PLANETARIUM (幻冬舎文庫)

  • 84人登録
  • 3.21評価
    • (1)
    • (8)
    • (22)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 桜井亜美
  • 幻冬舎 (2008年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411104

PLANETARIUM (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 守りたいものへの愛する想いが切なくて、泣きました。一面に輝く星空をみたくなりました。

  • いやー重いわーこの人ぽい
    んで胸がいたーい。

    キツいよー。

  • 登場人物やストーリーが好み。

  • 久しぶりに恋愛ものを読もう!と思って手にした本。
    恋愛要素がある話は読んでも、いずれもそれがメインってわけじゃなかった気がする。
    あえてそれらをはずしてたんやけど、なんとなく久しぶりに。

    読み終わっての感想は「あら、まぁ」。
    そういう方向に行っちゃうんや。
    でも、この人の表現の仕方は結構好きかもしんない。
    簡単に読めるけど、簡単に受け止めきってもいけないような。
    内容的にライトな恋愛ものではなかったけど、お互いがお互いを必要としあうかんじが微笑ましかった。

  • 借本。
    著者の本はこれが初めて。
    表現が面白い。
    恋愛話かと思ったら、意外な方向に向かうので、あっと言う間に読み終わった10代向けな一冊。
    著者の違う本も読んでみたい。


  • 星関連のものを最近よく目にする気がします。
    木星、の存在について、少し父性を感じました。
     

  • 約束があるから、生きていける

全7件中 1 - 7件を表示

桜井亜美の作品

PLANETARIUM (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

PLANETARIUM (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PLANETARIUM (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

PLANETARIUM (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PLANETARIUM (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

PLANETARIUM (幻冬舎文庫)はこんな本です

PLANETARIUM (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする