アイ・アム・ア・ウーマン (幻冬舎文庫)

  • 26人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (1)
    • (10)
    • (1)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 谷村志穂
  • 幻冬舎 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344406421

アイ・アム・ア・ウーマン (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愉快な本ではない。
    谷村志穂の本が好きで(蜜柑と月、とか)何の気なしに読んだのに、予想をはるかに超える重さに驚いた。

    正直、マユミのことは他人事とは思えない(笑)
    幸か不幸か先立つものがないので、後にも先にも貢いだりすることはないけど、この精神力の弱さにはハッとさせられる。

  • パッとしない作詞家マユミ(35歳、独身)。7年間続いた愛人との関係が精神的疾患を引き起こし始めた頃、黒人ジョセフと出会う。しかしジョセフの行動には不審な点が多かった。そのことに気付く頃には、すでに彼の身のこなしの優雅さ、甘い言葉、そしてセックスに溺れてしまっていた・・・。
    どうしてこんなに胡散臭く、ずるがしこく、だらしない男にハマるのか。マユミが時折、元愛人とジョセフを比べて彼の美点に酔う場面があるが、冷静になれ!と叫びたくなる。そういえば、私の近くにもこういう恋に陥ってしまった女性がいたのだった。振り払っても振り払っても断ち切れない。そういうものは実際にあるようだ。本書を読んでいるとその果てしなさにぞっとする思いだ。

  • 作詞家のマユミ ミュージシャンのジョセフ。
    ジゴロなのは解っていてもジョセフを手に入れたい。離したくない。
    お互いの孤独のどん底を覗きあうサディスティクな話。
    最後はOUT。

  • はじめて途中で本をぶん投げたくなった。

全4件中 1 - 4件を表示

谷村志穂の作品

アイ・アム・ア・ウーマン (幻冬舎文庫)はこんな本です

アイ・アム・ア・ウーマン (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする