そこにいる人 (幻冬舎文庫)

  • 73人登録
  • 2.94評価
    • (1)
    • (5)
    • (17)
    • (7)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 矢口敦子
  • 幻冬舎 (2009年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344412651

そこにいる人 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 救いようのない結末。
    こんな終わり方しかなかったのかな。

  • 病気を患う姉への思いや姉中心の生活を送る家族への複雑な思いを描いた作品。切ないな、つらいよな、とは思うが、なんだろ、けっこうあっさり読んでしまったな。

  • 自分は病気の姉のスペアなのではないかと思うって悲しい。妹である自分が生まれた時から存在する姉はいつも両親の愛を一心に受けていたように思える。しかし、姉にも普通に暮らしたいという思いはある。一緒に暮らしていても心のなかまで思いやるって難しい。ぶつかったり喧嘩したりしながら分かり合っていくのかも。

  • 肝臓に欠陥がある姉、幸恵。その妹の直子。両親の愛情は幸恵へ、でも自由もなければ青春も謳歌できない。肝臓移植の必要に迫られ自分のを提供すべきか悩む直子。それぞれがそれぞれの立場なりに歯痒い…

  • 内容は主人公である直子は家事にうんざりしていた。それは病気を患っている姉を母が世話をしていたからである。両親ともに姉を溺愛していたため直子は嫉妬していた。しかし突然、姉の容態は悪化し移植を考えなければいけなくなった。という感じです。人間の主観の相違というのは怖いですね。私には兄も姉もいます。少しは家族として性格などを理解しているつもりでしたが、自分を理解しているのは自分なんだと思いました。家族との在り方を学んだ気がします。ちょっと私には辛いお話でした。

  • すごい短かったけど、よかった。羨みは憎しみには変わらないってのが印象に残った。めでたしな終わり方じゃないけど、好き。

  • 女子大学生とその家族、友人の話。
    とんとんと話がすすむ。

  • 09.04.27〜09.04.28読了

  • 09/03/14読了 重い題材を身近に感じられるように書いている印象。でも・・・という感じ。

  • 2009/2/13 7&yから届く。
    2016/3/14〜3/15

    7年ものの積読本にして2年半ぶりの矢口作品。
    家族の関係について鋭いメスを入れる矢口作品。今回は肝臓移植を待つ姉と健康体に産まれた妹。お互いの孤独を描く。切ないながらも、最後のシーンに一抹の希望。

全10件中 1 - 10件を表示

矢口敦子の作品

そこにいる人 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

そこにいる人 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そこにいる人 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そこにいる人 (幻冬舎文庫)はこんな本です

そこにいる人 (幻冬舎文庫)の単行本

そこにいる人 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする