異邦人の夜〈上〉 (幻冬舎文庫)

  • 56人登録
  • 3.28評価
    • (1)
    • (5)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 梁石日
制作 : 梁 石日 
  • 幻冬舎 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344408814

異邦人の夜〈上〉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • P374

  • 「断層海流」の続編。
    マリアと木村のその後の話が続く。
    逃亡中のマリアは、夜の世界でしたたかにのし上がりつつあるが、木村はかなりヤバくなってきました。
    下巻の展開が気になる!

  • 初めて読んだ梁氏の作品。内容も終わり方も暗くてヘビィなのに、それをあまり感じさせない。なんか不思議な感じ。

  • マリアの話と木村の話の2つの話が交互に進んでいく。いつつながるんだろうと思っていたが上巻ではつながりはなかった。
    木村は韓国人であることを隠して事業を成功させていく。娘が結婚することになり婚約者が朝鮮人とは結婚できないと婚約破棄したことで自分の父親が韓国人であることがわかる。日本国籍だが日本人でもなく韓国人でもない娘の葛藤、娘は韓国人として韓国姓を名乗っていこうと決めたところで話はおわった。

    大して面白い話ではないけど読むことはできる。日本という島国だからか日本人以外に対して差別があるのだとわかってはいるけど「朝鮮人」という呼び方にも差別なんじゃないのかと考えさせられた。
    大して詳しい話を知らないくせに「朝鮮人」と見下す思いはどこで受えつけられてしまったのか。などなど思いがめぐった

全5件中 1 - 5件を表示

梁石日の作品

異邦人の夜〈上〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

異邦人の夜〈上〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

異邦人の夜〈上〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

異邦人の夜〈上〉 (幻冬舎文庫)はこんな本です

異邦人の夜〈上〉 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする