ララピポ (幻冬舎文庫)

  • 3822人登録
  • 3.17評価
    • (156)
    • (389)
    • (800)
    • (241)
    • (84)
  • 493レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 幻冬舎 (2008年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411661

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ララピポ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • しょーもない人々(あえて底辺と呼ぶまい)が、それぞれ必死ででも半ば諦めながら生きています。冒頭から苦笑の嵐で、本書は電車の中でOLが読むのははばかられる一冊。過激な箇所もありますので、お気をつけください。
    短編6話はそれぞれ別の人物の視点で描かれていますが、他の短編に出てくる人たちと「絡み」があったりして、軽快でばかばかしいなかにもヒネリが隠されています。
    この作者は巨乳もしくはふくよかな女性が好きなんだろうな、と推測されます(笑)。
    あっという間に読めますが、万人に薦められるわけでもないな。理由はお察しくださいませ。

  • 風俗関係の人達ばかりが出てくる群像劇。作者の他作品には割と可笑しくも愛される登場人物が出て来るんだけど。今回は屑ばかり(確かに日常的にいそうではあるけども)登場人物として出てくる。ジェットコースター群像劇ではある部分があってイッキ読みはしたけれども。いや〜珍しく登場人物に感情移入出来なかった

  • こういう世界を知らなかったけど、
    途中、くだらなすぎて、読みたくなくなった。

  • 手軽でテンポが良い
    この軽さが癖になる

  • 衝撃的…!

    奥田さんファンですが
    こういう内容だと、

    うーんってかんじかも…
    うーん…

  •  対人恐怖症でプライドが変に高いフリーライターの杉山博。そのフリーライターの上階に住み毎晩のセックスを杉山博に盗聴される風俗スカウトマン兼AVマネージャーの栗野健治。彼がマネージャーを務める熟女AV女優の佐藤良枝。彼女の近所に住む気弱なカラオケボックス店員の青柳光一。そのカラオケボックスで女子高生買春をしていた官能小説作家の西郷寺敬次郎。彼の小説をテープリライターする彼女は155センチ90キロ、部屋に男を連れ込んでは裏DVD の女優の玉木小百合は杉山博とも関係あり。

    巡り巡って人生が回ってる、そして皆がエロい!

    人生はこんな堂々巡りなのかも知れない。「トウキョウ、人ガタクサン」「a lot of people」、早口なので「ララピポ」。

    いろいろな立場や生き方の人物を上手く描写される奥田さんはすごいといつも感心します。
    負け組人生をそれぞれの視点から捉える奥田英朗さんの得意とされる?らしい本。登場人物の皆が憎めなくって愛してやまない存在です。

    VERY面白い本!

  • ひたすら下ネタなので自分の気品を損なわないために
    ★は3つにとどめるけど
    話のテンポとか人間描写とかやーばい面白い!!
    群像劇。さっくさく読める。

    スピード感は伊良部先生シリーズを抜いてるかも。
    普段本読まない人でも読める本。
    ひまつぶしに頭使わず読める本。

    人間てくだらなくて可愛い

  • a lot of people

    読了日:2017/10/08

  • 下ネタ満載で少々刺激が強かったけど、それまでであったことのない下品さが心地よくてスラスラ読めた。

  • うーん、微妙。
    人にはすすめないけど、
    色々考えるというか
    ちょっと頭に残るというか
    このあとみんなどうやって生きていくんだろうと考えたり。
    でもすごい不幸な終わり方じゃないよ。

  • みんな、しあわせなのだろうか。

  • a lot of peopleで「ララピポ」

    綺麗な人間が誰一人として登場しないのが面白い。
    エロショップ店長のストレートな物言いが笑える。

    曰く、『登場人物全員が負け組。さらにはこのシリーズを待ちわびているマニアも負け組。ルーザーの祭典ですよ』

  • 性にまつわる連作短編集。話が変わる度に、薄っすらわかってたけどお前もか!と自分が思っていたより酷くて落胆するが、最終話まで読んでいくとだんだんマヒしてくる。映画化してるらしいけど、どんな風になってるのかちょっと気になる。

  • a lot of people , ララピポ
    小百合のドライさと微かな優しさと(小百合だけじゃなく登場してきた底辺各位の)諦観が好きでした

  • どうしようもない人間たちが主人公で、それぞれ少しずつ関係しあって、ストーリーがつながっている短編集。セックスの描写が多くて、結構いつもは苦手なんだけど、ストーリーの面白さが乗り越えさせてくれた。まあ、救いもカタルシスもなにもない小説ではあるんだけど、ただ、駄目な人間の駄目なところって、どんな人間でも自分の中にちょっとずつ同じような駄目さを持ってるもので、だから、なんか馬鹿にはできないというか、なんでもないって知らん顔はさせてくれないというか。そんな小説。そういうところが奥田さんの上手いところだと思う。

  • なんだかやっぱり、一が困って行く状況とか
    どんどん混乱して行く話は、苦手ですが…
    とにかく出て来る人々が、なんだかカオス…

    「ララピポ」ってなんだろって思って
    なんとか最後まで読みました。
    ははー、なるほどねー。と。
    人間社会の猥雑さはそこから来るのか。

    うーん。

  • こういう連作短篇集好きやわー

  • 短編集の要素もありなが、全てが繋がっているというストーリー展開。それぞれの登場人物が曲者で1つ1つの物語も面白い。

  • ララピポとは、a lot of peopleを日本の耳で聞いた音。
    その言葉のごとく、本当に喧騒にまぎれたalotofpeople、variety of peopleのことを書き綴った小説(?!)。
    基本、私は官能小説を読んでいるのだろうか?!ぐらいに性的描写多数で、一体どうしようかと思った。
    精神がどんどんねじれて言っちゃう人々の話で、ほんとどうしようかと思った!!
    苦しかった!!!

  • センテンスごとに主人公が変わっていく短編小説風の連続小説。

    引きこもりのライター、キャバクラのスカウトマン、カラオケ屋の店員、AV女優になった主婦、官能小説の作家、官能小説を文字お越しする女。

    渋谷周辺の東京が舞台で、誰かとだれかが知り合いで絡まりながら話が進んでいく。

    少し前の話だと思うけれど世相をデフォルメさせて書かれた小説という感じ。

    映画化もされていいるので少し期待していたのだけれどもイマイチだった。

    その頃の風俗や文化が書かれているという点以外、特筆する点がない。

    対義的な表現として書かれているのかなとも思ったけれどそうでもなさそうだし。

    う~ん。

    奥田英郎の作品も映画化・ドラマ化されているものが多い。

    ということは、本屋でも目に付く場所に置いてあったり書評で取り上げられていることも多い。

    気になる本というのが本屋で見かけたか、書評を読んでということが多いので当然この人のものも目につきやすく読んでみることになる。

    ドラマはイマイチだったけど小説は良かった、精神科医・伊良部先生シリーズは面白かった。

  • 2016.8/25〜27。さすが奥田さん、面白い。物語に関わってきた人物が次の話では主人公になり…と話が繋がる連作短編。性に貪欲であったり、しがみついたり流されたりと、どうしようもないリアルにいそうな人たちが登場する。ライトなウシジマくんのよう。

  • 救いがない、底辺の人々の話。

  • 「a lot of peaple」を描いた短編集。
    欲にまみれた人たちの澱んだ生活が描かれている中で、たまに共感できるような言葉やシーンがみられて面白かった。

  • 【図書館本】いやーさっすが奥田さん。あっさり読める。6話からなる短編集。それぞれの主人公が見事にリレー形式で繋がっていくのが見事。主人公も売れないフリーランスの作家→キャバクラ(AV)のスカウトマン→スカウトされたAV女優、、、、脳みそリラックスするのに持ってこいの本ですね(笑)内容的には、三話目の主婦の話が一番きつかった(^-^;

  • 本当にいそうな底辺に属する“a lot of people”たち。軽いタッチで読みやすく、息抜きで読むのにピッタリです。内容にのめり込みすぎると現実もいい加減に考えてしまいそうになります(笑)
    最後の章でみんな生きているのが解り少しホッとしました。
    各章が微妙に繋がっていて短編ではあるがキャラ立ちしているのもよいです。
    加えて表紙も内容に則していていい感じ。

全493件中 1 - 25件を表示

ララピポ (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

ララピポ (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ララピポ (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ララピポ (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ララピポ (幻冬舎文庫)の作品紹介

みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専裏DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長篇。下流文学の白眉。

ララピポ (幻冬舎文庫)の単行本

ララピポ (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする