爆笑問題の戦争論―爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫 は 7-14)

  • 117人登録
  • 3.20評価
    • (3)
    • (11)
    • (25)
    • (6)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 爆笑問題
  • 幻冬舎 (2008年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411791

爆笑問題の戦争論―爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫 は 7-14)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 好評の『日本史原論』シリーズ。今回のテーマは「戦争」。日清戦争や日露戦争、そして太平洋戦争など、日本が関わってきた戦争の数々を、爆笑問題の二人が笑いを交えながらも、まじめに詳しく、解説していく。戦争の概要を知る上で非常にためになる一冊です。

  • 近現代史って、時間が無くてあまり勉強できなかったりするんだけど。やっぱりね、日本がやったことはちゃんと知っておかなきゃだめだよね。アジアの一員として。
    内容は、・・面白おかしく、でも日本の歴史をちゃんと学びなおせました。

  • 爆笑問題やっぱおもろい。

  • 日清戦争から太平洋戦争まで

    田中 太田 の会話っぽい記述のため、2人の話し合ってる光景が目に浮かびます

  • 「太平洋戦争」は特に読むべき。

  • これ、戦争『論』では無いと思う・・・。ただ起きた事実を時系列に述べてるだけ。

  • 味が出てるが、紙媒体なので脳内再生が必要。

  • 戦争論。まあ大雑把に。

  • 読みやすい教科書と考えれば、良書だと思います。
    学校では習わなかった、
    江戸時代以降の日本史を詳しく解説したような印象です。
    お笑い芸人の著書として致命的なのは、おもしろくないところです。
    苦笑すらできませんでした。ホントに爆笑問題。

    逆に余計なチャチャが入っているようで、読みにくさすら感じました。

    最後のあとがきで爆笑の方の人が書いていたことが良かったです。
    「バカなことやってるかもしれないけど、
     今、やっておきたい」
     
     みたいなことでした。
     
    歴史についてのギャグ意外は
    故意にはずしているようで、
    著者の意見や見解は感じられなかったのが、残念です。

    読みやすい歴史教科書ならば、小林よしのり
    のマンガの方が読みやすかったですね。

    かたより過ぎている。と、いう意見もありますが、
    それぐらいでも良いと思いました。

    わたしは影響されたり、感化されたりすることは
     大いに結構だと思います。
     
    それを自覚して、実践して経験として
    身につけていけば良いと考えています。

    そのためには、喰わず嫌いをせず、
     どん欲なまでにいろいろな意見を取り込もうとしています。
     
    それが「良い」「悪い」「正しい」「間違っている」
     なんてことは他人にとってはどうでも良いことだと思います。
     
    わたしがそう思えばそうですので、
     押しつける必要はありませんよね。
     
    もちろん、押しつけられる必要もないですものね。

    そういう中立な立場や
     柔軟な考え方を持ってゆきたいですね。

  • 2008 8/26読了

全12件中 1 - 10件を表示

爆笑問題の作品

爆笑問題の戦争論―爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫 は 7-14)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

爆笑問題の戦争論―爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫 は 7-14)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

爆笑問題の戦争論―爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫 は 7-14)はこんな本です

爆笑問題の戦争論―爆笑問題の日本史原論 (幻冬舎文庫 は 7-14)のKindle版

ツイートする