夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)

  • 149人登録
  • 3.72評価
    • (17)
    • (19)
    • (25)
    • (2)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 内館牧子
  • 幻冬舎 (2005年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344406377

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平坦なまま時が過ぎゆく恐怖、親しい人が飛んだり飛ぶ事を決めて備えている中夢を持つ事さえ出来ていない劣等感を感じていたが、悩む自分を肯定出来、心が凪いだ。
    抑えきれない程の情熱を持った事がないのは出会いがないからか、心の訓練不足か。
    燃え上がった時に力不足で後悔しないよう関心のある事には積極的に触れていく。

  • 冗長。ボクサーの話が多い。ブラジルでカルチャー・ショックを受け、レストランを開いた人の話がおもしろかった。失敗の例が少ないので、教材としては使えない。

  • 夢を持つ人、持たない人。
    夢を追った人、追わなかった人。
    この本は夢にどう向かったか、様々な人に聞いている。
    こんな本、なかなかないと思います。夢を叶えられなかった人にもフォーカスを当ててるし、まざまざと現実が突きつけられる感じがしました。個人的な話にはなりますが、僕は今20代前半、就活をしている時期。夢を追うか追わざるか、俺の夢ってなんだ、とか色々考える時期です。読んでて思ったことは人生一度しかないという事実を真っ正面から捉えること。剣城さんの言う通り、死のイメージを強く持つことがそれに繋がると思いました。あと60年なんだよなぁ。

    やらない理由を常日頃探してしまう私ですが、今後はとりあえずえいやっとやってみようと思いました。
    将来後悔はしたくない。

  • 面白かったけどなんか惜しい。
    最初いい感じやけど途中から著者の自分を抑えられない感がすごい笑
    主観的になるし、飛べなかった人の話が見たかったけど飛ばなかった人の話が中心でなんかこれは違うかなーって感じもした。
    でも悪くない、星3.5

  • 自分の夢を大人になってから叶えるために「飛ぶ」のか、
    それとも諦めて、「飛ばない」のか。

    そんな人たちのインタビューをまとめた本です

    何年も前から、読んでみたいと思っていました。

    内館さん自身も三菱重工業のOLから脚本家に転身、
    有名になったのは40代という「飛んだ」人。
    内館さんの背中を押した、気持ちをスッと楽にした言葉が

    暮らせなかったら野垂れ死ねばいいんだわ。

    道端で人間が死んでれば、国が焼いてくれるでしょうから
    というパンチの効いたものでした。そして、この言葉で私もまた、
    安定した生活とか、金銭的な保障とか、そういったものを楯にしてはいけないと感じました。

    また、内館さん自身の「運」のエピソードとして、新人脚本家時代、ドラマの脚本の依頼がきた
    時の話が印象的でした。

    断られる気配を感じながらの面談の最後、主演女優を確認したところ、その女優は「松下由樹」。

    松下由樹の事務所の仕事をしていて、松下さんとはご飯に行ったり、一緒にコンサートに行っていた
    内館さんは驚き、その場で内館さんに脚本家が決まったとありました。

    昔、松下由樹さんが大好きで、内館さんの脚本の「週末婚」などを見ていましたが、
    内館さんにとって特別な女優であったのか、そしてまた松下さんにとっても内館さんは
    ただの脚本家、ではないのだなぁ、と知れて良かったです。

    飛びたい、と思ったときに飛ぼう。と思ったのと、
    いざ怖気づいたときにまた読み返したい、と思える本でした。

  • 366.2
    著書渾身のノンフィクション
    夢を叶えたいと思った時、飛び込んだ人たちは…プロボクサー、幻冬舎社長らを取材。

  • 子供を作るか、キャリアの為飛ぶか。私も迷い、そして飛び、子どもはいないがキャリアは予想以上に成功した。どちらがいい人生なのか、答えはない。答えはないのだ、と納得しながら読んだ。

  • 飛んで成功した人の裏には,飛んで散っていった無数の人が存在する.

    第一章 飛ぶべきか 飛ばざるべきか
    第二章 飛んだ人
    第三章 飛ばなかった人
    第四章 飛ばなきゃよかった
    第五章 飛べばよかった
    第六章 死 そしてタイムリミット

  • 仕事に悩んだら、読もう、読み直そう。

  • 5月の読書会の課題本
    男性Tさんのお勧め本でした

    この本がアマゾンから届いてから、本の厚さにもかかわらず
    読みだしたら止まらなくて3日で読んでしまった・・・
    本は付箋だらけで、私にとって全ページが重要ってくらいの勢いです(笑)

    作家である内館氏が書かれただけあって、まるで何かドキュメンタリー番組でも
    見ているかのようにサラサラと入ってくる、映像付きで頭の中に入ってくる感じでした
    こういうジャンルの本も書かれてるなんて、Tさんにご紹介頂かなかったら知らずにいました・・・
    キャリコンをしていきたい私にとって、とてもリアルで、今まで私が勉強してきた
    どの理論も役に立てるのか?不安になった内容でした


    でも一番は自分が一番動揺したことに動揺しました(苦笑)

    3月に作ったこれからの自分のキャリア年表
    それが厳しそうだなって分かったのが4月
    で、4月の後半にこの本が紹介されて、一気に読んで・・・
    神様が見てたのか?と思ったほど(苦笑)
    「ホントにその年表で良いの?」って

    この本でまた振り出しに戻った気分です(良い意味で)

    この本の例え方でいくと・・・
    私は3月の年表で会社に積極的に飼いならされていこうと決めた
    自分を分析して飛ばないと決めた
    ・・・はずでした
    でもこの本を読んですっごく動揺したんです・・・
    私は「冬子」だぁって・・・

    ここ数年、いろんなアセスメントをしてみても「飛びたい」という結果が出てる私・・・
    でもそうたやすく飛べないことも分かっている
    飛びたいけど飛べない理由をツラツラとあげて、自分を納得させようとしているのも知っている
    今はね「パラレル・キャリア」なんて言葉を使って納得させようとしてるんだよなぁ(苦笑)
    もちろんそれも有りなんだけどね・・・
    やっぱりもう少しじっくり考える必要があるんだな・・・
    そんな暗示になった貴重な1冊でした
    このタイミングでご紹介頂いたことに感謝です!Tさん、ありがとうございました

全24件中 1 - 10件を表示

内館牧子の作品

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)の作品紹介

「夢という爆弾」を爆発させて死ぬ人と、爆発させることなく「夢の不発弾」を抱えたまま死ぬ人。人生を終える時、人はそれぞれ何を思うのだろうか。本当に充実した人生とは、いったいどんなものなのか。誰もが抱く永遠のテーマに挑んだ著者初の渾身のノンフィクション。何とか人生を変えたい、と思い悩む全ての人に-。

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)はこんな本です

夢を叶える夢を見た (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする