クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫)

  • 640人登録
  • 3.03評価
    • (12)
    • (69)
    • (130)
    • (54)
    • (15)
  • 60レビュー
著者 : 垣根涼介
  • 幻冬舎 (2008年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411074

クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単なるエロバイオレンス小説。
    なんでもありの暴力性が記憶に残る嫌な後味。

  • フレームよりもっとしっくりくる言葉があったのではと感じる。

  • 「自分の中の獣」を認識する小説が読みたくなる時がある。ハードボイルド小説だったり、クライム小説だったり。「自分が犯罪を犯しちゃったらどうしよう。」そんなことを考えてしまって現実逃避できる、そんな作品です。

  • 2回目。なんで自分って!ネガティブに!自信ないし嫌なことに逃げてるからやな。本書みたいに正面からぶつかっていかないとだめなのかな。

  • この作家の中では一番つまらない。つまらないというか、読んでる最中のスピード感が違う。

  • ただひたすら転落し続けて底無し沼にはまっていく話。共感はしないが、なぜか読み進めてしまう。

  • 性描写と暴力描写が過激で気分が悪くなりつつも頭を使わず一気に読める。意外と後味もわるくない。

  • 救われない。

    薄暗い闇から自由を求める若人二人。

    どことなく、『コインロッカーベイビー』や『バトルロワイアル』を彷彿させる一冊。

    主が黒すぎてコントラストが強く、白が希望に見えるが、非常に救われない。

  • 激しい。。。激しすぎる!
    でも、アンダーグラウンドな世界を描く垣根作品は大好物!

  • スピード感あります。
    一気に読めます。

    性描写と暴力描写が多い割りに
    閉塞感がなく、読後、スカッとできるのは
    垣根さんの持ち味なんでしょうか。

    ヤクザな世界です。

全60件中 1 - 10件を表示

垣根涼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする