音の細道 (幻冬舎文庫)

  • 68人登録
  • 3.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (13)
    • (2)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : 群ようこ
  • 幻冬舎 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410961

音の細道 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【本の内容】
    四十半ばで小唄の稽古を始めたものの、男女の仲の唄に感情移入できずに四苦八苦。

    酷暑のサムイ島で吉田拓郎の魅力を再発見。

    ミャウリンガルで翻訳できない十九歳の老猫の遠吠え。飼い猫を抱っこすると、つい歌ってしまう「ネコバカ」の歌。

    …ロック少女だった頃から今にいたるまで、「音」にまつわるあれこれの、するどく笑える名エッセイ。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2013 4/27

  • 群ようこの世界  このユーモアの世界 私には合わなかった

  • タイトルがいいなと思いました。
    たしかに王道ではなく「細道」らしい、生活の中のささやかな音をモチーフにしたエッセイです。

    著者の名前はよく知っていましたが、著作はこれまでに1冊読んだことがあるかというくらい。つまりほとんど読んでいません。
    『無印OL物語』を書いた人だという印象です。

    クラシックから豆腐屋さんのラッパ、はてはおならまで、さまざまな音が登場します。
    ドボルジャーク『新世界より』が、日本では「家路」として下校のメロディとなっていたり、ポール・モーリアの「オリーブの首飾り」が、手品の時のBGM音楽になっているという指摘にはくすりとしました。

    確かに、「家路」を聴くと帰りたくなるし、「オリーブの首飾り」を聴くとワクワクドキドキしてきます。
    あらためて文章で読むと、作曲家の意図とは違う条件反射を呼ぶ曲となっていることへのおかしさがこみあげてきます。

    人間が死ぬ話よりも動物が死ぬ話の方に何十倍も衝撃を受けるという著者は、結構独特な人だということが、文面から伝わってきます。
    ラッパを吹いてリヤカーで豆腐を売りに来る人に、普通はノスタルジーを感じるものですが、(変な人が住宅地でラッパを吹いている)と反応するという著者。
    見るからに無害な豆腐屋さんでも、耳慣れないラッパの音の方が気になるのでしょうか。

    エッセイは小説よりも気楽に読めるものですが、日常生活に即した話が書かれることから、物語以上に時代の流れが取り込まれます。
    この本は、音をモチーフにした内容であるため、流行歌の話題も採り上げられており、著者との年代差を感じました。
    ザ・ピーナッツのほかにもこまどり姉妹っていう歌手がいたんですね。

    カラオケでは小室哲也の打ちこみ系音楽についていけないと切々と語られていました。
    その割に、麻雀を覚えたらあっさりカラオケとの縁が切れたと書かれており、どうやら凝り症で移り気の人らしいと感じました。
    正直、昔の歌謡曲の話題はよくわかりませんでしたが、「○○の指揮による○○交響楽団の○○ホールでの演奏が素晴らしかった」などというような専門的なウンチクは一切ありません。

    普段の生活で関わってくる、身近で地味な音について語った文章になっているため、華やかさは全くないものの、音の受け止め方を通して著者の人となりが伝わってくるような、著者を語る一冊となっていました。

  • 群ようこさんの音にまつわるエッセイ集。
    群さんがロック少女だったのは「桃耳高校」で知っていたのですが、もうちょっと突っ込んだところまで書いてあったので新鮮でした。

    音一つとっても、人によって実に様々。

  •  夏が終わって無理にでも動かなければならない頭には、こんな肩の力が抜けたエッセイがいい。結婚とおならの話には、とにかく参った。笑ったあとで、なんだか切ない気持ちになった。
    2006/9/2

全6件中 1 - 6件を表示

群ようこの作品

音の細道 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

音の細道 (幻冬舎文庫)はこんな本です

音の細道 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする