夢の回廊 (幻冬舎文庫)

  • 46人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (3)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 梁石日
制作 : 梁 石日 
  • 幻冬舎 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344408616

夢の回廊 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 独特のスタンスからいろんな小説。大阪の下町やタクシー運転手など多彩で面白かった。

  • 終戦直後の朝鮮長屋
    タクシードライバー

  • ショートストーリー集

    前半はまあまあ。
    後半はつながりがなく。

  • 短編集。

    はじめの2話は、リンクしてて、はっ!となって面白かった。

    この後の話もリンクしていくのかなーと期待しつつ3話目に入ったら見事に期待を裏切られるという結果に。



    終盤は、タクシー運転手が主人公の話が続き、ストーリー的には意外性がなく、残念な後味。


    「闇の子供たち」の作者の作品だったので、残念感がひとしお。

  • 現実のほうが夢のような話。<br>
    ゆえに回る、夢の回廊。

全6件中 1 - 6件を表示

梁石日の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夢の回廊 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夢の回廊 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢の回廊 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢の回廊 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夢の回廊 (幻冬舎文庫)はこんな本です

夢の回廊 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする