プワゾン (幻冬舎文庫)

  • 60人登録
  • 2.82評価
    • (0)
    • (3)
    • (19)
    • (4)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 藤堂志津子
  • 幻冬舎 (2006年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344408319

プワゾン (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私とは別世界の大人の恋愛話。でもドキドキと切なさは共感できるかな。女は蜜と毒を隠し持つ。どちらが出るか、両方出るか、それともどちらも奥底に隠し持ったままなのか(-_-)藤堂さんの作品がいつも本屋で私を誘う…

  • 「人は誰でも心のすみに、
    ひっそりと自分の死体を積み上げている。
    生き続けながら、幾たびか 
    人は誰も知らないところで 
    自分を殺し、あるいは殺され、
    その亡骸を葬って今につないでいる。
    自分の無残な死を繰り返しながら、
    だから、今なお
    いき続けられるのではないか」

  • 短編10作が収めれている。とりわけ、「ある関係」、題名になっている「プワゾン」、そして「ピアノ・コンチェルト」の3編は私の琴線に響いた。日頃、このような作品を書きたいと願っている身としては大いに参考になった作品である。
    女性目線の愛の形を書かせたら右に出るものがいないという著者の感性にあらためて感動した。

  • 大人すぎてわからなかった。
    私は子供なんかなぁ。

  • 死んでやる、死にたい、
    こういう言葉を安直に口にする人間は、
    その状況がどうであれ、私には許しがたい卑劣さに感じる。
    ひとはだれでも心のすみに、
    ひっそりと自分の屍体を積み上げている。



    死んでやる、そう言える物は、
    きっと心の中に一個の自分の屍体も持たない、
    幸福にも鈍感な人間に違いない。
    『プワゾン』藤堂 志津子著

    そうそうだから安易に死にたいって言う人は
    私の中ではルール違反だと思ってる。
    安易に死にたいって言う人は嫌い。

  • 女は男におぼれる。
    人間はなにを求めたいのかな。

    人間は勝手な生き物だ。

全7件中 1 - 7件を表示

藤堂志津子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
山田 詠美
有効な右矢印 無効な右矢印

プワゾン (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プワゾン (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プワゾン (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プワゾン (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

プワゾン (幻冬舎文庫)はこんな本です

プワゾン (幻冬舎文庫)のKindle版

プワゾン (幻冬舎文庫)の文庫

ツイートする