地下室の姉の七日間 (幻冬舎アウトロー文庫)

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 館淳一
  • 幻冬舎 (2008年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411517

地下室の姉の七日間 (幻冬舎アウトロー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 館淳一のポルノ小説。1990年の作品「姉と弟・監禁調教」の改題、改訂作。以前の「姉と弟・監禁調教」は僕も高校生時代に読んだ記憶があり、「地下室の…」では SNS で知り合うことになっている主人公とマル鬼は、1990年当時は草の根BBSで知り合う設定だった。

    館淳一と言えば、インターネットの普及初期から自分の作品紹介やオリジナル作品をネット上で公開するなど、コンピュータとインターネットには先見性のあった作家だが、何かのインタビューでこの作品に触れて「編集者から『ネットワークネタはやめておけ。売れない』と言われたが、想いの強い作品だったので、無理を言って出してもらった。しかし、まったく売れなかった」というようなことを語っていた。

    世紀は移り、2010年。もはやパソコンは一部の好事家のものではなく、世界中で数億人が SNS を使う時代になり、この本も幻冬舎アウトロー文庫から改訂、再出版された。ようやく、時代がこの作品に追いついたと言えよう。

    内容も悪くはないのだが、一番メインになるはずの姉の調教シーンが、直前の雅江の調教シーンに完全に喰われてしまっているのが残念。

全1件中 1 - 1件を表示

館淳一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

地下室の姉の七日間 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に登録しているひと

地下室の姉の七日間 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

地下室の姉の七日間 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

地下室の姉の七日間 (幻冬舎アウトロー文庫)はこんな本です

地下室の姉の七日間 (幻冬舎アウトロー文庫)のKindle版

ツイートする