晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き (幻冬舎文庫)

  • 54人登録
  • 3.67評価
    • (6)
    • (6)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 滝田明日香
  • 幻冬舎 (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344409118

晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アフリカ旅行に行く飛行機の中で読みました。
    現地にどっぷりと入り込み、その土地に住む人ならではの視線で事象を捉えており、違った世界の見方があるのだと思いました。
    N.Pに対するくだりで、滝田さんの意見は、真実語っており、正義なのですが
    旅行者はアフリカに行くのが一生に一回?くらいのチャンスだから、たくさん良いものをみたいし、
    現地の人はツーリストビジネスで収入を得たいから、自然保護よりビジネスを優先してしまう。
    自分も旅行者でたった1日しか滞在しないならよりよいものが見たいと思うので、滝田さんの意見とバッティングするとこだな、と思います。両者のバランスが難しい。

  • 【蔵書案内】坂東市の図書館:単身アフリカで獣医をしている女性の手記。だれもができることではないですが。こんな生き方もできるんだな、と。応援したくなってきます。

  • 130207-

  • いつか行きたいアフリカ。
    そのアフリカの風を感じる一冊

  • 城崎旅行の帰りの車中で読了。

  • JMMでコラムを掲載しているのを読んで興味を持った。
    ケニアでの飼い犬がかわいそうだった。

  • アフリカで獣医になった滝田明日香さんの大学生のころのはなし.

    自分も学生だから,結構衝撃を受けた.
    こうやって夢をつかむ人は,ただなりたい,だけでなく,それなりの具体的な目標をもって行動している.
    なんか,自分の学生生活を振り返ってみたくなった.

  • サバンナにはあこがれる。
    しかしアフリカで獣医するって、いつ思いつくんだろう?
    面白かった。

  • まだ未踏の地、ケニア、タンザニア、アフリカ南部に思いを馳せる。

  • 私にとって未知の地であるアフリカについて知ることができた。また筆者の生き方に感銘を受けた。今後の人生の参考になるかもしれない。

全11件中 1 - 10件を表示

滝田明日香の作品

晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き (幻冬舎文庫)はこんな本です

晴れ、ときどきサバンナ―私のアフリカ一人歩き (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする