う。

全684件中 1 - 10件を表示

雫井脩介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

火の粉 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

火の粉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火の粉 (幻冬舎文庫)のKindle版

火の粉 (幻冬舎文庫)の新書

火の粉 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする