林住期 (幻冬舎文庫)

  • 76人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (5)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 五木寛之
  • 幻冬舎 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411920

林住期 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 五十歳を越え、今後の生き方を考え直す上で、「林住期」こそ人生のピークであるという五木寛の考えは心強い。前半の五十年は、世のため人のために働き、五十歳から七十五歳までの二十五年間、後半生こそ人間が真に人間らしく、みずからの生き甲斐を求めて生きる季節ではないのか。すばらしい発想の転換である。林住期こそジャンプの季節、人生のクライマックスである。

  • 「死は、前よりしも来らず。かねて後に迫れり」人生50年。残りの人生はオマケ。俗世間を捨てろ。その準備を40代からしとけとの事。
    これぐらいの時間軸で人生設計するのが理想かな。いつ死ぬかもわからないし。内容には概ね共感するのだが、難点は旺盛に活動している著者自身が「出家」しているようには見えない所にやや説得力がない所か。

  • 古代インドは人生を4区分する。学びの学習期、働きの家住期、そのあとに林住期と遊行期を迎える。定年後は林住期の時期にいる。気持ちが落ち込み生気を失いがちだ。五木氏はそうではなく、新しいスタートだという。それまでの、学校、家庭、会社、社会にしばられてきた生き方をリセットして、本当に自分がやりたいことを始める時期だ。趣味、社会奉仕、大学再入学等々いろいろあるはずだ。▼わたしも、その考え方に同意する。会社や社会や家族にしばられた考え方でなく、本来の自分自身の考え方で生きる。そんな時期だと思う。言葉通り林の中で静かに生きるのもよい。▼本の最後に解説者の立松和平氏が、林住期に重要なのは、「放下」であると説いているのが印象的だった。▼追記;本文に紹介のあった、釈尊の呼吸法(大安般守意経に学ぶ)村木弘昌著を読んでいるが、面白い。

  •  古代インドでは、人生を「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」の4つの時期に分けて考えたという。本書はこのうち、50~75歳に当たる「第三の人生」と言える「林住期」について書かれたものである。
     図らずも私はこの日で50歳の誕生日を迎え、林住期の出発点に立った。「論語」で言うと、「五十にして天命を知る」の「知命」の年である。本書を読んで、林住期を過ごす自分が心掛けたいと感じたことは、以下のとおり。
    ○これまで自分が積み重ねてきた知識、経験、人脈などを見直してリフレッシュする。そのときは、「忘れる」ことを恐れない。
    ○自分の限界、思い通りにいかないことを受け入れる。
    ○苛々していると感じたら、鼻で吸って、口で吐く呼吸を意識する。
    ○「おじさん世代」と卑下せず、「輝ける世代」だと思うようにする。

  • 名のある作家さんだし、人からの勧めだったので読みましたが・・・
    おじいちゃんの独り言?というレベルでした。

  • 人生を四期に分けると、五十歳から七十五歳を林住期というそうな、林住期こそ人生のピーク!真に人間らしく生きる季節だそうだ。今の自分に何とも心強い説である。

  • 中高年には特にお勧め。

  • 五木氏の仏教観を記した書物の中では、わりと共感を覚えた本だった。
    林住期の年齢層がともすればこれからの人生に期待を持たないかの如くに考えていたが、この時期こそ人生のジャンプの季節。。。と考えたい。

  • テレビを観ていたらたまたま五木氏が出演されていて、この作品の執筆に関する話をしていた。そういうことから兼ねてより興味があった本。

    人生を百年と考え、二十五年ごとに「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」と区切る。五十歳からの二十五年間。これが五木氏のいう「林住期」だ。

    人生のクライマックスを五十代からにおく。それは、精神世界の自由を楽しむ第三の人生だという。

    精神世界を楽しむために、今するべきことを考えたい。

  • 五木さんの文章は、とても読みやすい。この本についていえば、説得力があるというより、同じことを何度も何度も力説している感じ。そこがまさに、この世代向けという感じもしました。色々な意味で、転機を迎えるお年頃。少し気分が軽くなって、自由な心で次のステージへ進むことができれば、とても素敵な人生の応援歌になると思いました。

全13件中 1 - 10件を表示

五木寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
村上 春樹
池井戸 潤
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

林住期 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

林住期 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

林住期 (幻冬舎文庫)はこんな本です

林住期 (幻冬舎文庫)の単行本

林住期 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする